日蓮宗新聞

2011年2月20日号

本山瑞龍寺貫首に鷲津恵得師

初の男性門跡「宗門発展の力に」

「村雲御所」と称し、日蓮宗唯一の門跡寺院である本山瑞龍寺(滋賀県近江八幡市)の貫首に、鷲津恵得師(大阪府最妙寺前住職)の就任が認証された。

瑞龍寺は文禄5年(1596)、豊臣秀次の母瑞龍院日秀尼が、高野山で自刃したわが子の菩提を弔うために建立。この時、後陽成天皇から京都村雲の地と瑞龍寺の寺号を賜り、紫衣の着用と菊御紋の使用が許され、寺格は黒御所と定められた。昭和30年代、秀次が居城を築いた現在の八幡山に移築されている。
貫首は“門跡さま”と呼ばれ、後継者は皇族・華族から出て代々尼宮が住持する習わしがあり、先代の第14世鷲津日澄門跡まで代々尼僧が務めてきた。この度、日澄門跡が高齢となったため恵得師に交代。恵得師は初の男性門跡となった。
住職辞令伝達式が2月1日、東京都大田区の日蓮宗宗務院で行われた。渡邊照敏宗務総長は、「建物の老朽化が進み、ご苦労が多いと伺っていますが、瑞龍寺は尊い歴史のある寺院であり、日蓮宗としても大切に守っていかなければなりません。充分健康に留意して本山の護持にお務めいただきたい」と激励。鷲津新貫首は「宮内庁からも日澄門跡の体調をご心配頂いていましたが、交代が決まり安心しておられると思います。微力ですが護持丹精に努め、地元の滋賀管区はもとより、広くは宗門発展の力となれるよう精一杯がんばらせて頂きます」と抱負を語った。晋山式が4月20日に営まれる。
瑞龍寺の建つ八幡山は琵琶湖と近江平野が一望できる絶景の地。歴史や四季折々の風景がテレビで取り上げられ、近年麓からロープウェーや徒歩で登詣する観光客が増えている。恵得新貫首は「近江八幡市の観光協会と一層の連携を深め、多くの観光客にご参拝いただきたい。全国の檀信徒の皆さんもぜひ一度お参りください」と話している。

illust-hitokuchi

2011年2月10日号

各地で節分追儺式

「福は内! 福は内!」

立春を目前に控えた2月3日、全国各地で節分の豆まきが行われた。依然として出口の見えない経済不況、先行き不透明な世情。人のこころの歪みをあらわす事件・事故。そんな不安や悪い運気を払い福を呼び寄せようと、豆まき会場にはたくさんの福豆が飛び交った。日蓮宗でも各地の寺院・教会・結社に一年の幸福と社会の安穏を祈り願う参詣者が多数詰めかけた。来る春とともに福がやってきますよう、安穏な社会となりますように……。

 

総本山 身延山久遠寺

山梨県南巨摩郡の総本山身延山久遠寺(内野日総法主)の節分会では歳男・歳女合わせて約5,000人が参拝した。また特別ゲストとして、1月に大相撲史上初となる通算100場所勝ち越しを達成した魁皇関をはじめ、女優の荒木由美子さん、タレントの岡本玲さんらが参加した。
午後1時、本堂で内野法主猊下を導師に法要が営まれた。山静教区の修法師82師による迫力ある修法の冷めやらぬ余韻が堂内に残る中、内野法主猊下が井上瑞雄総務らと「除災得幸! 福は内!」と声をあげられ、参列者に向かって豆を撒かれた。境内での豆まきでは特別桟敷に魁皇関らが登場すると、全国から訪れた檀信徒らが歓声をあげた。内野法主猊下が時折、空を見上げ福豆を待つ子どもたちに笑顔を向けられながら、約9万袋の福豆が宙を舞った。
同節分会に毎年参加の魁皇関はケガなどの災いを得幸にかえる秘訣について、「何事も辛抱し、今自分がやっていることに対して自覚と責任をもって全うすることが大切。それが私が現役を続けられる理由の一つです」と全国の檀信徒に向けて語った。

 

