日蓮宗新聞

2006年3月20日号

10周年迎えた大阪市寺庭婦人会

大阪市寺庭婦人会(藤村寿子会長)は今年で10周年を迎え、2月23日、記念行事として唱題行脚と祝賀会を行った。
同会は平成8年、全国的な寺庭婦人会設立の流れを受けて発足。同12年にはBAC仏教センター(伊藤佳通理事長)のラオス学校建設プロジェクトに賛同し、バザーの収益金を積み立て、寺庭婦人会として初めてラオスに小学校を贈呈するなど、目覚ましい活動を展開してきた。
現在、会員は56人。バザーの収益金を災害地に贈ったり、管内寺院の法要で仏讃歌を奉唱するなど活躍している。
10周年記念行事として講演会などの案もあったが藤村会長はじめ会員は「命が軽く扱われる風潮にある今、お題目を少しでも弘めたい。アピールできるのは唱題行脚しかない」と決断。寺庭婦人会主催の唱題行脚は全国でも珍しく、大阪市では初めての試みとなった。
当日午前11時、大阪市正法寺(藤村恵容住職)で和田龍昌宗務所長を導師に出発式が行われ、寺庭婦人と檀信徒、青年僧合わせて約30人が出発した。一行はサラリーマンやOLで混雑する御堂筋や長堀通りなど大阪の繁華街約4キロを一時間半以上にわたって唱題行脚。青年僧の先導のもと、会員手作りの「立正安国」旗、「世界平和」旗と玄題旗を掲げ、道行く人の心に訴えようと高らかなお題目と団扇太鼓を響かせた。

若い寺庭婦人へエールを

午後6時からは大阪市内のホテルで祝賀会が行われ、寺庭婦人や僧侶など約50人が列席した。
藤村会長は「お上人様方のご協力あってこその寺庭婦人会です」と管内僧侶の日頃の協力に感謝の意を示し「この席は次の宗門を担う若い奥様たちへのエールのつもりで設けました」と挨拶。和田所長は「お題目結縁運動の実現には寺庭婦人のお力が大切です。日本一の寺庭婦人会を目指し、大きな力を発揮してください」と激励した。
奥邨正寛師(大阪市正蓮寺住職)は、昨今の近隣トラブルなどから、お寺でも太鼓など大きな音を立てることが難しくなったとしながら「私の母は下手なりにも毎朝太鼓を叩いており、家内もまた、それを真似しておりました。二人ともいなくなってしまった今は私が太鼓を叩いていますが、寺庭婦人、寺族を含めて朝は仏祖三宝へのご挨拶をすることを心がけ、檀信徒に伝えていってください。どうぞ心を養う世界をお持ちください」と述べ、続いて神谷行宏師(同市法華寺住職)が祝辞に立った。その後、10年を振り返る手作りのビデオが上映され、会員らは美しい歌声で「日蓮宗護法の歌」や「あの素晴らしい愛をもう一度」などを披露。会場は大いに盛り上がった。
若い寺庭婦人の一人は「同世代の方と悩みを話し合ったり、楽しく交流する会にしたい」と話していた。「若い奥様たちにも入会してもらい、仏飯を頂いている者が当然しなければいけないことを伝えていきたい」という藤村会長。その芽は少しずつ、しかし確実に育っている。

