論説

2013年2月20日号

美術に信仰を学ぶ

平成23(2011)年1月22日から24年5月13日まで、日本経済新聞の朝刊に連載された歴史小説『等伯』が、昨年9月に上下2巻として刊行されて、このたび文学賞の直木賞の授賞となりました。作家の安部龍太郎氏は、ご自身のご苦労を、絵仏師として波瀾に満ちた長谷川等伯(1539-1610)の生涯とを重ね合わせて執筆したと、朝日新聞のインタビューに答えられています。
ところで、私自身がはじめて長谷川等伯の作品に出会い、感動を覚えたのは、およそ40年余り以前のことです。岡山県の博物館に展示されていた等伯の若き信春の名によって描かれた「花鳥図屏風」だったのです。
等伯は、室町時代の天文8年(1539)、今日の石川県七尾市に誕生し、父は七尾城主畠山氏の家臣で、奥村文之丞宗道です。幼名は久六、また又四郎と称しました。幼いとき染物屋の長谷川宗清のもとへ養子に迎えられます。生家の奥村家の菩提寺は、日親上人開山の七尾市本延寺であり、また長谷川家も畠山氏ゆかりの同市長壽寺であったのです。つまり、等伯は生まれながらに両家の帰依していた法華経の教え、日蓮聖人の教えに関わりがあり、また等伯自身も深く帰依していたことがうかがえます。
たしかに、日本美術史の視点からみれば、等伯の代表的作品は、国宝の「松林図屏風」(東京国立博物館蔵)あるいは、豊臣秀吉の命によって描いた今日の京都智積院所蔵の障壁画であることは間違いないでしょう。しかし、法華経信仰、あるいは日蓮聖人の教えの視点から、等伯の作品に目を向けてみますと、その出発点には法華経の教え、日蓮聖人の教えが根底にあって、その後の活動が展開することを知るのです。
たとえば、み仏のご入滅の絵としては、能登妙成寺の「仏涅槃図」さらには、縦10メートルほどの長さをもつ京都本法寺の「仏涅槃図」等があげられますが、妙成寺蔵の「仏涅槃図」は、30歳の作品で、見事に描かれています。
また、30歳までの作品としては、京都妙傳寺所蔵の「法華経本尊曼荼羅図」が存在します。これは日蓮聖人の教義に精通した人の導きによるものであることは明白です。また、富山県高岡市大法寺所蔵の「釈迦・多宝如来坐像」は等伯26歳の作品で、最上部には日天子、明星天子、月天子の三光天子を表す円相が描かれ、その下の中央にはお題目の塔が描かれています。そして左右の蓮台には釈迦牟尼仏と多宝仏とが並座され、その下段には上行・無辺行・浄行・安立行の四大菩薩が蓮台に着座され、さらにその下の右には、獅子の上の文殊菩薩、左には白象の上の普賢菩薩が荘厳に描かれています。
さらに大法寺には、日蓮聖人が法華経を説法される姿を描いた日蓮聖人像が存在します。上部の中央にお題目、右には太陽(日天子)左には三日月(月天子)、その下段には、みごとな天蓋、そして中央には、法服・七条袈裟・横被を着された日蓮聖人の説法の姿が細密に描かれています。そして署名としては、長谷川又四郎二十六歳をとし、「信春」の朱文印が捺され、また右下には養父である長谷川道浄の署名と「宗清」の朱文印があることが知られます。
このように、若き日の等伯は、養父とともに、20代にしてすでにみごとな法華経の世界を描き、また日蓮聖人像等を描いていることからも、その力量がうかがえます。それと同時に、奥村家、長谷川家に継承されてきた法華経信仰と、諸師の導きとの大切さを知るのです。

(論説委員・北川前肇)

