日蓮宗新聞

2011年9月20日号

伊藤通明師 井田湛孝師 米寿の祝い

「両猊下のご尊顔を拝すれば輝いて…」渡邊照敏宗務総長が祝辞

井田湛孝師(静岡市本山本覚寺貫首)と伊藤通明師(同市感應寺住職)の米寿を祝う会が発起人主催により9月1日、静岡市内で行われ、約100人が集った。
井田師は日蓮宗新聞社社長、静岡市仏教会会長、日蓮宗本山会会長、日蓮宗西谷鏡師法縁長などを歴任した他、国内外で慰霊法要を営むなど仏教親善を推進。伊藤師は日蓮宗宗務総長、総本山身延山久遠寺総務、日蓮宗綜合財団理事長などを歴任した他、法華一乗会会員・佐藤ゆかり参議院議員の後援会長も務めており、88歳を迎た現在も両師共に住職として活躍している。
祝賀会では静岡市本山蓮永寺の松村壽厳貫首による発起人代表挨拶に続き、渡邊照敏宗務総長が「両猊下のご尊顔を拝すればその眼は衰えを知ることなく、輝いておいででございます。今後ともご法体ご自愛の上、さらなるご活躍をお祈りいたします」と祝辞。続いて富士宮市大本山北山本門寺の旭日重貫首、富士市本山實相寺の豊田日穂貫首がお祝いの言葉を述べた。
その後、謝辞に立った井田師は「法のため、宗門のため、檀信徒教化に集中して参りました。“精出せば凍る暇なし水車”の言葉のように、これからも皆さんへのお礼の意味で精進努力していきたいと思いますので、どうぞ陰になって、日向になってご支援ご鞭撻をお願いします」と挨拶。伊藤師は「私の父親は82歳、母親は95歳で亡くなりましたが、それを足して2で割ったのが88歳です。私は軍国主義のまっ最中で生まれ、軍事教育を受けてきました。戦争の惨めさや悲惨さ、そして平和の有り難みを感じながら戦後66年が過ぎましたが、日本の歴史の悲劇を肝に据えて、宗門運動立正安国・お題目結縁運動を推進しなければならないという思いを強くしています」と述べ、最後に「平成33年に迎える日蓮聖人ご降誕800年まで絶対意地でも生きてみせますから、末永くよろしくお願いいたします」とまとめて会場を沸かせた。

illust-hitokuchi

法光寺(千葉県東金市)が日蓮宗に

中村住職「寺檀和融を旨に仏心を育てていただけるよう精進」と誓う

千葉県東金市の法光寺(中村寛秀住職)が日蓮宗に所属することが決まり、東京・大田区の宗務院で寺院所属辞令伝達式が9月6日に行われた。
法光寺は法華信者であった上総国(現千葉県中部)土気城主酒井定隆が長享2年(1488)に行った領内の寺院を全て法華宗寺院にする上総七里法華と呼ばれる宗教政策で他宗から法華宗に改宗した寺院の一つで、その後単立寺院となった。今回の日蓮宗への所属は中村海栄前住職と総代の日暮貞雄さんをはじめ檀信徒の強い思いを受け、寛秀師の代で実現した。
辞令を手渡した渡邊照敏宗務総長は「寺院が一つ増えるということは、法城の財が一つ増えたということ。甚々の感謝を申し上げます」と慶びを語り、中村住職が「寺檀和融を旨に檀信徒一人ひとりにお題目を宿し、仏心を育てていただけるように精進して参ります」と誓いを述べた。また「行事を一つひとつ増やしながらお寺を盛り上げていきたい」と意気込みを語った。
同席した当該管区である千葉県東部の冨永観瑞宗務所長は「宗門運動が展開される中、1ヵ寺が増えるということは、教線が増えるということで管区に勢いがつきます。また中村住職はかねてから宗門の地方行政に精通しており、さらなる活躍を期待しています」と語った。

illust-hitokuchi

2011年9月10日号

お彼岸法話

ほどこしは我が身のたすけ 仏性を呼び覚まし彼岸への一歩を
静岡市 感應寺住職 元日蓮宗宗務総長 伊藤 通明 師

喜びと悲しみ
 私が生まれた前年の9月1日は関東大震災でした。母のお腹の中で揺れを感じていたようです。
それから89年、東日本大震災の惨状をみて想い出したことは、第2次世界大戦であります。原爆、空襲によって失った街が古里が、そして無

