日蓮宗新聞

2007年6月10日号

日蓮宗綜合財団賞・奨励賞

綜合財団賞
皆さんのお役に立てたら幸せ 佐古師
全国の保護司が頂いた賞 北村師
後進の育成に努めたい 渡邉師

奨励賞
子どもたちのため頑張ってきたことが花開く
寺尾師「700年伝えていかねば…」

 日蓮宗綜合財団賞(伊藤通明理事長)は5月23日、東京・品川のホテルパシフィックで第24回日蓮宗綜合財団賞・第16回日蓮宗綜合財団奨励賞の授賞伝達式を行い、全国の宗務所長ら約200人が出席した。

今年度の綜合財団賞は、布教伝道部門で佐古亮尊師(長崎県大村市本経寺住職)、社会教化部門で北村日照師(大阪府堺市櫛笥寺住職)、学術研究部門で渡邉宝陽師(東京都足立区法立寺住職)の3人が受賞。綜合財団奨励賞は、社会教化部門で実勝寺夏休みこども道場(北海道芽室町実勝寺・内山智修住職)、学術研究部門で寺尾英智師(東京都台東区妙音寺)の一団体と一人が受賞した。
はじめに伊藤理事長が授賞経過を報告し、受賞者を紹介。小松浄慎宗務総長が宗門の発展のためにご尽力頂きたいと祝辞を述べ、伊藤理事長から受賞者に賞状と副賞の盾が贈られた。
布教伝道部門の佐古師は謝辞の中で、「今までやってきたことに対し反省と同時に、認めて頂いたという喜びを感じます。49年間続けている中で、やめたいと思うことも何度もありましたが、やめてしまえば自分自身が色々な物を読まなくなってしまうのではという心配がありました。布教という純真な動機ではなく、自分自身がダメにならないようにとの思いでやってきたものが皆さんのお役に立てたならば幸せです」と喜びを語った。
社会教化部門の北村師は「保護司という職責は犯罪を犯した人の更生を願い努力をすることで、刑務所から出て困っている人を宗教家がお寺に泊めたのがはじまりです。しかし最近になり、宗教家の比率が少ない現状に心を痛めています。今回の受賞は私個人ではなく、全国の日蓮宗保護司に頂いたと思っています。これを契機に若い方が保護司として育っていき、世界の安全な町作りのために尽力する人が一人でも増えることを期待します」と挨拶した。
また学術研究部門の渡邉師は戦争によって多くの先輩が亡くなり、また寺門復興のために勉強の道を断念した方が多かったために、自らの活躍の場が与えられ、多くの方に導きと励ましを頂いたと話し、「学問の世界は勢いがなくてはなりません。今後は若い諸君の勉強を支え、お手伝いをしていきたいと思います」と後進の育成に努めていくことを誓った。

 奨励賞を受賞した実勝寺夏休みこども道場からは内山住職はじめ青年会員の檀信徒6人も登壇。青年会の歴史を話し、子どもたちのために頑張ってきたことが花開いたことを喜ぶとともに、今は若い世代の第二次青年会づくりに躍起なっていると今後の意欲を見せた。
寺尾師は自身の日蓮聖人ご真蹟の研究は宗門の先師、寺院の理解やご協力がなくては成しえないと、関係各聖に感謝を述べ、「聖人のご真蹟は今日まで七百年伝えられてきました。今後私たちも少なくとも700年は伝えていかなければなりません。そのお手伝いができれば」と謝辞を述べた。
その後、宗務所長会議開催中に当たり、議長を務めた合川天心師(長崎県宗務所長)が代表して祝辞を述べ、終了。祝宴では多くの人々が受賞者に労いの言葉をかけていた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07