論説

2014年3月20日号

メダルがすべてではない

今年2月、ロシアのソチで冬季オリンピックが開催された。ソチ五輪で日本が獲得したメダルは金1、銀4、銅3の計8個。目標とした1998年長野大会の10個には及ばなかったが、海外開催の冬季五輪では過去最多だった。今回の五輪では単にメダルの数だけではない選手たちのメッセージも印象に残った。
41歳で5度目の参加を果たした葛西紀明選手だ。何度も挫折を乗り越えてつかんだスキージャンプの個人銀、病気を抱えた後輩を率いて獲得した団体銅は私たちに感動の涙を与えた。今大会唯一の金は、19歳の羽生結弦選手だ。あのスリムな体に潜む強靭なバネは、たゆまぬ練習の成果だ。スノーボードで銀の平野歩選手は15歳の中学生、同じく銅の平岡選手は18歳の高校生だ。「このメダルは通過点です」の言葉が眩しい。次期大会に向け期待が高まる。スノーボードパラレル大回転銀の竹内智香選手やスキーハーフパイプ銅の小野塚彩那選手は普段あまり馴染のない競技に光を当てた。
なかでもとりわけ印象的だったのは、女子フィギアスケートの浅田真央選手だ。メダルの期待を背負って臨んだショートプログラム。結果は誰もが想像しなかった16位。その夜、姉の舞さんや世界中のアスリートから声援や激励のメールが届いた。翌日のフリーを控え明け方まで眠れなかったという浅田選手。朝7時からの練習も気持ちの整理がつかないまま精彩を欠いた。「私は何をしているの」自分の態度に怒りを覚えた浅田選手は亡き母匡子さんの「どんな時も言い訳せず、逃げることなく試合に出なさい」の言葉を思い出した。
フリーの演技が始まる時、余程心配したのか「真央ちゃん頑張れ」と羽生選手の声がリンクに響いた。演技直前、佐藤信夫コーチと言葉をかわした。「自信を持って、自分にとって思い残すことがないように頑張れ!」の力強い言葉に、「自分を信じてやるしかない」とスイッチが入った。浅田選手は不死鳥のように甦り、起死回生の自己ベストで締めくくった。吸い込まれるような素晴らしい演技だった。メダルこそ取れなかったが「スポーツと芸術性を両立させた最高難度の演技」と内外から高く評価された。
選手団が帰国した日、日本外国特派員記者クラブで浅田選手一人の会見が行われた。浅田選手は「強い意志を持って諦めなければ自分の目指しているものができると強く感じることができました。このことは今後の人生に生きてくると思います。メダルは取れませんでしたが自分の目指す最高の演技ができてとても嬉しいです」と笑顔で答えた。浅田選手にとってメダルは結果であって、自分の目指す演技をすることこそ最大の目的だったのである。「自己実現の前には勝者も敗者もない」のだ。
仏道修行の目的は成仏することにある。成仏とは今の一瞬一瞬をイキイキ生きることである。成仏という目的に向かって努力精進し、一歩一歩進み続けるプロセス(過程)にこそ成仏という結果が内包されている。まさに浅田選手の目指した道のりである。
6年後の夏には東京五輪が開催される。政府は2015年にも文科省の外局としてスポーツ行政一元化のためにスポーツ庁創設を目指す。しかし、ただメダル量産主義に走るのでは五輪も単なる打ち上げ花火に終わりかねない。ソチ五輪の選手たちのメッセージを生かしたスポーツ文化の提唱を期待したい。    (論説委員・奥田正叡)

