日蓮宗新聞

2012年11月20日号

小松原法難七五〇年前会法要  わかりやすい「問答法要」で異体同心

【千葉南】小松原法難七五〇年奉行会(原日透総裁)は11月11日、鴨川市本山鏡忍寺(原総裁=貫首)で小松原法難七五〇年前会法要を営んだ。全国からの管区檀信徒協議会会長や千葉教区を中心とした檀信徒500人が参列し、来年のご正当へ向けてお題目を唱えることの喜びを深めた。
小松原法難は文永元年(1264)の同日に日蓮聖人が念仏者の東条景信に襲撃されたご法難。弟子の鏡忍房と檀越の工藤吉隆公が殉教し、日蓮聖人も腕を折られ、額を切られた。またこのご法難の霊跡にある同寺は、吉隆公の遺児日隆上人によって弘安4年(1281)に建立された。
法要に先立ち、講談師の一龍齋貞鏡さんが小松原法難を巧みな話芸で披露し、参列者は講談の緊迫感ある語りに息を飲む場面も。
 法要は日蓮宗の伝統的な説教、高座説教をヒントに、同会が考え出した「問答法要」形式で営まれた。内容はご法難から12年後の身延を舞台に、同会の僧侶扮する日蓮聖人と若き日隆上人が問答を行い、小松原法難の宗教的意義を確認するというもの。また「身命を惜しまずに法華経を弘める者は難に遭う」と説かれる法華経「勧持品」を繙く場面では参列者とともに読経し、日蓮聖人が小松原法難の様子を物語る場面では、ご遺文『南条兵衛七郎殿御書』の襲撃からご自覚まで書かれる一部を奉読した。さらに父吉隆公のことを何も知らされていなかった日隆上人が自らの出生を知るという演出もあり、参列者は終始小松原法難の世界に引き込まれていた。
法要後、全国檀信徒協議会副会長の池上幸保氏は「日蓮聖人の末代の門下として異体同心にして、立正安国・お題目結縁の願行を成就する」と誓願文を読み上げた。また導師を務めた原総裁が挨拶で「この法要をきっかけに750年前に法華経弘通に邁進された日蓮聖人の思いを考え、今一度お題目、法華経を弘めるという決意を新たにしていただきたい」と語った。
今回行われた“問答法要”は参列者に好評で「小松原法難を詳しく知らなかったが、物語が目の前やりとりで、内容やその意味をよく知ることができた。法要に気持ちが入り、異体同心でお経やお題目を唱えられたと思う」との声が聞かれた。同奉行会では「また工夫を凝らした企画で、50年に一度の節目となる来年の正当会を迎えたい」としている。(支局記)

illust-hitokuchi

2012年11月10日号

大本山中山法華経寺で平成24年度加行所始まる

日蓮宗に伝わる祈祷法の伝授を受けるため、平成24年度日蓮宗加行所(太田順道伝師)が11月1日、千葉県市川市大本山中山法華経寺(新井日湛貫首=加行所伝主)に開設され、145師の加行僧が入行した。
清浄衣に身を包み、剃髪姿で入行の時を待つ行僧。水行と読経三昧の想像を絶する寒壱百日間に初めて挑む初行僧の緊張の面持ちと鋭い眼差しから、ひしひしと覚悟のほどが伝わってくる。入行会ではそれを物語るような迫力ある読経が堂内に響き渡った。
報恩読誦会、奥之院への参拝の後、いよいよ娑婆と修行場を隔てる扉“瑞門”へ。周辺は行僧を見送る家族や檀信徒で溢れていた。声援に気付き瞳と合掌で応える姿や、「パパがんばれ-!」と声をかける我が子を見付け、涙を押さえるように瑞門をくぐる姿。145師がさまざまな思いを胸に来年2月10日までの寒壱百日の苦修錬行に励む。
◇   ◇
今年度の行僧の中には、東日本大震災で発生した津波で堂宇をすべて流された宮城県七ヶ浜町立正結社教導の加藤錬栄師、被災しながらも救援支援の拠点となった同県石巻市法音寺の谷川海明師、今も福島第一原発事故の影響で避難を余儀なくされている福島県双葉町妙勝寺の瀬戸隆寿師の姿が。3師とも檀信徒の見送りを断っての入行だった。
加藤師は昭和63年の再行入行以来、25年ぶりに入行となり、「1万8千人が亡くなった震災から1年半以上が経ち、鎮魂供養を第一に考えた。また長年布教してきた堂宇は流され、被災地も未だに復興の兆しは見えない。しかし、報恩感謝の気持ちを忘れず、自分の震災に対しての気持ちに区切りをつけ、次に向かっていきたい」と決意した。
また初行で入行した瀬戸師は「自らの修行をしながら、原発事故で避難されている方々の幸せを願いながら行を積みたい」と述べた。同じく初行の谷川師は「震災前と後では見送る檀信徒の思いも違っていることを感じる。支えてくださる方たちが待っていると考えると心強い。精一杯慰霊と復興のお経を唱えたい」と語った。

illust-hitokuchi

第2回中央檀信徒研修道場開催 「感動伝えたい」

宗門運動推進のため、檀信徒の信行推進者を養成する今年度2回目となる中央檀信徒研修道場(三大寺聡温主任講師)が、10月25日から27日まで山梨県身延町の身延山信徒研修道場で開催された。日蓮聖人の御魂が住まわれる地・身延山で14人の道場生が研鑽を積んだ。
道場生は2日間にわたって法華経や祖伝、ご遺文についての講義や、総本山身延山久遠寺で内野日総法主猊下の御経頂戴を受けた。夜には法座が行われ、道場生それぞれの信仰体験などが語られた。
4回目の参加となる男性(東京都)は臨終間際の父から「法華経を勉強しなさい」と遺言のように言われた後、立正大学などで法華経などの公開講座が開かれるごとに受講し、日蓮聖人や法華経について熱心に学び始めたという。「日蓮聖人の御心に近づきたい一心で勉強しています」と渡邉さんは述べ、「父からそう言われなかったならば、ここまで勉強しなかったかもしれません。私にとって法華経の教えは生きていく上で重要なものとなった。父の言ったことは正しかった」と一つの信仰相続の形を語った。また道場生から孫と仏壇でお題目を唱える喜びや、動物との触れあいで感じる生きとし生けるものへの感謝などが語られた。
2日目のカリキュラムには今回初となる静岡県大本山北山本門寺(旭日重貫首)と同県本山實相寺(豊田日穂貫首)の参拝が組み込まれた。北山本門寺ではお題目の七字を一字一字引き延ばして唱える「引き題目」を初めて経験した道場生が「地域の信仰や文化に触れることができ、自身の信仰も深めることができた」と述べた。また「日蓮聖人が『立正安国論』の構想を練られた實相寺では一切経蔵を拝観。道場生の一人は「日蓮聖人が真実の教えを求め、思いめぐらせた場所に来られて良かった。菩提寺に帰ったらこういった感動を檀信徒に伝えたい」と感慨深げに語った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07