全国の通信記事

2013年8月29日号

お寺の役割とその機能を考える

【福井中】 北陸教区(津幡法顯教区長)では、八月二九日教師研修会を福井県に於いて、教師四四名参加のもと開催した。
講師に田端義宏師(青森県永昌寺住職)をお迎えして、教区長法味言上の後、議題『お寺の役割とその機能を考える』に沿って、寺子屋の活用、信仰の中での危機感を持っての布教、僧侶→檀信徒→未信徒への布教、様々な諸問題等、また質疑応答にも篤く語られ、有意義な一日を締め括った。
最後に教区長より、お題目三唱で研修会を閉会した。

総代祖山登詣団参

【大阪豊能】豊能宗務所(森慶典所長)主催、檀信徒協議会(東浦正剛会長)後援による総代祖山登詣団参が、八月二十九日より二日間にわたって行われた。これは今年の総代改選を機に計画され、管内初めてのこころみに教師十一名出仕、総代四十六名が参加。 続きを読む

2013年8月27日号

第十回 輝きいきいき作品展

大阪131023【大阪市】8月27~31日、大阪市中央区中寺 法性寺(山本信行住職)が主催する「輝きいきいき作品展」が、中央区谷町の薬業年金会館ギャラリーで開かれた。参加資格は50歳以上。「今、高齢化社会が大きな社会問題となって、どのように老いるかが問われている。老いと同行するのは死である。同じ死を迎えるのであれば元気で楽しく歳を重ね、臨終正念したいものだ。そんなことを願って始めた。」という、この作品展も今回で10回目を迎える。
最初は法性寺の檀信徒が中心であったが、出展者の知人、作品展を見て自分もやりたいと思った人、近隣地域の人等々、様々な縁があって、今は檀信徒以外の出展者が半数を占めている。
毎回50人近くの出展者があり、作品も水彩画、油絵、陶器、木工等々多彩であり、とても素人とは思えない作品も多い。しかし、単なる高齢者の作品展ではない。何の趣味もなかったが、作品展をきっかけに水彩画を始めた人。たまたま近くにお茶を飲みに来て、作品展を見て、そこに同じ学校の先輩の名前を見つけ、数十年ぶりの再会をする人。作品展が縁となって、新たな生きがいを見つけたり、出会いがあったり、再会があったり、人と人が繋がり、そこに関わる人々のいのちを豊に輝かせている。まさに「輝きいきいき」作品展である。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07