illust-ronsetsu

2013年2月10日号

iPS細胞と生命倫理

山中伸弥京都大学教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作成に平成18年、世界で初めて成功し、これが認められて昨年12月、ノーベル医学生理学賞を受賞。手術が下手で「ジャマナカ」と呼ばれていたなどと語り、人柄やユーモアにも注目が集まって、この快挙は久々の明るい話題となりました。今回の受賞は様々な細胞になれる状態にする「細胞の初期化」という基礎的な功績が評価された段階であって、まだ未知のことが多く、倫理的問題も指摘されています。この点を心掛けながら、今後の医療・経済・宗教にまで関わってくるiPS細胞について、少々記してみます。
私たち人間の体は約200種類、計60兆の細胞が集まってできています。この膨大な細胞は「受精卵」というたった1個の細胞が分裂して、体の各部分になりますが、部分になった細胞は別の部分の細胞にはなれない―これが生物学の常識でした。それを覆し、初期化したのがiPS細胞です。
人為的に皮膚などの細胞へ遺伝子を組み込み、心臓や神経など体のあらゆる細胞になれる能力を持たせたという意味の、英語の頭文字をとった名称で、山中教授が名付けました。様々な細胞になれることから、万能細胞とも呼ばれています。iだけ小文字にしたのは流行っていた携帯音楽プレイヤーiPodのように広まって欲しいとの願いをこめた、ちょっとした遊び心からです。
世界的に注目されるのは医療応用への大きな期待があるからで再生医療・難病解明・新薬開発の3つが中心。現在、研究の国際競争が激化しています。初めの再生医療とは細胞や臓器を作って移植するものです。心筋細胞を心臓に移植したり、脊髄損傷、糖尿病の治療等に期待がかかっています。また難病解明とは、難病患者からiPS細胞を作り、これを健康な人の細胞と比較すれば病気の仕組み、原因に迫れる可能性があります。そして新薬開発。原因が解明されれば治療効果のある薬を探すことが可能です。同時に副作用などの毒性検査もできることになります。残念ながら実際の応用例は未だ1件もありませんが、運動神経細胞を作り、効果のある化合物を発見したという発表もあり、この分野は最初に実用化されそうだということです。
実用化への課題は数多くあり、がん化抑制、作製効率、特許などですが、ここでは生命倫理的な問題点のみを挙げておきます。
①生命の定義 万能細胞として先行したES細胞は受精卵を壊して作るため、カトリック教会は大反対。「人の生命は受精した瞬間から始まる」と考えるからです。iPSはこの点を克服したと理解されています。生物学では細胞膜・遺伝情報・新陳代謝の3つがあることを生命の定義とします。仏教には受胎直後からの生命を説明する経典もあり、定義は一定していません。この確定が重要な一つです。
②人工的生命 生殖細胞さえも作れることから、理論上は人間の命の誕生も可能です。霊の存在、親は誰なのかなどの問題があります。人間をモノのように「作る」と考えるのではなく、尊厳を守らなければなりません。
③生命の格差 実用化になると、初めは高額医療費が予想されます。健康を支えるのは経済力の差と誤解されてしまいそうです。
④生活習慣 病気の多くは生活習慣病です。安易に移植や薬に頼るのではなく、生活習慣を正す、自らの努力こそ必要です。
⑤個人情報保護 iPS細胞は個人の遺伝情報が沢山あり保護、管理が大切です。

(論説委員・山口裕光)

illust-ronsetsu

2013年2月1日号

ハラスメントと断末摩

最近関西の高校の運動部で、監督の体罰を苦にしたキャプテンが自ら命を絶つという痛ましい事件が発生し、耳目を集めた。
指導的な立場にある者が、弱い立場にある者に対して教育の名のもとに体罰という暴力をふるう事例が少なからず存在することを多くの人は知っている。そのことによって心身に消えることのない傷を受ける者がいることも、多くの人が知っている。安らぎの場であるはずの家庭内で行われる、夫婦間あるいは親子間の暴力、神聖であるはずの教育現場で、教育や指導の名のもとに行われる暴力に、人知れず傷ついている人の数は、想像を絶するに違いない。私自身が、他者の心を傷つける言動や行動をしていないと言い切れるのか。ハラスメントをしている本人が、そのことを自覚していないことが多いこともまた、この問題の根深いところである。
ハラスメントとは「嫌がらせ、いじめ」を指す言葉であるが、他者に対する発言・行動が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせ、尊厳を傷つけ、不利益を与え、脅威を与えることを指す。セクシャル・ハラスメントとは、本人が意図する、しないにかかわらず、相手が不快に思い、自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動を、アカデミック・ハラスメントとは、研究教育の場における権力を利用した嫌がらせを、パワー・ハラスメントとは、職務上の地位や人間関係の優位性を背景に、精神的・身体的苦痛を与える行為を指している。その他にも、ジェンダー・ハラスメント、ドクター・ハラスメント、モラル・ハラスメント、アルコール、スモーク・ハラスメントという言葉もある。
ハラスメントについて考えるときに、第一に念頭に浮かぶのが「非暴力(アヒンサ)」という言葉である。釈尊は「ダンマパダ」に「生きとし生ける者は幸せをもとめている。もしも暴力によって生きものを害するならば、その人は自分の幸せをもとめていても、死後には幸せが得られない」と教える。ここで言う暴力とは、物理的暴力だけでなく、言葉や態度によるものも含まれると考えるべきである。
日遠上人の著作と伝えられている『千代見草』に次のような一節がある。
「断末摩というのは印度の言葉である。日本では風刀と言うこともある。臨終の時、体中に刀のような風が出てきて骨々や肉の間を吹き貫き、引き切り離す時のような苦しみである。顕宗論に『本当のことであれ、間違ったことであれ、人を謗り罰を与え、人の心を悩ました人は、断末摩の苦しみが非常に強くなる』と説かれている。」
人を謗り罰を与え、人の心を悩ました人は、臨終に際して強い断末摩の苦しみを受けることになるというのである。題目受持によって断末摩の苦しみを免れることができるのであるが、多くの人は臨終近くなり、この苦しみに心を取り乱し、常日頃心がけているはずの題目も忘れてしまうものであるから、そばに寄り添う看病人は題目受持を勧めることが大切であることを教示する一節であるが、私が注目したいのは、「人を謗り罰を与え、人の心を悩ます」こととは、すなわち「ハラスメント」に他ならないのではないかということである。無自覚のうちにでも人の心を悩ました者は、臨終に際して断末摩の苦しみを覚悟しなければならない。そして、題目受持による懺悔によらなければその苦しみを免れえない。
非暴力を思い、臨終正念と霊山往詣を願うなら、ハラスメントをしてはならない。ハラスメントを見過ごしてはならない。

(論説委員・柴田寛彦)

illust-ronsetsu

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07