日蓮宗新聞

2010年2月10日号

大本山池上本門寺で節分追儺式

東京都大田区の大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)の節分追儺会には、各界の著名人や参詣者1万人が訪れ、1年の招福と無病息災を祈った。
午後1時、歳男・歳女125人が池上の町中を練り歩き池上本門寺へ。到着後、酒井貫首を導師に追儺式法要が営まれた。酒井貫首の御経頂戴に続き、修法師が堂内に響きわたる力強い祈祷を厳修。最後に酒井貫首と副導師の秋山文孝池上法類会議長(新潟県妙行寺住職)、山内寺院代表の山田潮亮師(大田区厳定院住職)が堂内豆まきを行い、参列者の平安を祈念した。
 午後3時、酒井貫首や元横綱のプロレスラー曙さんをはじめ歳男・歳女、プロレスラーの佐々木健介さん、タレントの松本伊代さん、北斗晶さん、歌手のミッキーカーチスさん、元横綱の輪島大士さん、松原忠義大田区長らが全長50メートルもある特別桟敷から威勢よく豆まきを行った。参詣者は豆がまかれるたびに声をあげ、福を得ようと両手を伸ばしていた。
歳男・歳女として家族4人で訪れたという母親は「家族全員が健康で笑っていられることが、私にとって何よりもの福です」と話していた。

illust-hitokuchi

総本山身延山久遠寺で節分追儺式

総本山身延山久遠寺(内野日総法主)の節分会には歳男・歳女を含め約5000人が参詣した。1月場所で815勝をあげ、幕内通算史上単独1位を記録した魁皇関も例年通り登場。昨年落慶を迎えた五重塔が偉容を誇る境内は、冬の寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた。
はじめに法要が午後1時から、本堂で内野法主猊下を大導師に営まれた。山梨・静岡両県の修法師90人と山内支院の僧侶が出仕して、お堂を埋めた参詣者の家内安全と身体健全を祈願した。
その後、境内に設けられた特別桟敷で3回に分けて行われた豆まきには、信徒や地域住民が多数つめかけた。
内野法主猊下がゲストの魁皇関、女優・高橋由美子さん、タレント・森下千里さん、原愛佳さんらとともにお出ましになられると、参詣者から大きな歓声があがった。「福は~内! 福は~内!」のかけ声に合わせ、用意された約8万5千袋の福豆がまかれ、手にした参拝者は、ありがたそうに大事にしまい持ち帰っていた。

illust-hitokuchi

2010年2月1日号

神戸・希望の鐘初披露 街に鐘の音と慰霊の読経

阪神・淡路大震災から15年を迎えた1月17日午前5時46分、神戸の市街地を一望する中央区諏訪山公園から、澄んだ鐘の音が響き渡った。被災直後から救援活動を行い、毎年、被災者と共に市民追悼のつどいを営んできたNPO法人災害危機管理システムEarth(石原顕正理事長=山梨県立本寺住職)が製作した「神戸・希望の鐘」がこの日初めて披露され、関係者・被災者の手によって打ち鳴らされた。深く伸びる鐘の余韻が周囲を包む中、参列者は悲しみをかみしめるように頭を垂れ手を合わせていた。
アースは17日、地震発生時刻に「早朝追悼のつどい」と、午前10時から神戸市勤労会館で「市民追悼のつどい」を行った。仮設住宅で石原理事長一人の読経による慰霊は、平成12年以降市民追悼式となって現在に至り、アースと被災者ネットワークが実行委員会(安田秋成委員長)を結成し準備にあたっている。昨年アースは「被災の教訓が風化することのないよ、形あるものを後世に残したい」と鐘の鋳造を発願、賛同の浄財が寄せられ完成に至った。
早朝追悼のつどいは、多くの参列者と報道陣に囲まれ営まれた。神戸市街を眼前に、ご宝前と希望の鐘が設置され、参列者が黙祷する中、石原理事長が鐘を3打。続いて安田実行委員長と参列者によって次々と打ち鳴らされる鐘の音が、アースメンバーによる読経とともに、6434人が犠牲となった神戸の地に染みわたった。
 市民追悼式も多くの参列者が会場を埋め尽くした。安田実行委員長は「我々は6400人の犠牲の上に生きていることを忘れてはなりません。生きている限りこのつどいを続けていきます」と挨拶。石原理事長は「事件・事故が多発し、年間30000人が自殺するという現実に追い討ちをかけるように、自然の猛威が大きな被害をもたらしています。犠牲者への鎮魂、平和な社会実現への祈りを捧げることが我々の使命です。多くの人が鐘の響きとともに祈りを捧げ、支え合っていくきっかけとなるよう願っています」と鐘にこめた思いを語った。
続いて僧侶と筑前琵琶奏者・川村旭芳氏による音楽法要が営まれ、ここでも参列者全員で祈りの鐘を打ち鳴らした。
この日ご宝前に、一体の観音像が安置された。持ち主は、毎年つどいの先頭に立っていた植本千恵子さん。植本さんは15年前、倒壊する自宅の中で観音様でできた隙間で助かったという。仮設住宅での慰霊祭も見守った観音さまだった。復興住宅に移ってからも高齢者の世話役として孤独死の見張り番をしていた植本さんは一昨年亡くなった。83歳の孤独死だった。「今年もこのようにつどいを開くことができて植本さんも喜んでいると思います」と安田実行委員長は目を潤ませた。
「鐘の音色に15年の苦しみと悲しみが込められているようで何とも言えず心に響きました」「懺悔の気持ちで鐘をつきました。生き残って多くの人に助けていただいたのに、私は何もできませんでしたから」「被災当時のことを話せるようになったのはここ数年です」「仮設住宅の時からこの法要を毎年心待ちにしています」と語った参列者の声。震災の痛みがいまだ続いていることは明らかだ。犠牲者にとっても残された者にとっても大事な意味を持つ1月17日。「元被災者、遺族の願いである限り続けたい」。これからも石原理事長はこの大事な一日を市民とともに過ごしていくつもりだ。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07