全国の通信記事

2013年10月30日号

お寺で吹奏楽を楽しむ

長野131030①【長野】 平成二十五年十月二十日。長野県安曇野市の豊興山一乗寺(千野泰信住職)にて慈母観世音菩薩例大祭が行われた。昨年に引き続き、今年も音楽コンサート「ほうおん音楽会(おんがくえ)」を開催する運びとなった。本堂を会場にし、午前中の法要とはまったく違う堂内となった。
千野泰信住職も所属している長野県松本市を中心とした吹奏楽団体「松本ウィンズ・コンソート」並びに同団音楽監督の戸田顕さんの指揮で、NHKの連続テレビ小説「おひさま」「あまちゃん」のテーマ曲や、アニメ「ワンピース」の主題歌などを演奏した。他にも、戸田さん作曲の組曲「安曇野」や「菩薩」など、地域を題材にしたものや仏教に関わるテーマの曲も演奏され、堂内の聴衆は豊かな音楽で包まれていた。
吹奏楽と日蓮宗には近しい関わりがあり、神奈川県横浜市にある本牧山妙香寺は「日本吹奏楽発祥の地」とされているほどである。千野泰信住職が吹奏楽団に所属していることもさることながら、日本の吹奏楽の発祥がお寺であり、日蓮宗の寺院ということに強い縁を感じてこの度の開催に至った。
七十名ほどの聴衆と三十名を超える楽団員を前に千野泰信住職は「”ほうおん”と平仮名にしたのは様々な意味を込めました。恩を受けたり与えたりする「芳恩」、豊かな音としての「豊音」、人に感謝する「報恩」など、自分の中の様々な”ほうおん”を感じていただきたい」と語っていた。

参加者一同、集中して熱心にお題目を唱え

奈良131031④【奈良】 宗務所(森本竜静所長)は十月三十日、日蓮大聖人第七百三十二遠忌・小松原法難七五〇年御報恩信行大会を香芝市妙宏寺(神谷行精住職)で開催し、僧侶檀信徒約二百人が参加した。
法要に先立ち声明師会の小野瑞正師が仏前作法について檀信徒に説明を行った。
森本所長を導師に、協議委員と声明師会員を中心として管内僧侶総出仕のもと営まれた法要では日蓮大聖人への御報恩と、御先祖への供養塔婆が読み上げられた。
午後からは菊岡妙光師(倉敷市正福寺副住職)が『仏様の敷いて下さったレールを歩く』と題して講演を行い、会場は檀信徒たちの笑い声と真剣に聞き入る熱気に包まれた。
最後に青年会指導のもと行われた唱題行では参加者一同、集中した表情で熱心にお題目を唱えた。

2013年10月28日号

中四国教区主催の檀信徒研修道場

【鳥取】 中四国教区(渡邊泰秀教区長)主催の第29回教区檀信徒研修道場が10月28、29日、鳥取県管内で行われ44人が参加した。
1日目は米子市本教寺(那須孝之住職)で開講式を行い、鳥取大学医学部准教授・高塚人志氏が「人との関わりが人を育む」と題して講演。巧みな話術に参加者からは笑い声も聞こえ、見返りを求めず、Give&Givenの精神で人と関わっていこうという声も聞かれた。その後、本教寺本堂で唱題行を行い参加者は熱心にお題目を唱えた。
2日目は会場を同市の皆生シーサイドホテルに移し、自我偈の書写行を行った。その後、那須師の講演「あずかる命」を聴講。最後に渡邊教区長が参加者へ修了証を授与した。
(山崎恵由通信員)

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07