書評

2014年8月1日

写経「慈悲心写経」

item-5006初めて写経をやってみようという人のために、シンプルな写経「慈悲心写経」が日蓮宗新聞社から発売された。
写経文は『妙法蓮華経』譬喩品から要文を抜粋したもので、仏さまが私たちを救うために慈悲の心をの述べたもの。写経する部分の文字数は漢字130字。この文字数を半紙に書くのだから、一文字の大きさが大きくとれるので書きやすい。また1枚を仕上げるのにそんなに時間がかかることもないので、どなたにでも接していただけるはずだ。
お経には仏さまの尊い教えが込められていて、お経を自分自身で書き写すことは仏さまの功徳をいただくことにつながる。今まで、写経の経験のない人にはぜひチャレンジしてもらいたい。
本製品にはなぞり用紙1枚、手本用紙1枚、清書用紙3枚からなる。清書用紙を使い切った場合は市販の半紙で代用できるので、一度購入すれば長く使える。原則、写経は毛筆を使うのだが、初めての人はまず鉛筆やサインペンから始めてみてもいいだろう。はじめの一歩のハードルを低くして、とりあえず1度挑戦してみてもらおう、というのが制作意図。手頃な価格なので、これはという人への施本としても使える。
(定価ワンセット432円・税込み)

ご購入はこちら

南無妙法蓮華経のこころ

item-2059著者・瀬野泰光師にはすでに名著『お題目がわかる本』があり、長年、法華経と日蓮聖人の教えを優しく伝えることを使命として活動している。このたび、多くの人に日蓮聖人の精髄を伝える願いをもって世に問うたのが本書である。
著者の実父は本多日生上人に帰依し、第二次大戦後、成蹊大学で近代経済学の教授として活躍した。その遺著は中村清一文庫として立正大学図書館に寄贈されている。
著者自身も、早稲田大学理工学部で電気工学を専攻したが、縁あって日蓮宗僧侶としての道に誘われ、ひたすら教えを説くことを使命として生涯の歩みをつづけ、既に古稀を迎えた。篤い信仰の道に進みながらも、著者は論理的に日蓮聖人の教義の理解を確かめ、日蓮聖人の教えに沿った生き方を求め続けている。巻頭に「はじめに」として、著者がなぜ信仰の道に進んだのか。これからの生き方への展望などを語った後、十篇を通じて、日蓮聖人の教えの核心に迫ろうとしている。第一篇「お釈迦様と法華経」。第二篇「法華経と日蓮聖人」。第三篇「お題目による成仏」。第四篇「お釈迦様の救済計画と日蓮聖人」。第五篇「罪とその消滅」。第六篇「成仏の種を私たちの心魂に植える」。第七篇「一切をお釈迦さまの行為と受け止める」。第八篇「日蓮聖人の真実」。第九篇「絶対平等と絶対平和の法華経・お題目」。第十篇「法華経が説く浄土と本尊」。
今、宗門では、若い世代への信仰の基本の教育が課題となっている。このときにあたって、老若を問わず、また僧侶檀信徒がともに心をあわせて、日蓮聖人の教義の理論的裏付けをもととする真摯な信仰生活の基本を、本書を機縁としてともに学びたいものである。(大東出版社発行 A5版 538頁。定価3600円+税)

ご購入はこちら

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

2014年

2013年

2012年

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07