日蓮宗新聞

2009年12月20日号

「日蓮と法華の名宝」展 大盛況のうちに閉幕

京都国立博物館で開かれていた特別展覧会「日蓮と法華の名宝」が11月23日に閉幕を迎えた。総拝観者数は88187人。連日約2000人でにぎわい、特に最終日にかかる3連休には10000人が来場。予想を上回る大盛況となった。
23日の閉館後、法華経にまつわる宝物が一堂に会した1ヵ月を締めくくる閉会式が行われた。展示中央室に遷座された院興作・日蓮聖人坐像(京都市本山妙覺寺蔵)を前に、日蓮聖人門下連合会常任理事、同博物館佐々木丞平館長、来賓の新井日湛師(千葉県大本山中山法華経寺貫首)ら約20人が参集。日蓮聖人門下連合会理事長の小松浄慎日蓮宗宗務総長を導師に、開会式が行われた。
小松理事長は、門外不出の国宝『立正安国論』を奉展した新井貫首、また京都16本山をはじめ快く寺宝の出展に協力した寺院に深い謝意を表し「日蓮聖人につながる大きなご縁をいただきました。無事にこの時を迎えられたことに厚く感謝申し上げます」と挨拶した。
新井貫首は奉展に際しての周囲の尽力に御礼の言葉を述べ、最後に佐々木館長が「多くの方に日蓮聖人の真髄に触れていただいたことは、携わった者としてうれしい限りです。宝物を事故なく完全な形でお届けするよう気を引き締めます」と語った。
中山法華経寺には国宝『立正安国論』が無事帰り、11月30日、『立正安国論』納所之儀が営まれた。
また、「日蓮と法華の名宝」展にあわせ、京都市本山本法寺(大塚日行貫首)で開催されていたハーバード大学燕京図書館所蔵ペツォールドコレクション特別展示も、連日団体参拝などでたくさんの拝観者が訪れ、11月22日に閉幕。同図書館にコレクションとして保存されている日蓮宗関係の宝物の中から一時的に日本に里帰りを果たした5点は、ふたたび燕京図書館へと旅立った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07