鬼面仏心

2014年9月1日号

保護司会が主催する講演会に参加したことがある。

保護司会が主催する講演会に参加したことがある。講師は建築会社の社長で「罪を犯した人との向かい合い方」という直截な講題に惹かれたからだ。そこで語られたのは、刑務所を出所した人を積極的に雇用している経営者の体験談だった▼そのなかで「これは新聞で本人が語っていることなので」と断りがあって、歌手の槇原敬之さんの話を始めた。21歳でデビューした槇原さんは「どんな時も」「もう恋なんてしない」等が大ヒットして、時代の寵児となったその人生が暗転したのは、あの事件だった。平成11年夏、覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕、懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。当然巻き起こる社会からの批判、疲れ果てた槇原さんは、翌年の4月、救いを求めて身延山久遠寺に到る菩提梯を登っていた。拘置所で、宗派を問わずに本を読み漁った。そのなかで選んだ場所だった。どうしたら強い心で正しく生きていけるのか、手本は日蓮聖人だったのかもしれないと私は思った。身延山でいただいた祈願札は「大海に浮かぶ小さなイカダだった」と本人が語っている▼復帰した槇原さんは、やがて教科書に載った名曲「世界に一つだけの花」を生み出していく。「自分に植えられている種を真剣に見つめて、きちんと水をやろう。そうすれば相手もその種があることに気づくはず。競う相手は他人ではなく、自分自身なんだと」(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07