illust-hitokuchi

大本山池上本門寺に星弘道師が扁額を献納

 今年初め日本書道界の最高峰「現代書道二十人展」(朝日新聞社主催)に選出された星弘道師(東京都戒行寺住職)が3月6日、東京・大田区の大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)に『秘要之蔵』の四文字を認めた扁額を献納した。
星師は1月31日、「法華経の真髄を現わした経文を祖山に」と総本山身延山久遠寺(藤井日光法主)に扁額「皆是佛」を献納、作品は法喜堂玄関に掲げられている。
今回、池上本門寺に献納した作品は幅4m、高さ1m20cmに及ぶ大作。「秘要之蔵」とは、法華経如来神力品の一節で、お釈迦さまご自身が亡くなった後の法華経の布教を菩薩たちに託す、法華経の中でも重要な部分。お釈迦さまは、法華経には「あらゆる法」「仏さまの神力」「さまざまな大事なものが収まる蔵(秘要之蔵」「深い心」、四つの事柄すべてが顕されているとして計り知れない法華経の功徳を説き、「私がいなくなった後も、一心に受けたもち、読・読し、説いて、書写し、教えの通りに修行に励みなさい」と教え説かれた。
星師は「日蓮聖人を通し代々脈々と受け継がれてきた法華経の世界を表しました。我々凡夫一人一人が教えを伝えていく努力をしていきたい」とこの四文字を揮毫し、日蓮聖人がご入滅になった地に献納したという。
3月6日、星師は、共に書を学んできた千葉県本山弘法寺の石野日英貫首や、星師が主宰する日蓮宗仏教書道研究会の矢嶋泰淳師(新宿区幸國寺住職)らと池上本門寺を訪れ、大堂で献納式を行った。
酒井貫首との歓談の中で星師は、20歳で戒行寺の住職となり「下手な字を書いていては申し訳ない」と苦手だった書道を始めたことや、作品が仕上がるまでに、気候や湿度による紙質、墨、筆の具合、体調や精神状態などさまざまな条件が必要なことなどを語った。同行した仲間は、星師が人の何倍も練習を重ね、いつも風呂敷包みをかついで先生に見てもらっていたことなどを振り返り、星師の活躍を讃えていた。
献納された扁額は、池上本門寺の大玄関ロビーに掲げられている。

illust-hitokuchi

2006年3月10日号

「妙顯寺の古文書」特別公開始まる

 京都市の大本山妙顯寺(南條日慈貫首)に伝わる貴重な古文書群の第一次修理が13年の歳月をかけて終了したことを受け、修理完成記念の特集陳列「妙顯寺の文書」が3月1日から京都国立博物館で始まった。会期は4月2日まで。

妙顯寺は、日蓮聖人の高弟で京都弘通を初めて行った日像上人(1269~1342)が後醍醐天皇の勅許を得て創建した名刹で、その長い伝統を物語る古文書・聖教・絵画の数々が伝来している。
妙顯寺所蔵の古文書群1656点は平成4年に重要文化財指定を受け、今回の第一次修理で巻物六十巻(うち文書259通)・掛け軸23幅の修理が終了した。
 修理作業は博物館内の工房で専門業者により綿密に進められ、本紙の修理はもちろん、表具も見事に仕上がり面目を一新。
今回の展示は、その成果を一般公開することを目的として1ヵ月間だけ特別に催される。
展覧会開催に先立ち、2月28日に博物館講堂で行われた記者発表では、中尾堯立正大学名誉教授や博物館学芸員からの説明があり、妙顯寺の南條貫首は「妙顯寺展を開いて下さいました所管の皆さまに深く感謝申し上げます。この機会に一人でも多くの方に博物館を訪れていただき、貴重な古文書と見事な修理の成果をご覧戴きたく思います」と挨拶した。
今回の展示では「蜀錦の曼荼羅」といわれる建治元年(1275)の日蓮聖人筆曼荼羅本尊を皮切りに、日朗上人・日像上人をはじめとする先師書状、有名な後醍醐天皇綸旨など、これまでほとんど公開されたことのない35点の宝物が並ぶ。
中尾教授によると、妙顯寺の古文書は、宗門史はもちろん京都全体の歴史の一端を物語る貴重な資料。特に天文5年(1536)に、比叡山により京都日蓮教団が徹底的に破却された「天文法華の乱」が起こった時、妙顯寺の僧たちは、寺院の権威を現すこれらの文書を優先的に持って堺に避難した光景が想像できるという。
学術的にも貴重な妙顯寺の古文書は研究者からの注目も高く、保存修理の重要性を周知させる上でも意義深い特別展になりそうだ。

京都国立博物館
京都市東山区茶屋町527 交通 JR京都駅から市バス100・206・208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩1分 /京阪電車七条駅下車、東へ徒歩7分

妙顯寺へも参拝を
妙顯寺では博物館の特別展に合わせて、寺内の宝物館でも特別公開を行う予定。日蓮聖人が経一丸(日像上人)に授与した「玄旨本尊」。日蓮聖人と日朗上人・日像上人のご真筆曼荼羅を合わせた「三幅対のご本尊」など、門外不出の霊宝を展示する。博物館拝観に合わせて、ぜひ妙顯寺へも足を伸ばしたい。
【公開期間】3月13日~4月30日
詳細は妙顯寺 TEL075-414-0808へ。

大本山妙顯寺
京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514 交通 JR京都駅→市バス⑨番西賀茂行で堀川寺の内下車→東へ200m

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07