鬼面仏心

2013年8月20日号

ノラ犬が来た。参詣者に害が出ても困るので

ノラ犬が来た。参詣者に害が出ても困るので、捕まえようとしたが、これが容易なことではない。そこで、餌付けをして、飼い慣らそうと考えた▼残り物をご飯に載せて出したのだが、人がいないときしか食べに来ない。それでもうまそうに食べるようになった。遠くから見ていて、エサだとわかると、警戒しながらも、楽しみにしていたんだと言わんばかりの様子でやって来る。そうなると情が移って、飼ってやろうかという気にもなる▼もっと美味しいものを食べさせようと、値のはるドッグフードを買ってきた。目に見えて太ってきた頃、ドッグフードが切れた。すぐ買いに行けずに、残り物を出したのだが、どうしたことか食べようとしない。そのうちに、とうとう姿を見せなくなってしまった▼何とも寂しいことだが、なぜ来なくなったのか。言うまでもあるまい。一度美味しいものを知れば、それ以下では満足できないという、犬も私たち人間も変わりはないということである。それにしてもどこへ行ったのやら。少々まずくてもうちにいれば、食べるものに困ることはなかっただろうに▼自身の欲望を満たすためには他人の生命をも省みない殺伐とした現代。件の犬ではないけれど、欲に負けては身の置き所を失う結果となりかねない。いま在ることに感謝して、足るを知ることこそ、この社会に潤いを与えるのではないだろうか。 (直)

illust-kishin

2013年8月10日号

生後10ヵ月の赤ちゃんにも弱い者をかばう気持ちが

生後10ヵ月の赤ちゃんにも弱い者をかばう気持ちがあることを、京都大学の研究グループが明らかにした。また広島大学の研究グループによると、子犬や子 猫の写真を見せた後は、成長した犬猫の写真をみせた後より集中力が高まり、作業の成功率が上昇したという。人は本来、善人である可能性を示唆している▼人 間の本性は善か悪かの議論は古来行われてきた。いわゆる、性善説と性悪説だ。人の本性は善であるので人を信じるべきだというのが性善説(孟子)、人の本性 は悪であるので人は疑ってかかるものだというのが性悪説(荀子)と一般的に思われている。これは間違った理解で、「人の本性は善であるが成長するに従って 悪を学ぶ」(性善説)、「人の本性は悪であるが成長するに従って善を学ぶ」(性悪説)とし、どちらも「それ故に努力して良い人になりなさい」というのが真 意である▼「役者殺すにゃ刃物はいらぬ、ものの三度も褒めりゃいい」という小唄がある。人は褒められればうれしい。そこに慢心が生まれ、努力、精進を怠る ことになる。「人間らしくていい」という御仁もいよう▼だがお釈迦様は「怠ることなく努力せよ」と遺言された。また「うつりやすきは人の心なり。善悪にそ められ候」(『西山殿御返事』)とお祖師様もいわれているように、ともすると怠惰になり、悪に染まりやすい私どもである。心したいものだ。(汲)

illust-kishin

2013年8月1日号

世にインターネットが出現してから、世界は大きく変わったように思う

世にインターネットが出現してから、世界は大きく変わったように思う。我が家では図書棚を占領している百科辞典の出番が皆無に等しくなった。分厚い電話 帳も資源ゴミとなって回収された。書類の伝達やスケジュールの管理も世界中どこにいても瞬時にできるようになり、一時流行したシステム手帳を持つ人も減っ た▼小生の寺ではオンラインで結ばれた端末でどの電話機で出ても年忌法要などの申し込みを受けられるようにした。予定表を探して寺中を走り回る必要はな い。はずだった。が、相手は機械がソフトウエアで動いている。訳のわからない暴走やデータの消失などが頻発し、結局ノートの予定表に手で書き込むという バックアップに頼っている▼インターネットにはまた、注意すべき点も多い。情報提供者の質がわからないという点だ。専門の学者が書いたものも、素人が書い たものも同じレベルに並んでしまう▼インターネットができる前にパソコン通信というものが流行した時代がある。ローカル放送局のようなものだ。小生の寺に ホストコンピュータを置き、管理者となった。書き込んでくる内容を見ていて、デメリットの多さに気づき、すぐに停止した▼「法華を識るものは世法を得べ き」であろう。世間の情報を収集するに八正道を以てし、中道を行ずる必要が、インターネットの時代だからこそ求められる。(寮)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07