数の人命が瞬時にして消え去った光景が重なってきました。反面、日本中に元気を与え世界を感動させたのは、サッカー第6回女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会でした。「がんばれ東北」が「頑張った東北」になる日を祈ってやみません。
時を同じくして、大関魁皇が史上1位の通算1047勝を挙げ多くのファンに惜しまれつつ土俵を去りました。彼は毎年総本山身延山の節分会に詣でご祈祷を受けている熱心なご信者さんです。
あの悠揚迫らざる風格は信仰している人の姿でしょうか。

信じるということ
「仏法の根本は信をもって源とす」とは宗祖のお言葉であります。信仰するということは、先ず「信じる」ことが肝要であります。
お題目の功徳・神仏のご加護を疑っていたのでは信仰になりません。救いはありません。
例えば、

病人が医師の薬を疑って飲まなければ病は治りません。薬の成分も効能もわからなくても医師を信じて飲むことによって、病が治るようなものです。
谷に落ちて助けを求めている人に綱を降ろして助けようとしたが、引く人の力を疑い綱が途中で切れないか疑って手を出さないようなものであります。先ずは、引く人の力(仏さま)を信じ、綱の強いこと(法華経の教え)を信じて綱に取りつくことで救われるのであります。
信無くして此経を行ぜば手無くして宝の山に入り 足無くして千里の道を企つるが如し。
何れも宗祖のみ教えであります。

迷いから悟りへ
さて、彼の岸とは悟りの世界であります。仏さまは私達の心の住居として十階(界)建ての建物を与えてくれました。然し、教えも道も求めないで生まれっぱなしの人は六階(界)までしか住めません。
腹を立てては地獄界・欲しい欲しいで餓鬼界・愚痴の心で畜生界・喧嘩をしては修羅界、少し落ち着いて人間界・嬉しいことで天上界、これが永続きしないで又地獄界。この六界を毎日登り降りしております。(六道輪廻)
ところが、法を聞き道を求めてゆくとその上の七階(界)

即ち、声聞界・縁覚界・菩薩界、そして最上階であります仏界にまで登ることが約束されております。
その方法として、6つの行をしなさいとお示しであります。その第1が「布施」の行であります。施すということは、自分の欲を捨てて他のために尽くすことであります。
お金や物だけでなくても、人の為に骨折ってやること、助言してあげること、優しい言葉づかい、慈しみ深い顔つき目つき、親切心、人を喜ばせる等々の行いは、その気になれば誰でも、何時でも、何処でもできる施しの行であります。
大事なことは、布施の中には「浄施」と「不浄施」があります。
浄施は、人に施すことが自分の喜びであると思う施しです。一方不浄施は、人に施すことによってその見返りを期待する施しであります。
人に物を施せば我が身のたすけとなる。人の為に火をともせば自分の前も明るくなる。
この行いを続けることで一歩又一歩と彼の岸に近づいてゆくのであります。
私どもの心の中には当然仏になる種と煩悩が同居しております。
盗んだオートバイで河川敷を走っていた少年が、川で溺れている子どもを見て、着衣のまま淵に飛び込んで助けた。混雑する駅の片隅で、うずくまっている人を、横目で見て通り過ぎてゆく人の中、かけ寄って救急車を呼んで助けた。彼は保護観察中の人でした。
2人の行為は、内に持っている仏の種がなせるものであります。
衆生の仏性は雲の中の水、土の中の金、石の中の火、木の中の華の如く隠れて見えずと雖も、仏性の蓮は衆生の身内に納まれり。
宗祖のおことばです。この仏性を呼び出して六道をさ迷うことなく彼の岸を目指して精進を誓いたい彼岸であります。
平成33年、日蓮聖人ご降誕800年を目指して、もう一寸頑張ります。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07