大本山 池上本門寺

東京都大田区の大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)の節分追儺会には、各界の著名人や参詣者12,000人が訪れ、一年の招福と無病息災を祈った。
午後1時、歳男・歳女の行列が池上の町中を練り歩き池上本門寺へ。到着後、酒井貫首を導師に追儺式法要が営まれた。酒井貫首の御経頂戴に続き、修法師が堂内に響きわたる力強い祈祷を厳修。最後に酒井貫首らが堂内豆まきを行い、参列者の平安を祈念した。
午後3時、酒井貫首をはじめ法華一乗会佐藤ゆかり参議院議員、フリーアナウンサー小倉智昭さん、プロレスラーの佐々木健介・北斗晶さん夫妻、俳優の宇梶剛士さん、元横綱の輪島大士さん、卯年にちなんだ読売ジャイアンツの球団マスコットジャビット君らが全長50メートルもある特設桟敷から威勢よく豆まきを行った。参詣者は豆がまかれるたびに声をあげ、福を得ようと両手を伸ばしていた。

 

大本山 中山法華経寺

千葉県市川市の大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)の節分会には午後1時と3時の2回で、12,000人が参詣した。
追儺式は加行僧約170人が総出仕するなか、新井貫首を導師、太田順道加行所伝師を修法導師に祖師堂で営まれた。歳男・歳女200人をはじめ俳優の美輪明宏さん、歌手の槇原敬之さん、タレントのはるな愛さん、俳優の魔裟斗さん、風水建築デザイナーの直居由美里さん、大久保博市川市長などゲスト約40人は法要中、力みなぎる加持祈祷を受けて心願成就を祈願。加行僧による読経の大音声が全山に響いた。
その後、堂外に特設された張出しで、新井貫首の「福は~うち!」の発声で豆まきが始まると、境内に集まった人々は“福”を求め、一斉に手を伸ばしていた。
春の到来を思わせる境内は、明るい笑顔にあふれていた。

illust-hitokuchi

2011年2月1日号

「早朝追悼のつどい」「市民追悼のつどい」を開催

「無縁社会の中、人の絆を結び直したい」

16年を経た今こそ、人と人との絆、命の尊さを伝えるため、震災を語り継がなければ--。阪神・淡路大震災をきっかけに活動を始めたNPO法人災害危機管理システムEarth(石原顕正理事長=山梨県立本寺住職)は1月17日、今年も被災者とともに「早朝追悼のつどい」「市民追悼のつどい」を開催した。
「早朝追悼のつどい」が営まれた神戸市中央区の諏訪山公園は、大寒波の中にもかかわらず多くの参列者と報道陣に囲まれた。午前5時46分、全員で黙祷。アース製作による「神戸・希望の鐘」が、石原理事長、市民追悼のつどい実行委員会の安田秋成代表によって打ち鳴らされると、参列者がこれに続き、鐘の余韻と読経が周囲を包んだ。
「市民追悼のつどい」は午前10時半から神戸市婦人会館で行われた。安田代表は「仲間の供養を続けたい一心でここまで来た。震災に対する考え方に世代の格差も生まれているが、震災の教訓を風化させてはいけない。このつどいは続けていくことに意義がある」と決意を述べた。石原理事長を導師に僧侶7師によって声明中心の十七回忌法要と平安祈願修法が行われた後、ここでも参列者が次々と「神戸・希望の鐘」を打ち鳴らした。
このつどいは神戸市ポートアイランド第3仮設住宅での仲間の慰霊に始まり、平成12年から市民追悼式の形となった。「仮設住宅の自治会長として被災者の中心にいた安田さんとの出会いの縁からこれまで支援を続けられた。地域のつながりが薄れ、孤独死や不明高齢者などを生んでいる無縁社会の中、人の絆をもう一度結び直したい。今こそたとえ一滴のやさしさでも互いの心の中に仏の世界を見出すことが必要。これからも一自分の幸福よりも他人の幸福を願える人たちが増えるような社会づくりを目指していきたい」と石原理事長。震災から長い年月は経ったが、活動の原点である神戸との関わりはこれからも続く。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07