日蓮宗新聞

2009年7月20日号

世界開教師会議

世界各地で日蓮宗の布教に尽力
「開教師」が一堂に

 世界各地で日蓮宗の布教に尽力している「開教師」が一堂に会する世界開教師会議が6月8日から11日まで開かれ、22人が参集した。
現在、海外の日蓮宗の拠点はアメリカ・カナダ・ブラジル・ドイツ・イタリア・イギリス・インド・スリランカ・マレーシア・インドネシア・シンガポール・韓国の12ヵ国30ヵ所。日蓮聖人の大願「一天四海皆帰妙法」の実現を目指し、25人程の開教師が孤軍奮闘している。
8日には東京・大田区の日蓮宗宗務院で会議が開かれ、日蓮仏教の普及を行う僧侶を「国際布教師」と呼び、日蓮宗組織の拡張を行う僧侶を「開教師」とする等、規程改正に関する説明がなされた。
9日の午前中は品川区の立正大学で、海外の布教拠点を統括するアメリカ・カリフォルニア州の開教布教センターの平井智親センター長が、海外布教の後方支援活動について報告。ブラジルでの沙弥セミナー、欧州での檀信徒研修など世界各地で研修を行っていることや、宗内各組織との連携を積極的に図っていることなどを紹介した。意見交換の場では、日本語と英語以外の教材の不足や、北米以外では研修会の機会が少ないことを指摘する声が出たほか、信徒の士気を高めるため、宗務院幹部の定期的な巡回を求める声が多く出た。
同日午後は、『立正安国論』奏進750年記念として同学の石橋湛山記念講堂で行われた「記念講演&シンポジウム」(7月10日号に既報)に出席。
10日の午前中は千葉県市川市の遠壽院(戸田善育住職)で、日蓮宗声明師会連合会(木村圓雅会長)指導のもと「法式声明研修会」が行われた。普段一人で法式を執り行うことの多い開教師のため「単独で行う通常法務」をテーマに、入堂の作法やお数珠の持ち方、発音のタイミングなど細かい指導がなされ、開教師らは講師の一挙手一投足に見入っていた。
同日午後は、前日に続き『立正安国論』奏進750年記念として同市の大本山中山法華経寺(新井日湛貫首)で営まれた宗門法要(6月20日号に既報)に参列した。
◇   ◇
 11日は日蓮宗開教布教センター(平井智親所長)主催の教化シンポジウム「日本と海外の新たな教化の試み」が宗務院で開催され、開教師と国内僧侶約90人が参加した。
金井勝海師(北米開教区長)、光岡潮慶師(全国日蓮宗青年会会長)、松永慈弘師(日蓮宗青少年教化ネットワーク常任委員事務局次長)、林秀文氏(松坂屋個人情報管理委員会事務局)の4人がそれぞれ約30分の講演を行った。
金井師は北米開教区の現状と、「現在帳」を作り信者の誕生日や家族構成などを把握し布教に役立てていることを報告。光岡師は青年会の取り組みを解説。「尊い教えを説いて信用を得る」から「信用を得てから教えを説く」とし、まずは僧侶が社会的信用を得る活動からはじめることの重要性を話した。
松永師は自身の布教活動としてホームページを活用していることを話した。単にホームページを開設するだけに留まらず、個性やそれぞれの得意分野を活かし、結果を急がず最終的に布教になればいいというスタンスが大切であるとした。林氏は個人情報の管理について法規制が強化されたことについて解説。寺院運営にあたって留意すべき個人情報の管理について話した。
その後、三田村昌鳳師(日蓮宗国際ネットワーク事務局長)をコーディネーターに講師4人をパネラーにしたシンポジウムを行った。一見すると関連性の薄い4人の講演が三田村師のリードで巧みに関連づけられ、聴講者には布教を展開し寺院や教会を運営する上で示唆に富む研修となった。

