日蓮宗新聞

2006年6月1日号

日蓮宗へ龍雲寺が復帰

 宮崎県都農町の龍雲寺(海野禮秀住職)が、このたび日蓮宗に所属することとなり、辞令交付式が5月19日に東京大田区の日蓮宗宗務院で行われた。
龍雲寺はかつて日蓮宗であったが、昭和30年代初頭に当時の創価学会との軋轢の中で、宮崎県内の日蓮宗寺院9ヵ寺と共に「大日蓮宗」として独立していた。30年以上の歳月を経た平成元年、大日蓮宗の寺院の大半は日蓮宗への復帰を果たしたが、龍雲寺は単立寺院(いずれの宗派にも属さない)として布教活動を続けていた。
近年、龍雲寺の日蓮宗復帰への気運が高まり、現在80歳の海野住職が各方面への働きかけを行った結果、もと大日蓮宗の寺院の中では最後の復帰が実現した。
5月19日の辞令交付式では、療養中のために登院できなかった海野住職の代理として、宮崎・鹿児島・沖縄管区の吉田海心宗務所長が、龍雲寺の所属辞令と海野住職への僧階辞令を受けた。
吉田所長の自坊である延岡市の本東寺も、かつては大日蓮宗に所属しており、このたびの龍雲寺の復帰に対し吉田所長は「宮崎には日蓮宗寺院が少ないが、こうしてまた、かつての団結が蘇ったことは非常に嬉しい」と、喜びの思いを表していた。
またこの日、吉田所長と共に辞令交付式に臨んだ吉田憲由師(本東寺修徒・宮崎県日蓮宗青年会現会長)は、「海野上人の思いを引き継いでいきたい」と重厚な面持ちで語った。憲由師は龍雲寺の法燈を継承する予定となっている。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07