書評

2014年7月1日

マンガ『今日蓮! 日諦さん』

item-2058「今日蓮」と呼ばれた日諦上人をご存じだろうか。栄位栄達には興味を示さず、自らの修行と法華経弘通に邁進した明治期に生きた僧侶だ。このたび教化センター九州(島原市護国寺内)から、マンガ『今日蓮! 日諦さん』が発行された。原作は中村潤一著『玄き海から』、画は柴田連で「あんのん」(長崎熊本教化センター発行)で連載したものを一書にまとめた。
日諦上人は天保12年(1841)福岡県北九州市で生まれ、3歳で母が死去。母を弔うため12歳で学静と名乗り出家し、京都、金沢、江戸の新居日薩上人のもと研鑽を積んだ。明治維新を経て、腐敗堕落した僧風に納得できず、25歳で日諦と名を改め10年間、山梨県内船で厳しい荒行に入った。廃仏毀釈の混乱で、投獄され、故郷に送還されたが、上野家の帰依を受け、後に龍潜寺となる屋敷内の持仏堂で法華経の布教を始めた。明治10年、千葉県大本山誕生寺の貫首となり再建の大役を果たした。その後、故郷・龍潜寺に戻り、九州一円の布教に邁進、明治38年(1905)に遷化した。今はその当時を知る人も少なくなったが、「今日蓮」「生き仏さま」などと称され、親しまれている。
また、九州の偉人として「高麗日延上人」「高麗日遥上人」が収録されており、法華経に人生を捧げた偉人たちの確かな生き方が一途に伝わる。
(島原護国寺内教化センター九州発行 定価500円税込み)

ご購入はこちら

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

2014年

2013年

2012年

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07