日蓮宗新聞

2014年12月10日号

宗門史跡花房蓮華寺30周年

蓮華寺①小松原法難ゆかりの宗門史跡・千葉県鴨川市花房蓮華寺(原日透主任=同市本山鏡忍寺貫首)が開堂30周年を迎え、記念法要と宗祖第733遠忌御報恩会式法要が11月20日に営まれた。お会式桜に彩られた堂内で、導師の小林順光宗務総長が僧侶信徒の30年にわたる護持顕彰の法労を讃え、宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」の興隆を奉告文で誓った。昨年の日蓮聖人が遭われた小松原法難750年に続き、参列者は、改めて護持顕彰を誓うお題目を捧げた。
日蓮聖人は文永元年(1264)、母の見舞いに故郷の安房国を訪れられていた折り、日蓮聖人に恨みをいだいていた地頭の東条景信率いる集団に襲われ、九死に一生を得られた。そのときに、逃れられ受けた傷を癒されたのが同地にあった蓮華寺と伝わっている。また法難後、蓮華寺に見舞いにきた師の道善房に法華経への帰依を諫言された場所でもある。道善房は数年後に法華経へ帰依。日蓮聖人は「いますでに日蓮。師の恩に報ず」と喜ばれた。同地は、宗門が日蓮聖人700遠忌の報恩事業として本堂と庫裡を整備。また同市大本山誕生寺に恪護されていた祖師像を修復・遷座し、昭和59年の同日、当時の金子日威管長を導師に落慶法要が営まれた。
法要後、原主任は「落慶当時から比べると整備は進みましたが、まだまだ足りません。30年が経ちましたが、そういう意味ではまだまだ進んでいかなければなりません」と改めて覚悟を示した。また参列者の一人は「祖母の代から地域の寺院の檀信徒が集まって、みんなでここまで蓮華寺を支えてくることができました。今後も自分たちができることを行っていくことで報恩感謝を捧げたい」と語った。

illust-hitokuchi

2014年12月1日号

シンガポール題目寺が10周年

シンガポール③東南アジア新開教地(野田寛行担当)のシンガポールの信徒団「五重山題目寺」が10周年を迎え、11月8日に記念法要が営まれた。東南アジアの信徒約130人がお祝いに駆けつけ、教主釈尊と日蓮聖人へ一層の法華経布教への尽力を誓った。
同信徒団は当時の担当開教師小幡妙照師(現米国ポートランド日蓮仏教会主任)やマレーシアのペナン島にある一念寺の信徒と、シンガポールの信徒との交流から始まり、2004年に発足した。現在、毎週日曜日の定期礼拝、火曜日の唱題行、金曜日の定期集会を開き、信徒同士で信仰を深めており、また月に1度は野田担当が巡回布教で教化を行っている。
シンガポール④ 当日の法要後には、開教布教センター長の池永英清師が講義を行い、参列した信徒は法華経やお題目への理解を深めた。野田担当は挨拶で「題目寺が設立されてから10年の間、シンガポールの信徒が一生懸命にこの道場を護ってこられました。また東南アジアの信徒同士の強いつながりは大きなサポートとなり、ここまで成長することができました。この感謝をつねに忘れずに、法華経布教がシンガポールや東南アジアに弘まっていくように、全員で努力していきましょう」と述べた。
東南アジアにはシンガポールのほか、マレーシアのペナン一念寺・クランサンガ・クアラルンプール感恩寺、インドネシアのジャカルタ蓮華寺など、それぞれ信徒団が結成されている。一つひとつの信徒団は小さいが、シンガポール題目寺やほか信徒団は国境を越えた交流を、信心を深める大きな力に変えている。
題目寺の信徒の一人は「今回、新しくできたスリランカ信徒団から10人が参加してくれました。法華経とお題目を中心にすれば、国境・人種・文化の違いを越えて交流できる。信徒同士で信仰を高め合い、アジアと日蓮宗を盛り上げていきたい」と語った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07