日蓮宗新聞

2013年10月20日号

 本山藻原寺で日向上人 700 遠忌法要   内野法主猊下ご親修で感謝捧ぐ

_MG_8278千葉県茂原市本山藻原寺(持田日勇貫首)で、同寺第二祖日向上人(1253―1314)の700遠忌報恩音楽大法要が10月3日に、内野日総猊下(総本山身延山久遠寺法主)を大導師に執り行われた。茂原に生まれた日向上人は身延山久遠寺の第二祖でもあり、久遠寺や藻原寺をまとめ身延門流(日向門流)を形成した。参列した約350人の僧侶檀信徒は、初期の教団の基礎づくりに尽力した一人、日向上人に感謝の誠を捧げた。

_MG_8310大堂に日蓮聖人から日向上人に授与されたご真蹟の曼荼羅ご本尊(弘安2年=1279・宗宝)と日向上人像が安置されるなか、参列者は恭しく内野法主猊下の入堂を合掌で迎えた。式中、持田貫首は誓願を行い、「いまだ一天四海皆帰妙法の祖願達成あたわず」と世界の紛争やテロなどの凄惨たる現状を悲嘆に述べた。さらにその原因として、「人との間の差別と富の不平等、国家間の為政者の対話不足、これらを放置する宗教の怠慢」にあることを指摘し、「自ら行うべきことを行い(自利)、他のためになさねばならぬことを成すこと(利他)に精進する」と仏祖三宝に誓った。藻原寺では遠忌に合わせ、茂原市民会館で5日に東京大学大学院の蓑輪顕量博士などを招いた講演会、6日に黛敏郎作曲「オラトリオ日蓮聖人」の公演会(次号詳細)を開いた。また平成33年の日蓮聖人ご降誕800年までに、境内の山上に日蓮聖人銅像を建立する予定だ。彫刻家で日本芸術院会員の川崎普照氏に32歳頃の日蓮聖人像のデザインを依頼。台座12㍍、像丈20㍍で、山上の12㍍の高さを合わせれば44㍍となり、ビル12階の高さに相当する。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07