全国の通信記事

2013年10月28日号

平和をテーマに長崎県護法大会開催

長崎131105①宗歌斉唱:会場の様子【長崎】「第四十四回日蓮宗長崎県護法大会」(主催=長崎県宗務所)が10月28日、諫早市文化会館にて開催され、県内各地より約1200人を越える信徒が参加した。
開会は宗歌斉唱に始まり、宗務所長(渡部智文所長)挨拶では「流行語の『お・も・て・な・し』という精神は、日本人にとって大切なものである。それと共に我々日蓮宗においては『お・だ・い・も・く』の五字を心に持ち、またお唱えすることが最も大事である。」と述べた。また同じ壇上に参加者の「おもてなし」に登場したこぞうくんと全員で「南無妙法蓮華経」とお唱えした。
続いて「立正平和音楽大法要」が厳修された。芥川也寸志さん作曲の法要音楽は、「宗祖日蓮大聖人第七百遠忌(昭和56年)」日本武道館で行われた大法要で使われたもので、近年演奏されることはなかったが、長崎の地で久々の再演となった。出仕した総勢20名の僧侶による「自我偈」「声明」の声と音楽の調べはシンクロし、一体となって会場を優しく包み込んだ。「感動した。」という感想が多く聞かれ、荘厳かつ穏やかな雰囲気の法要となった。
次に梶原北天師(長崎県実相寺)を講師に招き「現在(いま)こそ伝えたい御題目」というテーマにて講演が行われた。お曼荼羅、お題目に込められた日蓮大聖人の御心について説かれ、現在の我々に必要なのは継続した信仰であると語った。次に山口修&純子さんプラス11名の「いのりアンサンブル」と梶原北天師(長崎県実相寺)による「中村八大作品集」コンサートが行われ、心温まる演奏や歌が披露された。最後は「いのり」という終戦五十周年の折に、被爆地長崎より平和への祈りを込めて作られた歌を、法要出仕者・スタッフも壇上に集まり、会場全体が一体となり合唱した。
最後は、閉会にあたり長崎県宗務所護法担当事務長(森光徳事務長)が「日蓮宗は『いのちに合掌』というスローガンを掲げており、これは平成三十三年に迎える宗祖御生誕八百年を目指して展開中の『立正安国・お題目結縁運動』の一環です。立正安国という平和な国の実現は、日蓮聖人が描いた夢でもあり、日蓮宗の使命でもあります。」と挨拶し、今大会のテーマである「平和」への祈りが、東日本大震災の被災地・被災者をはじめ、世界中に訪れることを祈念して大会は終了した。

2013年10月27日号

安曇野市一乗寺で筆供養塔

長野131108【長野】10月27日、安曇野市一乗寺(千野泰信住職)境内に筆供養塔が建立された。千野住職の親戚である千野秀濤さんが代表を務める書道団体「白峨会」の願いでもあった。建立に際しては、檀信徒に関わらず、白峨会の関係者およそ30名が参列していた。
供養塔の隣には「丸山濤石顕彰碑」「井上秋濤顕彰碑」が共に建立された。長野県を代表する書家であった井上秋濤氏は若くして亡くなられたが、その筆跡は丸山濤石氏をはじめとした弟子たちが広めていくこととなった。顕彰碑にはその功績を後世に伝える意も含められているという。
供養塔の建立には千野住職を導師として修法による魂入れが行われ、幕引きには白峨会所属の子供たちの手によって行われた。筆と硯のレリーフの側には古くなった筆を預ける場所を設け、同寺行事内のお炊き上げの際に共に供養するという。
住職は挨拶の中で「今ではあまり使われなくなってきた筆にも魂が宿ります。生活の必需品では無くなりましたが、感謝の意をもって供養しましょう」とその場に集まった人々に語った。秀濤さんは「供養塔は私の願いでもありました。一乗寺には様々な行事がありますが、これからは小さくても良いから筆供養を行っていってほしい」と、思いを込めていた。

本堂をステージにアンサンブル公演

高知131105①【高知】十月二十七日、南国市蔵福寺(齋藤ズイ理住職)の本堂をステージにし、管打楽器アンサンブル公演が本堂前を会場に開催された。今回で第七回目となる同公演は、斎藤師の夫人が音楽の教諭をしていたことから、その人脈を集めて「くらすと」という楽団を結成したことに始まる。本堂前での公演は年に一回であるが、すでに本堂前にはステージが常設されているほどの入念さであり、また年を追うごとに客席の数は増え、それにともないお茶がふるまわれるなどのサービスも向上してきた。地域にもその話は伝わるらしく、お寺以外の、病院や幼稚園での公演も増えているという。齋藤師もくらすと結成を機にサックスを始め、最近では堂々たる演奏っぷりであると、檀信徒にも好評だ。もちろん檀信徒以外の入場者も多く、普段、寺院に来る機会の少ない人に、寺院への親しみを感じさせる行事になっていることがうかがわれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07