日蓮宗新聞

2013年4月10日号

宗務院・伝道部主催のコンペ 大賞作品決まる

仏教の興隆・寺離れの緩和に期待

日蓮宗宗務院主催(東京都大田区)の第2回地域社会とお寺の活性化アイデアと第6回日蓮宗Tシャツデザインのコンペティションの授賞式が、3月30日に同院で行われた。アイデアコンペは岡田英昭さん(神奈川・26)の「古地図から始まる『お寺はふるさとの生き証人』プロジェクト」が大賞を受賞した。今夏の修養道場でも活用される「安穏」をテーマとしたTシャツデザインコンペでは、笑顔で手をつなぐ地蔵の家族を表現した赤司大輔さん(大阪・35)の作品が大賞に輝いた。赤司さんは昨年の同コンペに引き続き2回連続の大賞受賞となった。
岡田さんのアイデアは、寺院などに残る町の古地図をもとに、失われた故郷の風景を思い起こしてもらいたいというもの。また地域住民や自治体などから古い写真を募り、提供者をはじめ歴史、風土を調べる人などが寺へ出入りすることで、同時に地域のコミュニティ活性化も目的としている。挨拶で岡田さんは「地図を掲示するだけで、見る人が足を止めるきっかけとなり、お寺とつながる時間が少しでも延びるのではないか。ベンチを設置し、より長く寺にいてもらい、歴史を語りたい人にはお堂を提供するなどさまざまな工夫も考えられる。地域の人たちが郷土に感謝する気持ちを持つことで、コミュニケーションが増えれば」と寺を中心とした地域の活性化に期待した。
総評ではアイデアコンペ審査員の西出勇志氏(共同通信編集委員・論説委員)が「寺院の空間や歴史性に着目した岡田さんのアイデアは実行しやすく、地域の人たちを巻き込む力がある。他宗派僧侶も同コンペに強い関心を示しており、これらのアイデアが実現されていけば、仏教界全体の底上げにもつながる」と語った。またTシャツデザインについて中井本秀伝道部長が「日蓮宗の目指す安穏な社会が、デザインによってイメージしてもらいやすくなった。2つのコンペを通して一般の人たちは、公益性としての役割をお寺や宗教へ求めていることがよりわかった」と述べた。
岡田さんのアイデアは、住職の布教行動以外に境内を開放することで、寺院が地域活性化へのリーダーになりうる可能性を示した。また古めかしいという寺院のイメージを「歴史性」と表現を変えることで、受け継がれるものから学びとることの大切さも教えている。数々の応募はアイデアという面ではなく人びとから寺への要望の意味も含まれ、寺院のあり方について考え、仏教の興隆や寺離れを緩和するものとしても期待される。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07