日蓮宗新聞

2010年5月10日号

第89世安藤日瑛師の普山式

京都市本山頂妙寺 500遠忌事業の円成を

【京都一】春景色うららかな京都市本山頂妙寺で4月24日、第89世安藤日瑛師の晋山式が盛大に営まれ、全国から僧侶檀信徒約400人が参列した。
安藤新貫首は愛知県名古屋市妙行寺の第33世。式中の奉告文で「受け難き人身を受け、値い難き妙法を受持するを得たる門下の使命を識り、永田日洵猊下発願の開山日祝上人500遠忌事業を円成させ頂妙寺伽藍法城の護持に天命をかけたい」と決意を述べた。
渡邊照敏宗務総長は「開山日祝上人500遠忌に向けて安藤新貫首の手腕を発揮し、円成してください」と語り、全国本山会を代表して静岡県富士市本山實相寺貫首の豊田日穂師が「頂妙寺のますますの発展を」と宗門並びに寺門繁栄に期待を込めた。
続いて、頂妙寺総代の井川鐘造氏が「頂妙寺の参与となられてから安藤上人には大変お世話になっております。これからは貫首さまとして私たちをご指導ください」と挨拶した。
式終了後、祝賀会が市内のホテルに場所を移して催され、京都門下連合会を代表して松下日肆師(本門法華宗大本山妙蓮寺貫首)、新井日湛師(千葉県市川市大本山中山法華経寺貫首)、伊丹日章師(京都市本山本満寺貫首)が祝辞。新貫首の孫の大原一乗君と清田博美さんから花束が贈られた。
その後、南條日慈師(京都市大本山妙顕寺貫首)の乾杯が行われ、鏡割りや京都先斗町の舞妓による祝舞など盛りだくさんの催しで安藤新貫首の晋山を祝った。最後は達師法縁京都支部長の新林錬昭師の万歳三唱で締めくくられた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07