日蓮宗新聞

2009年8月20日号

本山大坊本行寺 第50世貫首に山村日珠師

法灯継承晋山奉告大法要
酒井日慈管長猊下が祝詞

日蓮聖人ご入滅の聖地、本山大坊本行寺の貫首辞令交付式が7月9日、東京・大田区の日蓮宗宗務院で行われた。第49世の伊澤日祐師が退任して自坊の南之院に隠住し、新たに東之院住職だった山村日珠師が第50世貫首となった。
8月2日には「第50世山村日珠猊下法灯継承晋山奉告大法要」が盛大に行われ、僧侶200人、檀信徒250人が参列した。
酒井日慈日蓮宗管長猊下(大本山池上本門寺貫首)は祝詞で、伊澤師を「池上が誇る三人のうちの一人」、山村師を「頭脳明晰で本門寺における功績は列挙に暇がない」と評した。
石井隆康東京南部宗務所長は伊澤、山村両師との身近なつきあいを示し、喜びを表した。
大坊顕の字法縁代表の山田潮亮師は、大坊本行寺のたどった歴史を示し、これからの隆盛を期した。
檀信徒代表、総代世話人の小倉恒雄氏は山村師を迎える心強さを語った。これに応え山村師は挨拶で自らの半生を述べ、新貫首として常精進することを誓った。その後祝宴がもうけられ、盛大のうちに閉式した。
これまで日珠師が住職をしていた東之院は、山村栄慎師が新住職となった。

illust-hitokuchi

2009年8月10日号

第5回全国布教スピーチコンテスト

「優秀賞」に坂井是真師
パーソナリティー賞もダブル受賞

日蓮宗布教専修師会(高田恵尚会長)は第5回全国布教スピーチコンテストを6月29日、東京都大田区の日蓮宗宗務院で開催し、僧侶6人が法話を発表、約50人が聴聞した。
このコンテストは、僧侶にとって大切な使命は「仏教を伝える」ことにあると再確認し、言葉で伝えるための「技術」と「内容」の研鑽を積もうと4年前から開催されている。今回は過去4大会で入賞歴のある者に発表者が限定され、6地域から6人を選抜。さながらチャンピオン大会を思わせるハイレベルなコンテストとなった。
今回の課題は「“今”を見る」。混沌とした現在、さまざまな事件・事象が起こっている。目の前にある“今”を見つめ、そこにある問題を示し「仏教を伝える」ことを目的に、発表者は法話を作成した。例年通り学生など一般未信徒10人と僧侶が審査員を務め、洞察力、構成力、説得力、表現力、提示力、宗教性の6項目についてそれぞれ6段階の点数形式で評価を行った。持ち時間は20分間。
全員のスピーチ終了後、審査結果が発表されるまでの約30分間は、出場した6師と一般審査員10人との質疑応答の時間が設けられた。一般未信徒の仏教に対する素朴な疑問への応対は、双方にとって有意義な時間となった。
一般審査員から最高得点を得た者に与えられる「優秀賞」には「寸心」をタイトルに話した坂井是真師(福井県妙智寺住職)が選ばれた。坂井師はことわざの紹介にはじまりテンポのいいスピーチで聴衆を引き込み、「特に個性・ユーモア・勢いを感じた」者一名に与えられる「パーソナリティー賞」も同時受賞した。僧侶審査員から最高点を得た者に与えられる「会長賞」を受賞したのは「身を忘れる」をタイトルに、他人を救うという正しい知見について話した鶏内泰寛師(京都府法性寺内)。
最後に特別審査員の山田恵淳師(秋田県妙倉寺住職)が講評に立ち、各発表者のスピーチに高い評価を与える一方で、「ボードなどを上手に利用していたのは現代風だが、スピーチそのものが本道であることを忘れないように」とアドバイスを送った。

illust-hitokuchi

中央檀信徒研修道場開く

一緒に学び、喜びを感じとって

 日蓮宗宗務院主催の「平成21年度第1回中央檀信徒研修道場」が6月30日から7月2日まで、千葉県大本山清澄寺(中條令紹別当)で開催され、全国から教区檀信徒研修道場修了者45人が参集した。
今回の主任講師は渡邊義俊師(熊本県妙國寺住職)、講師は鈴木浄元師(神奈川県蓮久寺住職)。
開講式では斉藤憲一宗務院伝道部長が、お題目発信の聖地・清澄寺で中央檀信徒研修道場に参加する意義を説き、お題目流布のリーダーになってほしいと激励した。次に中條別当の挨拶。論語の言葉「3人いれば必ず我が師あり。その善なるを選びてそれに従い、不善なるものはこれを改む」を示し、団体行動を通して新しい視点を得ることの重要性を説いた。最後に渡邊主任講師が「清澄で一緒に学び、信じ、行ずるところの喜びを感じとってほしい」と締めくくった。
3日間の研修では、法華経講義、ご遺文講義、法話、読誦行、書写行、諸堂参拝など盛りだくさんのスケジュールに、参加者は研修のつらさと同時に充実感を味わった。
法華経講義で渡邊主任講師は、あじさいの一輪が小さな花の集まりであることを述べ、「皆さん全体で大きな毬のような花を咲かせてほしい」と前置きし、法華経の迹門の中心「方便品」と本門の中心「如来寿量品」について解説した。また2日目の講義では、法華経の修行法として五種法師(受持、読、誦、解説、書写)を紹介・説明した。
鈴木講師のご遺文講義では、日蓮聖人が清澄寺で立教開宗したのは、虚空蔵菩薩に対する誓願があったから、とそのご生涯が“報恩思想”に貫かれていることを強調した。
中條別当は法話で「ものの見方は多種多様だから、私たちは判断力を磨かなければならない。幸せとは足るを知ること。これは法華経の現状肯定とつながる」と語った。
夕食の後には法座が設けられ、自己紹介をして親睦を深めた。計32回も研修道場に参加している人や、強烈な信仰体験をもつ人もいて、渡邊主任講師は「信仰仲間どうしでお互い助け合う姿こそが、立正安国・お題目結縁運動を担う人の姿です」と総括した。
朝は3時半に起きて旭が森へ。2日ともご来光には恵まれなかったが雨は止み、参加者は一心にお題目を唱え、宗祖のお志に思いを馳せていた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07