鬼面仏心

2013年7月20日号

未曾有の東日本大震災によって

未曾有の東日本大震災によって起こった原発事故。事故当時、東京電力福島第一原子力発電所所長であった吉田昌郎さんが亡くなった。食道ガンであったという。前代未聞の状況下、陣頭指揮を執り続けた吉田元所長は、時には本店に背き、場合によっては政府関係者に背いて、原子炉に注水を続けたことがのちに分かった。その判断が正しかったと評価されたのは、病に倒れたあとだった▼のちに吉田元所長は事故当時の心境を「部下には、地面から菩薩が湧くイメージを地獄のような状態の中で感じた」と語っている。背中に向かって合掌したという部下たちの姿は、法華経に説かれる地涌の菩薩そのものだったのであろう▼原子力はクリーンで安全なエネルギーとして日本各地に原子炉が建設されてきた。福井には「普賢」と「文殊」と名付けられた原子炉がある。菩薩名を冠することで、安全を祈念したかったのだろうか。吉田元所長が部下の背に見た菩薩像。共に大きな祈りと救いが託されている▼歴史的な猛暑が予測されている今夏、日本中で節電が呼びかけられている。私たちはエネルギー問題を、そしてこの便利で快適な生活をどのように考えれば良いのだろう。なくてはならない電力。あって当たり前の現在の生活。吉田元所長の悲報を受け、私たちを救済してくれる地涌の菩薩から大きな宿題をもらったようである(奏)

illust-kishin

2013年7月10日号

環境の変化か。庭によく

環境の変化か。庭によく遊びに来ていた野鳥達、ここ何年も姿を見ていない。オナガがくると、息を潜めて美しい羽を眺めたものだ。そしてうちにくるウグイスはとにかく歌が下手だった。春先にやってきたばかりのウグイスは「ホー・ケキョキョ・ホー・ケキョッケ?」思わず笑ってしまう。が、何日かすると必ず「ホーホケキョ」と上手に鳴けるようになる。調べてみるとウグイスは最初から上手に鳴けるわけではなく、親や仲間の鳴き声を聴いて何度も練習をするらしい▼下手といえば、お世辞にも上手とはいえない歯医者にかかったことがある。虫歯を治療してもすぐに詰め物がとれてしまう。しかも何度も。親不知を抜いた時は気の遠くなるような時間がかかり、もの凄い出血をしているのが自分でも分かるほどだった。ひどい目に遭ったが、不思議と怨んではいない。とにかく健気なまでに一生懸命な先生だった。後になって先生が言った一言「蛙さんは私の初めての患者さんでしたからね」。納得。下手っぴなわけだ。どんな名医にも最初の患者がいる。きっと今頃は腕の良い歯医者さんになっているだろう。多分▼ウグイスも生まれたばかりは一人前ではない。人間も人に育ててもらって初めて人となる。何より仏の子である私達は折に触れて仏さまの声を聴き、仏道を歩んで行こう。失敗を恐れずに。必ず仏になるのだから。(蛙)

illust-kishin

2013年7月1日号

宗門はここ10年で

宗門はここ10年で大切な2人の布教師を失った。三木随法師と平野譲山師である▼三木師は優しい京都弁で色々な切り口から縦横無尽に法華経・宗祖の教えをわかりやすく語りかけた。時には舌鋒鋭く世相や他宗を切った。豊富な話題の中から、前の話の尻を端緒にして次の話に展開する「尻とり説法」の型を作りあげ、平野師は、布教院の主任講師を務めた端正な型を持った布教師であった。諄々と教えを説くその姿勢は高座説教の権化であり、伝統的な型の中に、如何に現代的テーマを組み込むか腐心していた▼ガンを告知し病身を押して全国行脚を続けた三木師、声をとられたガンを克服し一旦は布教の現場に復帰した平野師、2人の共通点は、日蓮聖人に対する熱き想いと、宗祖に学ぶ壮絶な生き方であった▼全国の布教師で組織する全国布教師会連合会の10年の歩みは、三木師が想を運らし、平野師が継承したと言っても過言ではない▼日蓮宗は宗祖ご降誕800年に向けて「いのち」というテーマを掲げた。混迷する現代に於いて、社会をはじめとして宗門自体の「再生」が求められている時、布教師をはじめとする僧侶の責務は重い▼歌舞伎界に新風を吹きこんだ18代中村勘三郎は「型が有るから型破りであって、型が無いのは型無し」という名言を残した▼布教の先師が残した「型」に新風と熱を送りこみ、社会をどう変革していくのか、布教師に期待すること大である。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07