オピニオン

2014年11月20日

子どもを大切にする国を願って

東京の老舗ホテルで雛まつり展を観た時のこと。一泊した翌朝、病弱な乳児期の長男が突然這い這いをした場所だ。絢爛豪華かつ繊細優美な雛文化に接するなかに、江戸後期の這い這い人形が待ち受けていた。ぐらっとくる感動。私は、子どもを大切にする江戸の時空を遊歩していた。
かつての貧しくも多産多死の時代、人は子どもの発育と健康を願い、神仏にそれを祈った。古い墓石や過去帳に嬰子や孩子が何と頻出することか。這い這い人形も、あるいは無数の悲しみを懐いた祈りの表出だったのかもしれない。
さて、日本は近代以降、江戸文化を否定しつつ何を求めたのか。富国強兵策で戦争を煽り、戦後も経済成長を駆り立てた。そして福島原発事故。子どもが最大の被害者ではなかったか。私たちは太古から次世代の「教主釈尊の愛子」を守ってきたはずだ。完璧なエコ社会で生まれた件の人形は野蛮で愚かな2百年後の今をどう眺めているのか。

(宮城県布教師会長・梅森寛誠)

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07