日蓮宗新聞

2014年2月20日号

加行所・寒壱百日の成満迎える

DSC_0150千葉県市川市大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)に開設されている日蓮宗加行所(新井貫首伝主・工藤堯幸伝師)加行僧102師が、2月10日に寒壱百日間の苦修錬行を終えた。同日未明、娑婆と結界修行場を隔てる「瑞門」が開かれると、加行が列を組み門をくぐり、迎えた約600人の檀信徒に修行で引き締まった顔を見せた。
祖師堂で行われた成満会では、加行僧の力強い読経の後、新井伝主から修行の証「許証」が授与された。また初めて加行所に入った僧侶34師を小林順光宗務総長が、修法師に任命し、辞令を交付した。小林総長は「本宗独自の布教である修法を祖願である一天四海 皆帰妙法の原動力の一つとし、檀信徒のみならず、未信徒への教化を行い、宗門運動『立正安国・お題目結縁運動』に一層邁進してほしい」と挨拶した。続いて工藤伝師は「昨年11月1日にお預かりした加行僧102人の大事な命と心を檀信徒のみなさまにお返しいたします。上求菩提 下化衆生(菩提=悟りの境地を求めながらも、衆生を救済すること)を忘れないで、修法布教を進めていただくことを願います」と激励した。最後に修行で得た福徳力を分け与えるために、迎えた檀信徒に向かい成満後初の大衆法楽加持を行った。
初行を成満した佐賀県大乗寺内の伊東智瑩師は「100日間、水をかぶり、お経を唱えてきましたが、地位や名誉を捨て自身をゼロにすることが何よりいい修行になりました。今の気持ちを忘れずに、教化していくことが私の使命だと思います」と抱負を語った。
DSC_0246初行の豊田英証師(愛知県法華寺内)を迎えにきた檀信徒・高橋千秋さん(48)は「修行を終えて瑞門を出てきたとき、過酷な修行だったことが伺え、感動を覚えました。お寺に行くといつも清々しい気持ちにさせてくれますが、さらに厳しい修行をしたお上人のお経がいただけることはありがたいことです」と述べ、成満を喜んだ。

illust-hitokuchi

2014年2月10日号

釜石・仙寿院で避難レース

IMG_9795津波から即座に避難する教訓を後世に伝えるための韋駄天競争が、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市仙寿院(芝﨑惠應住職)で2月2日に行われた節分会に開かれた。初開催となる同競争には、脚力に自信のある中学生から80歳代までの男女約50人が参加。11時半のスタートの合図と同時に、市内中心部から震災当時に避難所となった高台にある仙寿院までの286㍍を一気に駆け上がった。
優勝は、釜石中学3年の菊池聖也くん(男性の部)と同市在住の三上真江子さん(52・女性の部)。ゴールでは大勢の歓声に迎えられ、テープを切った。また歩きながらも競争に参加し、最後にゴールした佐々木多喜子さん(84・同院信徒)は震災当時、一番に同院に避難し、一ヵ月避難生活を続けた一人で、「走ることはできないけれども、参加することで恩返しをしたかった」と語った。
IMG_9801 優勝者二人のほか男女各上位3位までが今年の福男、福女となり、午後から営まれた節分会追儺式に参列し、豆まきを行った。
東北に伝わる「津波てんでんこ」という言葉は、津波が来たらなにこれ構わずに逃げろという先人が残した教え。この教えを後世に伝え続けるために、企画されたのが韋駄天競争だ。企画したのは震災を機に結成された釜石市出身者からなる東京在住者のグループ「釜石応援団」。芝﨑住職が、仮設住宅などでの傾聴活動で助かった人のほとんどが、「津波てんでんこ」の教えを素直に守った人だと感じていたところ、同応援団に所属する檀徒の一人に韋駄天競争の話を持ちかけられた。「企画のノウハウは何もなかったが、大切なのはもう二度と津波で犠牲者を出さないこと。この100年の間に、避難が必要だった津波は4回あった。未来永劫このイベントを続け、とにかく避難所まで逃げれば助かるということを永久に意識づけたい」と芝﨑住職は語る。
また前日には仮設住宅で豆まきが行われ、3年目で初めて閉じこもっていた檀徒が顔を見せてくれたという。芝﨑住職は「やっと出てきてくれたか、というと〝せっかく来てくれたのに顔を出さないわけにはいかない〟とやっと笑顔を見せてくれて、うれしかった」と目を細めた。まだまだ厳しい状況が続くが、被災地にも少しずつ本当の春がやってきているようだ。ただし、芝﨑住職のように常に、そして何度でも被災者に寄り添ってこそ、その結果がある。すべての人びとが被災地に寄り添えば、「本当の春」は来る。

illust-hitokuchi

プレハブの本堂で豆まき 笑顔咲く

_MG_0139岩手県大槌町蓮乗寺(木藤養顕住職)で2月2日、震災で焼失した本堂の代わりに建てられたプレハブの本堂で節分会が営まれた。参列した檀信徒約30人はお題目を唱え、被災地の春と復興の訪れを祈った。
法要では木藤住職が祈祷を行い、参列者一人ひとりに撰経を当て無病息災を願った。また長崎から同町へ移住し、医者として活躍する僧侶、宮村通典師も加わり行われた豆まきで、参列者は童心に返ることのできるひと時を過ごした。風呂敷を広げ、たんまりと「福」を得た女性の一人は「毎年、楽しみな行事の一つ。みんなの笑顔が見られることが何よりうれしい」と喜んだ。
季節においては立春を迎えるが、被災地東北の寒さのピークはこれからだ。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07