オピニオン

2013年2月10日

いつもの窓際近くの

いつもの窓際近くの椅子に座り、背中にポカポカと暖かな陽射しを受けてする読書は何物にも換え難い。この冬の時季だから余計そうだ。ゆったりとできる自分専用の居場所だ▼江戸時代末期の日蓮宗教学者に金沢立像寺の優陀那院日輝師がいる。私塾充洽園を開き幾多の傑出した人材を輩出している。その中の一人に日蓮宗初代管長の新居日薩師もいた。ある時、日薩師は日輝師に「先生、あの者は日ごろより、同学僧に盗みを働いている不届きな者です。あんな者をここに置いていては先生のお名前に傷が付きますし、自分達も落ち着いて勉強していられません。直ちに追い出した方がいいと思います」と進言した。すると日輝師は「そうか。ならばお前が出て行くがいい。お前ならば、どこに居ても勉強も修行も出来るだろう。だが、あの者はここでなければ勤まらん。ここしか居場所はないのだよ」と教え諭したという▼法隆寺宮大工棟梁の西岡常一さんが「切る」ということについて、「いい面を二つ取ることです。きれいに平らに切れば、切り取られた側も、残った側も自然といい面になる。『切る』とは、美しいいのちを二つ作ることだ」と。二つとも、どちらも殺さず、生かすことの大切さを教えている▼いじめ、貧困、自殺、犯罪、そして教育、スポーツの問題の根本は人の心の問題だけではなく、家庭で、社会で、自分の居場所があるかという問題だ。(汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07