illust-hitokuchi

2009年7月10日号

インド日月山法輪寺 勧募支援呼びかけ

お釈迦さまが初めて法を説かれた初転法輪の地、インド・サルナートに建つ日月山法輪寺(佐々木妙定主任)。故・佐々木鳳定上人によって艱難辛苦の末に開山された法輪寺で、仏舎利塔建立工事が費用不足のために滞る事態に陥っている。建設委員会では広く勧募支援を呼びかけ、事業の完遂を目指している。
佐々木鳳定・妙定両師がインドに渡ったのは昭和42年。「インドで誕生した仏教が中国・日本に渡り、やがて末法には仏教がインドに帰って広まる」という日蓮聖人のお言葉に感動し、インドにお題目の道場を建立しようと発願。日本・インドの各地を足で歩き浄財募金を行った。両師の苦労を知った東京・池上の本山大坊本行寺の松本日善貫首(当時)が建設委員長となって平成4年11月に本堂と庫裡が完成。平成9年にはアジアで初の日蓮宗寺院として承認された。
中断している第2期工事は、土地を拡張し教育・医療・宿泊施設を併設した仏舎利塔を建立するもの。平成15年に遷化した鳳定師の思いを受け、本山本行寺の伊澤日祐前貫首を中心に第2期工事建設委員会が結成された。しかし、施工三分の一のところで世界的大不況の影響を受け工事費の不足が発生。施工をインドの業者に振り替えるなどの方策を尽くしたが、総工費1億円のうち約4千万円の不足でやむなく工事を中断した。
「お祖師さまの誓願を胸に自分の命を捧げてこの浄業を完成し、宗門の布教道場として法輪寺を盛り上げたい」と、インド開教への決意を一層強く心に誓う佐々木主任。第2期工事建設委員会では「法輪寺はお釈迦さま初転法輪の聖地として日蓮宗の貴重な布教の拠点であり、青年僧侶の修行の場としても大いに活用していただきたい」と協力を呼びかけている。

illust-hitokuchi

佐渡の日蓮聖人大銅像 創立6周年の記念法要

新潟県佐渡市に建つ日蓮聖人大銅像の格護にあたっている「佐渡銅像護持会上行講」(若松宏泉代表=北海道妙心寺住職)は5月12日、創立6周年の記念法要を行った。
前日から佐渡入りした会員は、毎年春先から盛んになる佐渡観光を前に、礼拝殿と境内の清掃に汗を流した。
記念法要には福岡県本岳寺(立野良顕住職)の団参も参列。本岳寺の地元博多には明治期に建立された日蓮聖人銅像があるが、それよりも大きな佐渡銅像に驚嘆の声が上がっていた。今年90歳になる立野住職の母・俊子さんは「お檀家や娘と共に、息子である住職、孫の副住職に連れて来てもらいました。この年まで元気で長生きできたのもお題目のおかげ。普段お参りしている博多の銅像さまも素晴らしいけど、佐渡の銅像さまも素晴らしいですね。ありがたいことです」と話していた。
祈念回向で若松代表は、創設の際に会員を物心両面で支えた故浅井円道先生の増円妙道を祈ると共に、大銅像の護持を誓い、霊跡佐渡寺院の繁栄を祈った。
また上行講顧問を務める宗会議員の佐野前延師(福岡県本佛寺住職)と風間隨修師(京都府妙栄寺住職)は謝辞を述べ、「布施無き経を読む」会員等を紹介。大銅像創立の経緯、そして数千人に上る全国の日蓮宗信徒の信仰心の結晶が大銅像という形で示顕したことを説明した。
法要後、若松代表導師のもと塚原三昧堂で読経し、新たな会員を迎えた上行講の今後の精進を誓った。
その後の会合で佐野顧問は「宗門が今、お題目結縁運動の真っ直中にあるのは周知の如し。佐渡銅像の建立記念日は5月13日だが、身延の五重塔落慶が同じ5月13日となったのも不思議な仏縁。また上行講会員から宗門要職が輩出されているのも仏縁。これらの事象は全てが繋がっていると捉えるべきで、まさに結縁といえる。御仏との様々な縁に気付くか否かは僧侶の信仰の在り方による。浅井円道先生という誇らしい物故者の守護を感じながらの我々の生き方、行動はストレートに檀信徒の活力にも及ぶところとなる。各聖の行動に期待する」と述べ、最後に若松代表から、全国日蓮宗青年会事務局員の鷲阪仁昭師(三重県神通寺修徒)に助成金が手渡され、会員等は地元へと戻って行った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07