日蓮宗新聞

2006年3月10日号

お彼岸法話

三寒四温の気候不順な折ですが、日に日に春を迎える季節となりました。春を告げる梅の花も開き、これからは、桃・ツツジ・サツキ・牡丹もあちらこちらで見られることでしょう。
日蓮大聖人(以下大聖人)は、「法華経を信ずる人は冬のごとし。冬は必ず春となる。いまだ昔よりきかず、みず、冬の秋とかへれる事を。いまだきかず、法華経を信ずる人の凡夫となる事を」(『妙一尼御前御返事』)と仰っています。寒梅が冬をじっと耐えて美しい花を咲かせるように、法華経を信じ行ずる信仰者の姿をお述べになったご文章です。
日本の四季の変化は、自然の美しさを醸し出し、私たちの生活に節目と潤いを与えてきました。
中でも春のお彼岸の頃となると、厳寒の冬から解放され、暖かい太陽の光が木々の緑を蘇らせ、田畑には新しい芽が萌え始め、私たちの生活にも新たな活力と喜びをもたらします。
さて、そうした春の訪れと共に、日本の大切な仏教行事である「お彼岸」が、この18日から始まります。
檀信徒の皆さま方は、春の日差しを受けて樹木草花の息吹を感じながら、ご家族連れでお墓参りをなさることでしょう。しかし、お彼岸は、お墓参りだけを目的とした一週間ではありません。
『彼岸鈔』には「生死の此岸より、苦海の蒼波を凌ぎ、菩提の彼岸に到る時節なり」とあります。彼岸とは、尽きることのない心の悩みや迷い、苦しみで満ちた現実生活の此岸から、仏の世界、悟りの平和な境地である彼岸に到ることを意味します。悟りの彼岸に渡ることを仏教では「度」(わたる)ともいい、そのための修行を六度の修行、六波羅蜜と教えられています。
一に、布施(ほどこし)─進んで善根を積む
二に、持戒(いましめ)─心を清く正しくもつ
三に、忍辱(がまん)─怠らず素直な心を持つ
四に、精進(はげむ)─努力を重ね向上をはかる
五に、禅定(おちつき)─心静かに自己を省みる
六に、智慧(かしこさ)─ものごとの本当の姿・意味を知る
これらの六つを行うことによって、煩悩多き此岸より悟りの彼岸に到達するというものです。
それでは彼岸はどこにあるのでしょう。それはこの世界(娑婆世界)で実現しなくてはなりません。
『一生成仏抄』には、「衆生の心けがるれば土もけがれ、心清ければ土も清しとて、浄土といい穢土というも土に二つの隔てなし。ただ我等が心の善悪によると見えたり。衆生というも仏というも亦かくの如し。迷う時は衆生と名付け、悟る時をば仏と名づけたり。譬えば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し。只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡なり。これを磨かば必ず法性真如の明鏡となるべし。深く信心を発して、日夜朝暮にまた懈らず磨くべし。いかようにしてか磨くべき。ただ南無妙法蓮華経と唱えたてまつるを、これを磨くとはいうなり」とあります。
これは、此岸も彼岸もただ一つの心の置きどころ、乃ち彼岸は我が心の内にある、自らの心の善悪によっておこるもの、その心を磨くには、常にお題目をお唱えすることである、とのお示しでございます。
お釈迦さまは、悟りに到るために六つの行いをお説きになられましたが、私たち煩悩多き凡夫には、すべてを行うことはなかなか難しいものです。
そこで、大聖人は成仏に到る直道として易行中の易行(たやすい行い)について『日妙聖人御書』で次のようにご指南遊ばされています。
「六度(六つの修行)の功徳を妙の一字におさめ給て、末代悪世の我等衆生に一善も修せざれども六度萬行を満足する功徳をあたへ給ふ」
これは、お唱えするお題目に六度の修行の功徳がすべて納まっているということで、私たちには容易ではない六度の修行が唱題の信心によって叶うというものです。

また『十八圓満鈔』に「正行(仏さまの教えにもとずいた正しい行のこと)には南無妙法蓮華経なり」、そして『十章鈔』には、「口ずさみは必ず南無妙法蓮華経なり」と仰せられ、お題目が正しい修行で、どこにいてもどんな時にでも「口ずさみの唱題」として刹那成仏(一刹那は七十五分の一秒)をお説きになられています。
お題目の教えは「即身成仏」を説きます。また、煩悩を持ったまま現世で、この身のまま成仏するという「煩悩即菩提」の教えでもあります。従ってお題目を唱えた時は仏の心ですから、一瞬の唱題は一瞬の仏、一日の唱題は一日の仏、一生の唱題は一生の仏ということになり、日々「常彼岸」の仏心でいたいものであります。
彼岸の行事は、一年の内で一番しのぎやすい好時期の春分・秋分を中日として前後3日ずつを合わせた7日間で、それぞれ春の彼岸・秋の彼岸といいます。
大聖人はお彼岸について『彼岸鈔』で、「彼岸一日の小善は、能く大菩提に至るなり」と申されています。これは、「彼岸七日の内に一善の行いを修せば、悟りを開いて仏となり、他の時節に功徳を積むよりも、彼岸一日に小善を行えば、大いなる悟りの道に至ることができる」ということで、この時節をよく知った上で小善を行いなさいと、私たちにお勧めくださっています。
彼岸のお中日を中心に、菩提寺の彼岸法要でお題目をお唱えして仏道修行に励み、その功徳をもってご先祖有縁の精霊にご回向したいものです。     合掌

