日蓮宗新聞

2010年4月20日号

全日青、テニアン島で戦没者慰霊平和宣言大法要

全国日蓮宗青年会(光岡潮慶会長)は3月4日、北マリアナ諸島テニアン島で戦没者慰霊平和宣言大法要を厳修し、青年僧と寺庭婦人43人が参列した。
サイパン島に近いテニアン島は、人類史上初であり唯一の、原子力爆弾を投下した二機のB-29爆撃機が広島と長崎へ飛び立った場所。
平成8年には名古屋市の日蓮宗檀徒の発願により、島の南端・カロリナス岬に太平洋戦争戦没者慰霊碑が建立された。
今回は千葉県本山藻原寺の持田日勇貫首も特別参加し、慰霊碑前で法要が行われた。慰霊碑の左には崖一面に広がる艦砲射撃の跡。強い陽ざしの中、青く美しい海とのコントラストが強い印象を残した。
式中、全国で集められた核兵器廃絶の署名奉奠や法楽加持、平和宣言文の奉読が行われた。お題目唱和の中、持田貫首を先頭に参加者全員が散華行堂を行った。
岬の下から吹き上げる強風は全国から奉納された散華を空高く舞い上げ、色とりどりの花びらは、艦砲射撃の跡を覆い隠すかのように崖に吸い込まれていった。
式の最後には光岡会長から立正平和の会(河﨑俊栄理事長)の河﨑俊宏師(石川県妙相寺住職)に集められた署名が手渡され、5月にニューヨークで開催される核不拡散再検討会議への提出が約束された。
その後、一行は島の北端へ。わずか30分足らずのその道程は、65年前に原子力爆弾を運んだ道。草に覆われた古い滑走路を通り抜け、コンクリートで舗装された広場に到着した。
そこには風化を防ぐガラスに覆われた四角い穴が二つ、ひっそりと残されていた。それが広島へ飛び立った「エノラゲイ」に原爆を搭載した第一ピット、そして長崎へ向かった「ボックスカー」に搭載した第二ピットの跡。それぞれにお題目を唱和し、戦没者への回向と平和への祈りをささげた。
涙を浮かべながらお題目を唱える参加者たち。そこから「まさにここが人類の苦しみの原点。私たちはここを再出発の場としなければならない」との声が聞かれた。

illust-hitokuchi

法華一乗会と日蓮宗内局懇親会   「強い社会をつくるには心をつなぎ止める宗教が必要」

日蓮宗檀信徒の国会議員などで構成される法華一乗会と日蓮宗宗務内局の懇親会が3月24日、東京・赤坂のホテルで行われた。法華一乗会からは谷垣禎一自民党総裁をはじめ森英介議員、逢沢一郎議員、武見敬三氏、佐藤ゆかり氏が出席。また自民党から大島理森幹事長、河村建夫前官房長官が出席し、渡邊照敏宗務総長をはじめとする内局と会談した。
谷垣総裁は参議院選挙に全国区比例代表として立候補する佐藤氏の応援を依頼。それに対し渡邊宗務総長はこの仏縁に報いることを約束し、法華経の教えに基づく善政を、と期待を込め激励した。
その後、積極的な意見交換も行われ、有意義な懇親会となった。
◇   ◇
佐藤ゆかり氏に話を聞いた。
――3月15日に身延山にお参りされた際、どのように感じましたか?
「数年前、父とお参りできなかったことを思い出し、感無量でした。法主猊下にお会いできて、激励のお言葉をいただきました。実は私の菩提寺の東京都東郷寺(南部光徹住職)は法主猊下の実弟のお寺。若い頃から家族を巡る歴史が、法華一乗会を通じて一本の糸のようにつながったような気がします」
――信仰についてはどのようにお考えですか?
「強い社会をつくっていくためには、心を強くつなぎ止める宗教が必要。これは日本で一番見失われている尺度だと思います」
――日蓮宗に対するご意見は?
「日蓮聖人のみ教えが、社会の安寧やさらなる発展の礎となるように、僧侶や檀信徒の皆さま方とともに頑張っていきたい」

illust-hitokuchi

2010年4月10日号

立正大学入学式 「建学の精神」胸に

山崎和海新学長に交代した立正大学の平成22年度入学式が4月1日、埼玉県の熊谷キャンパスで午前・午後の2部に分かれて行われた。今年度の入学者は2685人(うち仏教学部は134人)。
校歌斉唱後、山崎学長が式辞で立正大学の「建学の精神(真実を求め至誠を捧げよう、正義を尊び邪悪を除こう、和平を願い人類に尽くそう)」が日蓮聖人の『開目抄』の「三大誓願」に由来することを説明。立正大学のグランドビジョン“モラリスト×エキスパートを育む”のモラリストを“自らを前向きに律することができる人”と定義し「社会と人間の幸福のために自らの専門性を最大限発揮できるような人になって下さい」と立正大学の目指す学生像を述べた。
続いて新入生代表が宣誓。「建学の精神“真実・正義・和平”をいつも胸に秘め、自分たちの可能性に最大限挑戦していきたい」と意気込みを表明した。
立正大学学園総裁・酒井日慈日蓮宗管長猊下の祝辞を名代・関谷泰教日蓮宗宗務院伝道局長が読み上げた後、及川周介立正大学学園理事長が「昨秋、硬式野球部が東都大学野球一部リーグ優勝という念願を果たし、さらに神宮大会で優勝、日本一となりました。学園歌に“明日の春/明日の春/額に汗して待つを知る”とありますが、これは皆さんのことをいっています。勉学研究の成果は将来の姿に結果として必ず表れます」と激励の言葉を送った。
今回の入学式は聴覚障がい者に対する手話同時通訳が行われるなどの配慮がなされた。キャンパスのバリアフリー化などをすすめる「熊谷再開発事業」は今年度に完成する予定。著名な建築家・槇史彦設計の旧校舎は耐震補強工事などで残しつつ、キャンパス中央にある18号館が取り壊され、バス停から校舎まで雨に濡れずに移動できるようになる。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07