鬼面仏心

2014年12月20日号

小さな湧水湿地がある。

小さな湧水湿地がある。大阪府北端の山中にあり、サギソウやモリアオガエルなど、府下では希少となった動植物が数多く生息し、大阪府緑地環境保全地域に指定されている▼この貴重な湿地を維持するには、常に一定の水が流れ込まなくてはならない。周辺で工事や樹木の伐採などがあれば、水量に急激な変化が起こり、湿地がなくなるかもしれない。そこで、樹木も切らず、人の手を一切入れることなく自然のままにしておくのが良いと判断された▼ところが近年現地を調査したところ、湿地が消失寸前となり、生態系の崩壊が懸念される事態となっていることが判った。流れ込む水により土砂が堆積し、そこに木や草が繁茂し、また水流で掘られた溝が出来るなどにより、湿地の乾燥化が進んだのである。人の手を加えないということが却って仇となったわけだ▼今ではススキや樹木を掘取るなど、陸地化防止のための様々な活動が展開されているという▼保護と放置は根本的に異なるものだ。相手が「自然」であっても、良好な状態を保つには人の手による保護育成が必要なのである。この保護育成とは、次世代を育て次世代につなぐということに他ならない▼翻って我が宗門はどうだろうか。次世代を担う法器の養成、この先の宗門を支える信徒の育成等を展望するとき、新年を前にして、宗門運動の今後の展開に期待するところは大きい。(直)

illust-kishin

2014年12月10日号

「時間」というものは不思議なものだ。

「時間」というものは不思議なものだ。好きなことをしているときは、あっという間に過ぎ、嫌な時には遅く感じる▼「小さいとき、いろんなところを車で遊びに連れてってもらったけど、子どもは車の中って大変なんだよね。することないから、時間が余計に長く感じるんだよね」と、長女が何かの弾みで言ったことを思いだした。時間の経過を、子供は大人の3倍長く感じるのだそうだ▼「1日が経つのって早いね。もう1年経ってしまったね」。科学的時間には変わりはないのだが、ついこう言ってしまう。心理的なものなのだがいろいろな説がある。代表的なものとしては、「ジャニーの法則」がある。10歳であれば365日×10、30歳であれば365日×30というように、1年の感じ方が3倍違うという心理学的な法則である。また、同じことの繰り返しが時間を早く感じさせるという説。心拍数が遅いと時間への感覚が鈍くなり、時間が早く感じるという心拍数の法則。脳に新しい情報が入らずにいると時間の経過が早く感じるという、記憶量に関係する説というものもある▼お祖師さまが「今本時」(『観心本尊抄』)といわれる時間は、始めもなければ終わりもない、本仏とともにある時間。お題目を唱えることによって体感できる時間である。年の瀬ゆえ尚更に、年々早く過ぎ行く時間を大切にして、充実した日々を過ごさねばと切に思う。(汲)

illust-kishin

2014年12月1日号

自然災害が増えているように思う。

自然災害が増えているように思う。最近では御嶽山の噴火が記憶に新しいが、その前には広島で土砂災害もおきている。いずれも多くの犠牲者を出した。まずもってご冥福をお祈りしたい▼ところで最近気になっていることがある。それは、新しい災害が起きると以前の報道がされなくなってしまうことだ。かつて京都府北部でバスが水没するほどの水害があった直後、伊豆で土砂災害があり、京都での水害はなかったかのように報道から消えてしまった。自然災害であるにもかかわらず責任問題を追求しようとする態度も疑問だ。人災として捉えようとする考えの裏には大自然をも人間が支配できるという意識が見え隠れする▼ラオスにナムグムという水力発電用の大きなダムとダム湖がある。雨季に大雨が続くとダムの決壊を恐れて放水をするのだが、予告する手段も時間的余裕もない。ダム下流の村は突然の大水害に見舞われることになる。水か引いた直後の村を訪ねた。2㍍ほどの高さまで泥水につかっていた。にもかかわらず犠牲者はいない。「ひよこ1匹死んではいない」と村長が笑った。雨の降り方がいつもと違うことに気づくと、全ての家畜と共に高台に避難するのだそうだ。大自然と共に生きてきた人たちだからできることだ▼京都での水害を殆どの人が忘れていた頃、乳製品の会社が乳児用の粉ミルクを現地に送り届けているという報道があった。以後、その会社の製品を買うことに決めた。(寮)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07