ひとくち説法

2013年3月20日号

いのちに合掌の心

「ただ見れば何の苦なき水鳥の足にひまなき我が思いかな」。水鳥は優雅に水面を進んでいるように見えるが、水面下では一生懸命に足をかいている。人も外面は平静を装っているが、内面では皆、苦しみや悩みを持ちながら生きている。
お釈迦様は苦しむ人々を何とか救い出したいとこの世に出現され、法華経をお説きになられた。お釈迦様は常に私達を見守り、救って下さる。苦悩があるから、真の幸せがわかる。そして苦悩を知ることで、他人の苦しみ・悩みが解かるようになり、優しい心で接する事ができるようになる。
私達は仏になる性質を持って生まれてきている。子供が経験を積んで大人になるように、私達も修行することでいつか必ず仏となれる。苦悩を縁として優しい心を育て(自利)その優しい心を他人に向ける(利他)お題目を唱えれば、自分の中の仏性が呼び起こされ、そのお題目は、他の人々の仏性をも呼び起こすのである。

神奈川県二部布教師会長 金子 智研

illust-hitokuchi

2013年3月10日号

身近な人を大切に

短大の教授をしていた檀家の女性が病気で急逝した。69歳であった。その方の日記帳最後の頁に次のような新聞の切り抜きが貼ってあった。
私たちは生まれてから死ぬまでに
何人のひとにめぐり逢うのだろう
無数のような気もするが
実はほんのわずかな数 そしてさらに
その中で この人と逢えてよかったと
思えるひとが たとえひとりでもいれば
それは幸福ということになる
あなたに逢えてよかった
あなたと同じ時に 同じ地球の空気の
中にいてよかった
ぼくはあなたにそういいたい
(やなせ・たかし)
亡くなる日も母を亡くした教え子に励ましの葉書を出していた。自分のまわりにいる身近な人を大切にして優しくするのが、いのちに合掌の心だ。

神奈川一部布教師会長 鈴木 浄元

illust-hitokuchi

2013年3月1日号

心の中にも春を

冬の堅かった梅も開花し、春の彼岸へ桃、桜の花と順々に咲き出して、境内は明るい和やかな雰囲気を醸し出し、暖かい季節を迎えます。
日蓮聖人は、そうした季節の変わらぬ移ろいのように大曼荼羅に向かい、法華経を信じ、お題目を唱える者は、一人ももれずあらゆる人は、必ず成仏(人間として完全、円満、永久な精神を得る)するとお教えくださいました。
先師、先人達は、自然現象の中から、人間を、人生を洞察し学んできました。今日の私達は、それらに余りに鈍感となり、心が働かなくなってきたように思います。
人間としての情緒が荒み、不安定となってきたためでしょうか。
お題目の信仰によって、人間としての尊い心(仏性)を呼び起こし、自らの心を完成させ、少しでも世の中を明るく平和にしてまいりたいものです。

東京都北部布教師会長 川俣 観淳

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07