ひとくち説法

2014年11月20日号

子どもを大切にする国を願って

東京の老舗ホテルで雛まつり展を観た時のこと。一泊した翌朝、病弱な乳児期の長男が突然這い這いをした場所だ。絢爛豪華かつ繊細優美な雛文化に接するなかに、江戸後期の這い這い人形が待ち受けていた。ぐらっとくる感動。私は、子どもを大切にする江戸の時空を遊歩していた。
かつての貧しくも多産多死の時代、人は子どもの発育と健康を願い、神仏にそれを祈った。古い墓石や過去帳に嬰子や孩子が何と頻出することか。這い這い人形も、あるいは無数の悲しみを懐いた祈りの表出だったのかもしれない。
さて、日本は近代以降、江戸文化を否定しつつ何を求めたのか。富国強兵策で戦争を煽り、戦後も経済成長を駆り立てた。そして福島原発事故。子どもが最大の被害者ではなかったか。私たちは太古から次世代の「教主釈尊の愛子」を守ってきたはずだ。完璧なエコ社会で生まれた件の人形は野蛮で愚かな2百年後の今をどう眺めているのか。

(宮城県布教師会長・梅森寛誠)

illust-hitokuchi

2014年11月10日号

体・心の栄養 お献立

出家以前、料理の道を志していた時、師匠にいつも言われたことがある。献立を作る時には、法則がある。五味、五方、五色、五季、真心。五味とは苦味甘辛酸塩、五方とは生焼煮揚蒸、五色とは白黒青赤黄、五季とは春夏秋冬土用。これらをそれぞれに取り合わせて食する人のために、真心の旨味を加えて、その人の体調にあった献立を作成する。体の栄養はこの料理で頂くことができるが、心の栄養はどこから頂くか。
それこそ仏さまの法則のお献立、南無妙法蓮華経だ。28品の代表をなす素材と6万9千384あるといわれるお経の文字をもって、四季折々に「とうし和合」し、諸々の経方に依って、如き薬草の色香美味、皆悉く具足せる最高の醍醐味である主食のお題目。心一杯頂いて、日々の信仰に精進し、今日も1日、色も香りも、味わいよき、法華経で作ったお献立。両の手あわせて感謝して、頂きます、お題目。ありがとう、お祖師さま。

(愛知三河布教師会長・河合海延)

illust-hitokuchi

2014年11月1日号

想いが現実をつくる

8年前、知り合いがいないお寺に入った頃の私は自己中心的で心が曇っていて、空回ってばかり。お寺を出ようかと師匠に相談すると「お寺は住職のものじゃない、檀信徒や地域のものだ」と一喝され、掲示板に「地域の誇りとなるお寺を目指します」と貼り出し、お題目を唱え始めました。
すると見えなかった町の素晴らしさや、お寺の素晴らしさが見えてきて8年経った今、周りにお題目を唱える笑顔の人が溢れていました。「私はここに呼ばれたんだ。この場所でお題目を弘めることが私の役目なんだ」と受け入れ、想いが変わることで周りの現実が変わって行くということを教えられました。人生は色々なことがあります。でもそんな時だからこそ、心からお題目を唱えて、曇った心を綺麗に磨いて、水の流れのように生き続けて行くと、必ず現実の世界が浄土の世界に変わっていきます。一緒に心を磨くお題目を唱え続けて生きていきましょう。

(宮鹿沖布教師会長・吉田憲由)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07