日蓮宗新聞

2010年12月20日号

星弘道師に栄えある文部科学大臣賞

“師僧の言葉を胸に精進”

星弘道師(東京都戒行寺住職)が第42回日展第五科「書」の文部科学大臣賞を受賞し、11月19日に東京・上野の芸術院会館で授賞式が行われた。
日展で当番審査員を1度務めると日展会員となり、3度務めてようやく評議員となる。その評議員のなかから選ばれるのがこの大臣賞で、日展内では最高の賞といわれている。栄えある受賞となった星師は「得度の際、師僧に頂いた“随所に主なれば立所皆真なり”を座右の銘に精進してきたことがこの受賞につながりました。この言葉に随い、これからも立場、立場のベストを尽くしていきたい」と話している。
作品は「小学之一文」と題された16の文字。意味するところは、「財物を得て子孫に遺すと、それに振り回されて災いとなることもある」というもので、朱子学をベースにした中国宋代の教訓的な言葉。日蓮聖人の「蔵の財よりも身の財の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり」(崇峻天皇御書)にも相通じる一文でもある。
受賞作「小学之一文」は日展の巡回展で鑑賞することができる。現在は京都市美術館で来年1月14日まで展示。1月19日から2月13日まで愛知県美術館ギャラリー(名古屋市)。2月19日から3月21日大阪市立美術館(大阪市)。以後、富山市、福岡市、水戸市、山形市の順に8月28日まで巡回展が行われる。

illust-hitokuchi

大坊本行寺貫首に中野日演師

「本行寺と宗門の発展へ、お力添えを」

東京都大田区池上の由緒本山大坊本行寺の貫首に中野日演師(静岡県伊東市廣宣寺住職)の就任が決まり、日蓮宗宗務院で12月2日、辞令伝達式が行われた。

東京都南部の石井康宗務所長に見守られる中、渡邊照敏宗務総長が辞令を手渡し、「中野上人とは宗会議員の仲間として、その活躍振りを承知しております。今までの経験を糧に本行寺と宗門の発展のために、一層のお力添えをお願い申し上げます」と祝辞を述べ、感無量の思いと結んだ。
中野師は「本行寺は日蓮聖人が最期の足跡を遺された場所です。池上本門寺と一体となって、全国の僧侶や檀信徒に知っていただき、より信仰を深めるためにお参りしていただきたい」と述べた。また「本来ならば、日蓮聖人は常陸で静養された後、さらに法華経の新たなる広宣流布のために全国に旅立たれたと思います。私はそのご遺志を受け継いで精進していきたい」と誓った。
中野師は昭和26年生まれ、59歳。立正大学仏教学部宗学科卒。昭和60年に廣宣寺住職に就任し、専任布教師、宗会議員、日蓮宗綜合財団評議員、国内開教対策委員会、宗教問題検討委員会などの委員を歴任した。師僧は本行寺第46世・中野顕文(龍宗院日攝)上人。

illust-hitokuchi

2010年12月10日号

妙養寺が日蓮宗に

“一緒に宗門運動に取り組んでまいりましょう”

広島県東広島市妙養寺(高橋泰誠住職)の日蓮宗所属承認辞令伝達式が10月28日、東京都大田区の日蓮宗宗務院で行われた。
最上稲荷を勧請している妙養寺は、先代の高橋泰養上人が日本三大稲荷として知られる岡山県妙教寺との縁により、昭和53年に開山した新しい寺院。
式では渡邊宗務総長が「このご縁は大変尊いと受け止めております。檀信徒とより多くの縁を結べるように、一緒に勉強して宗門運動に取り組んでまいりましょう」と祝辞を述べ、続いて高橋住職が「新たな気持ちでお題目の弘通を目指し、檀信徒と共にお題目を身に持ち続けていきたい」と誓った。
「檀信徒やお題目を唱える人たちに、霊山浄土や日蓮聖人の魂が宿る身延山へと続く道筋と絆を示したい」。“単立寺院か、日蓮宗か”悩んだ結果、高橋住職はこう答えを出した。さらに東広島市で初の日蓮宗寺院になるということもあり、「東広島市は安芸門徒の地域。お釈迦さまの慈悲の温かさ、法華経やお題目に縁が薄い人たちに法華経やお題目のありがたさを伝えたい」と熱意を語った。
同席した濱田壽教広島県宗務所長は「東広島市に日蓮宗の法城ができたことは、宗務所としても大変ありがたい。宗門や宗務所が作成する教箋などを十分に活用し、参拝者、地域の人たちにお題目の布教をしていただきたい」と語り、「日蓮聖人や身延山に縁のある人、縁を作る人がどんどん集まってくれるのでは」と妙養寺の前途を期待した。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07