日蓮宗新聞

2009年1月20日号

身延山久遠寺でお年頭会

近づく五重塔落慶式 心のふるさとに…
内野法主猊下「癒される身延でありたい」

5月に五重塔落慶式を迎える総本山身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡、内野日総法主)では1月13日、「御年頭会」が古式豊かに営まれ、僧侶檀信徒約500人が宗祖の御魂に祝賀を申し上げた。
午前10時、祖師堂に内野法主猊下、六老僧の系統をひく六老門跡寺院貫首、小松浄慎宗務総長、内局、式衆が昇堂し年頭会法要が営まれた。
法要後、日蓮聖人が新年に波木井実長公邸に招かれた折、献上された駿馬に乗ったという故事による「曳馬式」が行われた。祖師堂前で装束をまとった二頭の馬が内野法主猊下から人参を頂戴し、五重塔がそびえる境内に蹄の音を響かせた。
身延山大学の講堂で開かれた新年祝賀会では、はじめに小松宗務総長と千葉県本山藻原寺の持田日勇貫首が祝辞。小松宗務総長は「本年『立正安国論』奏進750年を迎える宗門にあって、宗祖日蓮大聖人の御魂が宿る霊地をして、ますますのご隆昌並びにご賛同を賜り、共に、宗門運動の基本目標である“敬いの心で安穏なる社会づくり、人づくり”を全世界に説き示して参りたいと存じます」と述べた。
御盃の儀に続き、内野法主猊下が「妙荘厳王本事品には『佛是の妙荘厳王本事品を説きたまふ時、8万4千人遠塵離苦して、諸法の中に於て法眼浄を得たり』とあります。すべての人が等しく仏になることができることをしっかりと捉えなければなりません。自分ばかりでなく一切の人々が皆仏となるために尽くすことを自分の喜びとする、これが法眼浄です。身延山に参詣する皆さまが遠塵離苦となるよう、そして身延山全体が遠塵離苦のお山であるよう祈るものであります」と述べられ、また、五重塔建立への尽力に深い謝意を表し「総本山としてふさわしい堂塔伽藍がほぼ整備されました。参詣の皆さま方にとって心のふるさととして癒される身延山でありたいと願っております」と結ばれた。
参拝者の名簿が奉呈され、熊王家35代当主の熊王章夫氏がご膳を献上、内野法主猊下からお年玉を賜与された。伊丹栄彰師(京都市本山本満寺貫首)、信徒総代の堀内光雄衆議院議員の祝辞と続き、井上瑞雄総務、小松宗務総長、南部光徹師(実長公の子孫・東京都東郷寺住職)が鏡割りを行い、乾杯となった。
久遠寺では5月13日から5日間盛大に営まれる落慶式を目前に、関連付帯工事の完成に向け大詰めの段階を迎えた。

illust-hitokuchi

『立正安国論』奏進750年の嘉辰を迎え  宗務院で「御用始めの儀」

宗門法要や記念行事
立正安国・お題目結縁運動 一層の力を注ぐ決意

いよいよ『立正安国論』奏進750年の嘉辰を迎える平成21年の「御用始めの儀」が1月9日、酒井日慈管長猊下をお迎えし、東京都大田区の日蓮宗宗務院で行われた。参列した小松浄慎宗務総長をはじめとする内局、本山貫首、宗務所長、宗務所役員約300人は、奏進750年を記念する宗門法要や行事を控え、「立正安国・お題目結縁運動」の展開に一層の力を注ぐ決意を新たにした。

午前11時、酒井管長猊下を導師に、立正安国の実現と世界平和を祈念した。挨拶に立たれた酒井管長猊下は、宗門運動のスローガン「いのちに合掌」について、「この“いのち”と申すのは、生命という意味も含まれておりますが、もう一つには我々が信仰しております法華経を教化していくことだと受け取っております。私たちは法華経という法乳によって、慈母が我が子に乳を与えるが如く法華経をもって慈しみ共にたずさえ合っています。そうした意味をもって“いのちに合掌”をスローガンとする宗門運動を展開するとともに、『立正安国論』奏進750年を意義あるものにすることができるのだと思います」とお言葉を述べられた。
御用始めの儀に続いて賀詞交歓会が行われ、小松宗務総長は今年5月に迎える身延山五重塔の落慶式を「宗門にとっても大変すばらしいこと」と喜びを述べた後、今年開催される宗門行事を挙げ「今年は大変記念すべき年ですので、なお一層のご指導ご鞭撻を賜りまして、よりよき宗門運動のために努力をさせていただきたい」と結んだ。
総本山身延山久遠寺から井上瑞雄総務の挨拶に続いて、小松宗務総長と田中文教宗会議長、井出存祐第二部審査会会長が掛け声に合わせて鏡割りを行った。
会場には、国会議員による「法華一乗会」の小野次郎議員と佐藤ゆかり議員も挨拶に駆けつけ、小野議員は「景気の回復に全力をあげて取り組んで参りますが、心や命がおろそかにされることがないよう皆さまのご指導を賜りながら努力することをお誓いします」、佐藤議員は「大変厳しい状況での幕開け、この一年間は我が国を治して癒す“治癒の年元年”となるよう政策作りに取り組む決意を致しております」と力強く語った。
奏進750年の今年、日蓮宗では宗門法要「鎌倉大法要(6月8日・本山妙本寺)」「中山大法要(6月10日・大本山法華経寺)」と、「記念講演&シンポジウム(6月9日・立正大学)」を予定。また、日蓮宗をはじめとする日蓮聖人門下連合会が特別展「日蓮と法華の名宝―華ひらく京都町衆文化―(10月10日から11月23日・京都国立博物館)」の開催に向け準備を進めている。
会場は記念すべき一年に向かう意気込みに包まれた。

illust-hitokuchi

2009年1月10日号

善行院で干支の引継式

【京都一】京都市大本山妙顯寺(南條孝仁貫首)の山内東側に位置し西陣の妙見宮として庶民に親しまれている善行院(児玉宜海住職)で昨年12月13日、洛陽十二支の妙見さまの干支の引継式が行われた。
霊験あらたかな厄除け妙見大菩薩は、京都御所の紫宸殿を中心に十二支の方角に祀られており、善行院は御所の北に位置し子年を司っている。妙見堂には、一昨年の暮れに信楽焼きで作った大きなねずみの置物があり、訪れる参拝者に福を授けてきた。平成21年の干支にちなんで、一回り大きな牛の信楽焼きの置物ができ、ご宝前には妙見さまの前に向かい合うように祀られ、その前で児玉住職導師の下、引継式が執行された。
クライマックスの引継の儀では、児玉住職が「世の中の諸悪をチュウチュウと切り開いてきましたがネをあげてしまいました。(牛の)巨体を生かしモウモウと諸悪根絶の角を立ててください」と口上を述べ、妙見さまのシンボルである宝剣が、児玉住職から丑年の妙見さまが祀られている本山本満寺の伊丹栄彰貫首にしっかりと手渡された。伊丹貫首は、「一年間、悪運が忍び寄らぬよう寝ず見(ネズミ)してくれました。来年は、皆の後(ウシ)ろから守モウーってまいります。人々がギュウギュウ(牛牛)と窮屈な思いをせず、年末には“ウッシッシー”と笑い会えますよう勇猛(モウ)精進します」と応えると、120人近い僧侶や檀信徒からは笑い声や拍手が上がった。
式後、児玉住職から「欲を捨て、感謝の気持ちを持ってお参りしましょう」と法話があり、引き続き昼食と福引が行われた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07