illust-hitokuchi

2006年3月1日号

立正大学学園9号館落成式

立正大学学園(渡邉一之理事長)では、東京都品川区の大崎キャンパスに建設を進めていた新校舎・9号館が完成し、2月8日「立正大学学園開校130年 立正中学・高校創立百周年記念事業 立正大学学園9号館落成式」を開催。学園関係者や工事関係者、近隣住民など約50人が参加した。
落成式では法要が営まれ、挨拶に立った渡邉理事長は「この新校舎は教育環境改善のみならず、中学・高校・大学が連携、協力しながら新しい学舎を創造し、学園建学の精神を具現化していく重大な役割を担っております」と述べた。
続いて渡邉理事長が、建設に携わった石本建築事務所と前田建設工業株式会社に感謝状と記念品を贈呈。その後、体育館に場所を移して盛大な祝宴がもたれた。

「環境とコミュニケーション」をテーマに

このたび落成した9号館は、平成14年に迎えた大学開校130周年と立正中学・高校創立100周年記念事業の一環として建設されたもので、地下2階、地上6階建て。

地下1階と2階は大学教室として、地上1階から6階までは中学校・高等学校教室として利用されることになり、中学校・高校・大学の一貫教育を促進する施設としての役割が期待される。
「環境とコミュニケーション」をテーマに建設された同館は、外壁に壁面緑化(建物などに植栽基盤を設置し、人工的に緑化すること)を採用。近隣住民が圧迫感を受けることのないよう、周辺環境に配慮した緑あふれる景観を整えた。
また、館内には陽射しをいっぱいに取り入れ、自然の風が通り抜けるよう快適性を重視すると共に、環境負荷の低減も図られている。各階には生徒同士や教師とのコミュニケーションの場となるラウンジやくつろぎコーナーを設置するなど、のびやかに学ぶことのできる空間となった。

illust-hitokuchi

第785回宗祖御降誕会

日輪の光を受け浜辺には蓮華が咲き乱れた――日蓮聖人の誕生譚が伝わる千葉県鴨川市大本山誕生寺(石川日貫首)で2月16日、第785回宗祖御降誕会が営まれた。この聖日を日蓮聖人の御降誕の聖地で祝おうと、地元をはじめ山梨や岡山からも多くの檀信徒が参列した。

午前11時、小雨の降る中、日蓮聖人のご幼像を乗せた御神輿と共に、僧侶檀信徒が妙蓮寺(上村貞雄住職)から誕生寺までをお題目を唱えながら練り行列。誕生寺祖師堂前で法味言上を行い、ご幼像が遷座された。
午後1時、誕生寺祖師堂で第七八五回宗祖宗祖御降誕会が石川貫首を導師に営まれ、約30人の僧侶が出仕。法要中、石川貫首が慶讃文を読み上げ、読経の中、焼香が行われた。
小松浄慎宗務総長が挨拶に立ち、「石川貫首猊下がご入山以来、晨朝法話を第一に取組み、有縁の人々の真心を受けて布教殿堂の建立を推し進められていますが、それは日蓮聖人御降誕の聖地から蘇生の願いが強く発せられると感じます。すべての人々の心にお題目の仏種を植え、仏祖の慈光を受けて等しく開花する時、社会の中に立正安国の果実が結ばれると信じ、菩薩の浄行に精進することを誓います」と述べた。
最後に石川貫首が、建築中の布教殿堂が順調に進んでいること、平成33年の御降誕800年に向けて熱意を述べると共に、「今、社会や秩序そして人間の心が乱れています。この世界をもう一度蘇らせるのは、お題目を唱える私たちです。御降誕会は宗門の出発点です。日蓮聖人のお誕生日と言うだけでなく、お題目そして法華経の誕生日と理解し、一緒に世界にお題目を弘めるためにお力を頂きたい」と挨拶を行った。
法要終了後、千葉南部和讃会27ヵ寺、193人の寺庭婦人と檀信徒が和讃の奉詠を行い、美しい声を響かせた。続いて、修法師会出仕による特別祈祷が行われた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07