日蓮宗新聞

2010年8月10日号

川施餓鬼

全国各地で夏の夜を彩る花火大会が開かれた7月24日、静岡市内を流れる安倍川でも「第57回安倍川花火大会」が盛大に開催され、大勢の見物客を魅了した。
この花火大会は、同市感應寺(伊藤通明住職)の川施餓鬼かわせがきが起源と伝えられている。そのルーツは江戸時代に遡り、天明(1781~89)から天保(1830~44)にかけて続いた天変地異を鎮めるため、天保2年(1831)、平安を願って感應寺門前にお題目を刻印した「諸霊供養塔」が建てられた。
隔てて大正12年(1923)、関東大震災が起きた。指物職人だった感應寺檀徒・小田万蔵氏は東京での修業時代、世話になった親方や仲間が横死したことを悼み、供養塔の建立を一念発起。感應寺をはじめ近隣の日蓮宗寺院や講中、職人仲間の協力を得て寄付金集めに奔走し、被災者の3回忌にあたる同14年9月1日、悲願叶って安倍川堤防に「南無妙法蓮華経 関東震災横死者供養塔」を建立。碑文を染筆したのは身延山81世・杉田日布上人だった。前述の「諸霊供養塔」もこれを機に移転再建され、二棹の塔を前に、数千の人が参列する中、大供養会が営まれた。このとき供養のために打ち上げられた花火が、安倍川花火大会のはじまりだという。
それから85年。たくさんの人々の思いを紡いできた川施餓鬼が、今年も行われた。
法要に先立ち、身延山大学「行学寮」の学生20人が、じりじりと照りつける炎天下を感應寺から供養塔まで約2キロを唱題撃鼓しょうだいぎゃっく。その後、安倍川河川敷で伊藤住職を導師に施餓鬼法要が厳かに営まれ、供養の読経が川面に響いた。

 

船上で読経・供養のお題目(東京 法恩寺)

日本各地で猛暑日となった8月5日、東京の隅田川で川せがき精霊しょうりょう供養が行われた。
この法要は東京・墨田区の法恩寺(鈴木貫元住職)が、震災や戦災で亡くなった多くの御霊みたまに供養を捧げるため毎年営んでいるもので、今回で19回を数える。
隅田川周辺では現在東京スカイツリーを建設中。変わりゆく街並みにあって忘れてはならない平和への祈りを捧げた。
午前11時、檀信徒など約150人の参列者が浅草駅近くの吾妻橋で台船に乗船。約6キロを1時間半ほどで往復した。
法要は鈴木住職を導師に営まれ、船いっぱいの参列者は大粒の汗をかきながら心を込めて読経し、お題目を唱えた。
途中、墨田区向島に架かる桜橋では僧侶や檀信徒約50人が待機。その中には戦争中の自らの思い出に思いを馳せる人、両親を失った人などそれぞれの思いを載せて散華供養をした。
船上での昼食をはさみ、参列者は再び読経・唱題し、供養のお題目を川面に響かせた。
鈴木住職は法要後、「皆さまのご協力により19回目を迎えることができました。この隅田川の歴史のなかには犠牲になった数多くの人たちがいます。『私たちを忘れないで』、ゆらゆら揺れる水の紋様がそう話しかけている気がします。今の私たちにできることは、隅田川に遺されたさまざまな思いに向かって、そっと手を合わせお題目を唱えることです。この夏もそしてこれからも、私たちはこの川に感謝を捧げます」と語っていた。

illust-hitokuchi

2010年8月1日号

田中日淳猊下がご遷化 日蓮宗第48代管長、大本山池上本門寺第81世貫首

日蓮宗第48代管長、大本山池上本門寺第81世貫首を務めた田中日淳猊下が7月18日、ご遷化された。世寿97歳。法号は本隆院日淳上人。20日午後6時から東京都大田区の照栄院(石川恒彦住職)で通夜、21日午前11時から本葬儀が営まれた。
敗戦後、シンガポール・チャンギー刑務所で処刑される日本軍人等の教誨師を務めた田中猊下。異国の地で最期を待つ受刑者の遺書を命がけで持ち帰り、生涯にわたって遺族・関係者の救済に心血を注いだ。通夜・本葬儀には全国から大勢の参列者が訪れ、猊下の遷化を悼み大きな遺徳に思いを馳せた。

田中猊下は大正3年、北海道生まれ。信仰篤い母親の願いで日蓮宗寺院に預けられ出家、池上本門寺塔頭の照栄院から立正大学仏教学部に通学した。
昭和15年応召。幹部候補生に選ばれ仙台の予備士官学校を卒業後、見習士官となると航空兵に転科。訓練の後にシンガポールにあった第三航空隊軍司令部勤務となった。
終戦を迎え、僧侶であることから司令部に要請されチャンギー刑務所の教誨師に。BC級戦争犯罪人とされた日本軍人等の最期をみとった田中猊下は、「彼らの最期の思い、最期の言葉を遺族に届けたい」の一心で、家族や友人に宛てトイレットペーパーや本の切れ端などに書かれた遺書を持ち出し寝る間を惜しんで書き写した。遺書はすべて焼却される決まりで、露見すれば自らも危機にさらされる状況のなか持ち帰られた写しは約120通にのぼる。
昭和22年9月に復員、11月に照栄院住職に。立正学園女子高等学校教諭を経て、昭和28年から池上本門寺に勤務。戦争で失われた伽藍の復興に力を注ぎ、執事長、宗祖第700遠忌協賛会事務局長を担い長きにわたり奉職した。
昭和63年4月に池上本門寺第81世貫首、平成7年12月には第48代日蓮宗管長に就任。管長就任の翌年は立教開宗750年慶讃事業が実動に入り、慶讃会実行委員会の総裁として陣頭指揮にあたった。
一方で、元戦犯の遺族や関係者にはどんなに忙しくても面会。昭和58年、照栄院内にチャンギー殉難者慰霊碑を建立した。
平成11年に管長、同12年に貫首を退任後は、後進の指導に専心していた。
日蓮宗宗務顧問、日蓮宗綜合財団理事、立正大学学園総裁、チャンギー慰霊会会長、日韓仏教交流協議会会長など数々の要職を歴任。特別大法功章受章、大僧正を叙任。
通夜が照栄院で7月20日、本山大坊本行寺前貫首の伊澤日祐師を導師に、翌21日には本葬儀が池上本門寺の酒井日慈貫首を導師に執り行われた。
日蓮宗管長の内野日総総本山身延山久遠寺法主、渡邊照敏宗務総長をはじめ約300人が参列する中、酒井貫首は嘆徳文で、戦災で焼かれた池上本門寺の復興に尽力した功績を讃えた。また田中猊下が日頃から「僧侶の本分は人づくりにある」と語っていたことに触れ、そのための法華経法話を毎週実践されていた姿を偲んだ。
田中猊下とともにチャンギー刑務所で韓国・朝鮮籍でありながら日本人の戦犯とされた人たちの救済にあたっている同進会の李鶴来会長が弔辞に立ち、境遇を理解し応援してくれたことに感謝を述べた。報恩の唱題が捧げられる中、参列者の献花でお別れを惜しんだ。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07