オピニオン

2013年1月10日

調子の悪い父を連れて病院へ

調子の悪い父を連れて病院へ。診察室に入ると「どうされました?」と先生。私が症状を話し出すと、パソコン画面のカルテにひたすら打ち込んでいく。こちらを見る暇などない様子。レントゲンなどの検査結果もデータで送られ、先生は終始パソコンの画面とにらめっこだ。程なくすると「はい、お薬だしておきますね」なんと、患者に指一本触れることなく診察は終了▼驚くべきことにこういう医師が増えているという。検査技術が発達し、患者に触れることなく診断ができる時代になったとはいえ、一抹の寂しさが残る。これではロボットに診察してもらっているのと同じだ。患者としては、先生が体に触れ、目を見て話を聞いてくれるだけで気持ちが軽くなる。気持ちが軽くなれば回復も早い▼科学の進歩で心がどこかに取り残されてしまった現代。お寺も人々の心に寄り添うことができているか反省しなければならない。上手にお経が読めればいいならCDを流せばいいし、綺麗なお塔婆なら機械にだって書ける。良い悪いではなく、そこにどれだけ気持ちを込められるか。そこに心がなくなってしまってはお寺の機能は無になる▼娘がシモヤケを作って帰ってきた。薬を塗ってみたが、まだ痛いと泣いている。そこで奥の手。赤くなった手をさすり、「痛いの痛いのとんでけ~」するとさっきの痛みはどこへやら。人のぬくもり、心のぬくもりは一番の特効薬だ。(蛙)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07