日蓮宗新聞

2013年7月20日号

月例金曜講話 日蓮聖人近畿御遊学12年に学ぶ 藤井照源師

 日蓮聖人は安房小湊でお生まれになって、鎌倉で辻説法、伊豆や佐渡への流罪、身延山、池上などさまざまな場所で足跡を残しておられます。
では皆さん、日蓮聖人のご生涯の中で一番長く勉学された場所はどこかご存じですか? 身延山や鎌倉、清澄といろいろとお思いになるでしょうが、実は12年間過ごされた比叡山横川定光院なのです。
清澄寺で出家された日蓮聖人は、お釈迦さまの本当のみ教えを勉強するために智慧の菩薩である虚空蔵菩薩に願を掛け、当時の仏教の最高学府であった比叡山 へと向かわれました。比叡山には延暦寺総本堂の根本中堂を中心とした“東塔”、そこから北へ1キロ下った“西塔”、さらにそこから4キロ離れた“横川”の 3つの地名があります。日蓮聖人をはじめ法然上人・道元上人・親鸞聖人ら、後に鎌倉新仏教と呼ばれる宗派の開祖のほとんどが横川で仏教を学びました。比叡 山はその特徴である論議、高湿度、寒冷、清貧を「論・湿・寒・貧」という言葉で表現しています。特に横川の冬の寒さは厳しく、日照時間が短いため雪が溶け る前にまた新しい雪が降り積もるような環境です。
では東塔・西塔・横川の3つから日蓮聖人はなぜ横川定光院を拠点とされたのでしょうか。
続きを読む

illust-hitokuchi

2013年7月10日号

全国檀信徒協議会新会長 池上幸保氏インタビュー

寺院はいま生きる人が元気をもらう場

5月18日に開催された日蓮宗全国檀信徒協議会の総会で新会長に東京都大本山池上本門寺総代の池上幸保さんが選出されました。日蓮聖人の檀越、池上宗仲公の子孫である池上新会長に檀信徒協議会の目標など話を聞きました。

【会長就任にあったって抱負などお聞かせください】
会長といえども法華経を信仰する者の一人であることに変わりはありません。宗門と連動してこの教えを弘め、次代に繋いでいくことが第一の使命だと感じて います。江守幹男前会長の「檀信協は宗門の応援団」という立場を継承し、その上でお坊さんではなかなか出てこないアイデアを提言してみたり、あるいは檀信 徒の本音みたいなものを代表して宗門に伝える。そんな檀信協を目指したいと考えています。僧侶と檀信徒がそれぞれの立場で知恵を出しあえばさらによい宗門 が実現できると思います。同時に信仰を同じくする者同士の親睦を深めることにも力を入れていきたいですね。先日の全国檀信協の総会後に有志で千葉・鴨川の 鏡忍寺と誕生寺の参拝旅行をしたのですが、このような企画もどんどん推進していければと思います。

続きを読む

illust-hitokuchi

2013年7月1日号

お盆法話・今年は小松原法難750年 原日透本山鏡忍寺貫首

癸巳年も早、半ば過ぎて、お盆を迎える季節となりました。精霊棚を飾り、先祖の追善と無縁の霊の施餓鬼法要を修し、又、3度目の盂蘭盆を迎える東日本大震 災物故者の各霊に対して、忘れがちな心の中に、3月11日を脳裏に呼びおこし、共に追善の誠を捧げなければならないと改めて感じております。
さて、本年11月11日は宗祖小松原法難750年の正当をお迎え致します。
続きを読む

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07