illust-ronsetsu

メダルがすべてではない

今年2月、ロシアのソチで冬季オリンピックが開催された。ソチ五輪で日本が獲得したメダルは金1、銀4、銅3の計8個。目標とした1998年長野大会の10個には及ばなかったが、海外開催の冬季五輪では過去最多だった。今回の五輪では単にメダルの数だけではない選手たちのメッセージも印象に残った。
41歳で五度目の参加を果たした葛西紀明選手だ。何度も挫折を乗り越えてつかんだスキージャンプの個人銀、病気を抱えた後輩を率いて獲得した団体銅は私たちに感動の涙を与えた。今大会唯一の金は、19歳の羽生結弦選手だ。あのスリムな体に潜む強靭なばねは、たゆまぬ練習の成果だ。スノーボードで銀の平野歩選手は15歳の中学生、同じく銅の平岡選手は18歳の高校生だ。「このメダルは通過点です」の言葉が眩しい。次期大会に向け期待が高まる。スノーボードパラレル大回転銀の竹内智香選手やスキーハーフパイプ銅の小野塚彩那選手は普段あまり馴染のない競技に光を当てた。
中でもとりわけ印象的だったのは、女子フィギアスケートの浅田真央選手だ。メダルの期待を背負って臨んだショートプログラム。結果は誰もが想像しなかった16位。その夜、姉の舞さんや世界中のアスリートから声援や激励のメールが届いた。翌日のフリーを控え明け方まで眠れなかったという浅田選手。朝7時からの練習も気持ちの整理がつかないまま精彩を欠いた。「私は何をしているの」自分の態度に怒りを覚えた浅田選手は亡き母匡子さんの「どんな時も言い訳せず、逃げることなく試合に出なさい」の言葉を思い出した。
フリーの演技が始まる時、余程心配したのか「真央ちゃん頑張れ」と羽生選手の声がリンクに響いた。演技直前、佐藤信夫コーチと言葉をかわした。「自信を持って、自分にとって思い残すことがないように頑張れ!」の力強い言葉に、「もう、やるしかない」とスイッチが入った。浅田選手は不死鳥のように甦り、起死回生の自己ベストで締めくくった。吸い込まれるような素晴らしい演技だった。メダルこそ取れなかったが「スポーツと芸術性を両立させた最高難度の演技」と内外から高く評価された。
選手団が帰国した日、日本外国特派員記者クラブで浅田選手一人の会見が行われた。浅田選手は「強い意志を持って諦めなければ自分の目指しているものができると強く感じることができました。このことは今後の人生に生きてくると思います。メダルは取れませんでしたが自分の目指す最高の演技ができてとても嬉しいです」と笑顔で答えた。浅田選手にとってメダルは結果であって、自分の目指す演技をすることこそ最大の目的だったのである。「自己実現の前には勝者も敗者もない」のである。
仏道修行の目的は成仏することにある。成仏とは今の一瞬一瞬をイキイキ生きることである。成仏という目的に向かって努力精進し、一歩一歩進み続けるプロセス(過程)にこそ成仏という結果が内包されている。まさに浅田選手の目指した道のりである。
6年後の夏には東京五輪が開催される。政府は2015年にも文科省の外局としてスポーツ行政一元化のためにスポーツ庁創設を目指す。しかし、ただメダル量産主義に走るのでは五輪も単なる打ち上げ花火に終わりかねない。ソチ五輪の選手たちのメッセージを生かしたスポーツ文化の提唱を期待したい。             (論説委員・奥田正)

illust-ronsetsu

2014年3月10日号

東日本大震災「大川小検証委」

2011年3月11日の東日本大震災で全校児童108人のうち70人が津波で死亡。4人が行方不明となった。校長は休暇で不在。校内にいた教職員11人中10人が犠牲となった。
自身から津波襲来まで約50分あったのに、なぜ逃げ遅れたのか。宮城県石巻市の大川小学校の惨事について、有識者10人による「検証委員会」が去る1月19日、「最終報告書案」を発表した。
それによると、地震発生後、校庭に出ていた教職員と児童は午後3時33分~34分ごろ、校舎のそばを流れる北上川の橋のたもと(三角地帯)へ避難を決起。移動を始めた直後に津波にのまれた。
検証委は①「避難の意思決定の時期が遅かったこと」。②「避難先として河川堤防に近い三角地帯を選択したことが最大の直接的な要因」と結論づけ、③「大学の教職課程で防災教育を必修とするよう」とも提言した。
地震から津波までは約50分。校舎裏には小高い山があり、学校前にはスクールバスも待機していたが、避難には使われなかった。同小の災害時のマニュアルの不備も明らかになり、市教委が指導しなかったことが背景にあるとも指摘された。
まもなく震災より丸3ヵ年。去る1月19日、石巻市でも検証委「第9会会合」でも遺族の最も知りたい内容「なぜ約50分間校庭にとどまり続けたのか」の疑問は「明らかにされなかった」ため、不満と落胆の声があふれたという。
私も昨年、現地を訪問したが小学校児童の未曾有の惨事を二度と繰り返さないために、真相の究明は大切と思わせられた。
(論説委員・星光喩)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07