日蓮宗新聞

2011年9月20日号

法光寺(千葉県東金市)が日蓮宗に

中村住職「寺檀和融を旨に仏心を育てていただけるよう精進」と誓う

千葉県東金市の法光寺(中村寛秀住職)が日蓮宗に所属することが決まり、東京・大田区の宗務院で寺院所属辞令伝達式が9月6日に行われた。
法光寺は法華信者であった上総国(現千葉県中部)土気城主酒井定隆が長享2年(1488)に行った領内の寺院を全て法華宗寺院にする上総七里法華と呼ばれる宗教政策で他宗から法華宗に改宗した寺院の一つで、その後単立寺院となった。今回の日蓮宗への所属は中村海栄前住職と総代の日暮貞雄さんをはじめ檀信徒の強い思いを受け、寛秀師の代で実現した。
辞令を手渡した渡邊照敏宗務総長は「寺院が一つ増えるということは、法城の財が一つ増えたということ。甚々の感謝を申し上げます」と慶びを語り、中村住職が「寺檀和融を旨に檀信徒一人ひとりにお題目を宿し、仏心を育てていただけるように精進して参ります」と誓いを述べた。また「行事を一つひとつ増やしながらお寺を盛り上げていきたい」と意気込みを語った。
同席した当該管区である千葉県東部の冨永観瑞宗務所長は「宗門運動が展開される中、1ヵ寺が増えるということは、教線が増えるということで管区に勢いがつきます。また中村住職はかねてから宗門の地方行政に精通しており、さらなる活躍を期待しています」と語った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07