全国の通信記事

2014年12月15日号

名古屋声明師会雅楽部でケアハウス慰問

名古屋150107【愛知・名古屋】平成二十六年十二月十五日(月)名古屋聲明師会(東区大法寺住職 佐治博英会長)雅楽部は、「社会福祉法人昭徳会 ケアハウス高浜安立」を慰問した。
施設内の集会室には約三十名の入居者と職員が集まる中、第一部の会員による法話が始まると、一人一人が熱心にその話に耳を傾けていた。続いて第二部の雅楽演奏では、各楽器の紹介と共に二曲が披露され、聴衆の耳を楽しませた。
終了後、入居者からは「普段なかなか耳にする事の出来ない音色に感動しました」と絶賛の声が上がり、訪問に対する感謝の声が多く聴かれた。
今後も様々の場面で「音色」を通じて安らぎを届ける活動を幅広く展開してもらいたい。

2014年12月14日号

修養道場同窓会でご祈祷体験

千西141224②【千葉西】千葉県西部青年会(会長・田澤裕泰)は、12月14日(日)に修養道場同窓会を開催した。この活動は修養道場に参加した子供だけでなく、その友人や親子参加型で毎年企画しているもので、今年は「荒行堂面会並びに陶芸体験」を行い23名が参加した。
午前7時30分に茂原市をマイクロバスで出発し、9時過ぎに法華経寺に到着。境内散策を行った後に、第再々行の木村順誠上人(木更津市・光明寺寄在)による外堂祈祷を受けて面会を行った。木村上人より「感謝の気持ちを大切に、まずは親兄弟や友達を大切にしましょう。」との言葉を頂き、初めて見る荒行僧の姿に強張っていた子供たちも次第に緊張がほぐれ、一路茂原へと向かった。
午後12時に妙弘寺(田澤元泰住職)に到着し、昼食後に田澤会長と縁ある陶芸家の杉山春信先生(鴨川市・笹谷窯)を招いて陶芸体験を行った。杉山先生は日頃から体験教室を開催されていて、陶芸が初めての子供たちにも分かりやすく丁寧に説明され、子供たちは話題のアニメキャラクターなど、各々思い思いの絵を書いた。焼きあがるのは来年の春で、完成後に参加者の自宅に郵送される。閉会にあたり田澤会長は「今日作ったお皿を是非食事で使って欲しい。そして今日の体験を思い出して、粘土を作る人、器を作る人、料理を作る人など数え切れない人の苦労が食事に詰まっているのを感じて下さい。感謝の気持ちを育てて素敵な大人になりましょう。」と挨拶し、午後4時に解散した。

2014年12月13日号

山梨三・総勢140人の歳末助け合い唱題行脚 

山三141219①【山梨三】十二月十三日、山梨県第三部宗務所(横山義弘宗務所長)・同檀信徒協議会(功刀章光会長)は南アルプス市小笠原久成寺(村上通明住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
開催当日は身に応える寒さとなったが、出発会場となった久成寺には管内教師、檀信徒合わせて約百四十名の参加者が集まり、早朝から熱気に溢れていた。
開会式では檀信徒協議会の功刀章光会長が挨拶し、「寒さ厳しい中、大勢の参加感謝いたします。」「毎年恒例の行事に参加できる幸せ、皆さんの日頃感じている幸せを、お題目を通じて東日本大震災をはじめとする各被災地、被災者の方々に分けてあげましょう」と今回の行脚に対する想いを述べた。
参加者から成る長い隊列は教師と檀信徒の代表が掲げる赤、青、二旗の玄題旗を先頭に出発すると、それぞれが被災地や世界平和への想いを胸に、力強くお題目を唱え、歩みを進めた。
隊列は約一時間の練行毎に、十五所の法源寺(横山義弘住職)と妙経寺(村上顗洋住職)にて休憩を摂った温かい御供養を受けながら約五キロメートル弱の行程を、二時間半かけて練り歩いた。
寒さ厳しい中、澄みきった青空に響き渡る唱題と団扇太鼓の音に誘われ、沿道には募金を寄せる近隣住民が数多く出ており、中には遠くの方から駆け寄ってくる方もいた。
参加者の中には、「沢山の参加者のお題目が、祈りが、少しでも遠く被災地の方々の早期復興の手助けになってくれればいいなぁ。」と述べられた方もいた。
温かい声をかけられた参加者たちは、その声に応えるように最後まで元気一杯にお題目を唱え、充実した気持ちで行脚を終了した。
今回の唱題行脚と、十月十八日開催された「いのちに合掌 護法大会」、第三部社会教化事業協会(中村義恵会長)、各寺院で集った義援金を合わせた寄付金は六二万二七九五円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07