日蓮宗新聞

2005年12月20日号

第6回教化学研究発表大会

日蓮宗現代宗教研究所(田澤元泰所長)主催の「第6回日蓮宗教化学研究発表大会」が11月29日、東京大田区の日蓮宗宗務院で開かれ、僧侶8人と寺庭婦人・檀信徒が一人ずつ、研究成果を発表した。
同研究所では、「立正安国・お題目結縁運動」による平和実現に向け、今こそ日蓮宗の教化方策について考えることが必要とし、僧侶・寺族・檀信徒それぞれの立場の具体的な提案を聞くことを目的にこの大会を開催した。
◇   ◇
北海道妙寿寺の檀徒・池上宗俊氏は「全世界にひろめよう正法」と題して発表。菩提寺での活動報告をし、学習会での経験を通して、初級・中級・上級へとつながっていくような教科書の作成を陳情した。また、祖願達成のためにも、日蓮聖人のみ教えを全世界に知らしめる方法として映画制作を挙げ、寺院や檀信徒から寄付を募り、全世界に配給する構想を提案した。

“対話”の重要性訴える

竹内日祥師(大阪市妙見閣寺住職)は「宗教対話による価値の創造」と題して発表した。竹内師は現代の多元化社会には人種や宗教が共生する社会を構築するための「対話」が不可欠と指摘。宗教対話が宗教の進化に貢献し、ひいては人類の指標を創造していくと、その重要性を訴えた。
また、日蓮聖人の畢生の誓願は対話の普遍化であり、日蓮聖人にとって対話は常不軽菩薩の但行礼拝の行であったと説明。さらに弟子檀越にも「法華経のみならず、(対話の)相手の信仰する聖教に至るまで学ぶべし」と指南されていたと説いた。
特別発表では「わが街にもあった戦争と今」と題して名古屋芸術大学非常勤講師の春日一彦氏が登壇。戦争体験の継承について、日本国民が戦意高揚に総動員された原因を丁寧に検証しなければ戦争体験を語り継ぐ意味がないとし、過去の教訓を学び「今」そして未来に活かしていくことこそが大切と訴えた。
なお、全発表の詳細は来年3月発行の現代宗教研究所所報『現代宗教研究』第40号に掲載予定。

illust-hitokuchi

全国法華和讃発表大会

法華和讃の一層の発展と普及をはかるために行われている全国法華和讃発表大会(主催─日蓮宗宗務院)が11月29日、東京品川区の立正大学石橋湛山記念講堂で開催され、全国から9団体250人が出場し日頃の活動成果を発表した。

開会式では、中條令紹総務局長が「和讃は信仰に根ざした貴い信行活動の一つ。今、宗門随所に拡がりつつある和讃の発展にこれからもご尽力ください」と挨拶し、全国法華和讃連絡協議会の遠藤是秀会長が「今、和讃は布教伝道の一翼を担っています。これから迎える日蓮聖人ご生誕800年に向けて、伝統の継承に力を注いでいきましょう」と力強く述べた。
今大会は、静岡中部法華和讃振興会(遠藤是秀代表)が運営協力を行ったこともあり、静岡県からの出場が6団体を数えた。中には50人を越すグループもあり、それぞれが息の合った所作で和讃を奉詠し、日頃の鍛錬の程が感じられる内容となった。
今回、和讃では二人だけの男性参加者となった兵庫県姫路市圓光寺(井上真佑住職)檀徒の丸山茂樹さんと岸本謙造さんは、「男性の仲間が一人でもいるとやりやすい。和讃は息を合わせる楽しさがある」と口を揃えて語った。
また、和讃に洋楽器のアレンジを加えた新たな試みも行われた。静岡県富士市本妙寺(柏酒孝鏡住職)の檀徒で構成される「たちばな」と「グレース・コンチェルト」の二チームは『新曲日蓮聖人御一代記』と名付けられたオリジナル曲にトーン・チャイムとハンド・ベルの伴奏を加えて演奏。和讃風のメロディーに柔らかいベルの音が調和し、新鮮なハーモニーを作り出していた。
高齢化が目立つ和讃であるが中には若い姿も。今回初めて参加したという静岡県富士宮市妙善寺(寺尾是堯住職)の寺尾まりさんは「和讃のゆっくりとしたペースに初めは抵抗を感じましたが、練習していくうちに、いいものだと感じるようになりました」と語り、今後も続けたいとしている。
各団体の発表が終わり、最後に参加者全員で法華和讃『聖詠三首』を奉詠。会場はゆるやかな大合唱に包まれた。
閉会式では田端義宏伝道部長が「和讃はきれいな心で仏さまにお供えするものです。その心は突然芽生えるものではなく、日頃の信行で培われるものです。和讃のよろこびを次の世代にも伝えていきましょう」と挨拶し大会を終了した。

illust-hitokuchi

2005年12月10日号

大本山池上本門寺で追悼法要

宗門発展のために尽力した先師の冥福を祈る第35回宗門先師追悼法要が11月28日、東京・大田区の大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)で営まれた。
回向が行われたのは平成16年10月1日から平成17年9月30日までに宗務院に遷化の届けが出された142師。当日は51遺族140人が参列した。
法要は午前11時から池上本門寺本殿で、日蓮宗管長名代として酒井貫首を導師に、井村大祐宗会議長、井出存祐第二部審査会長を副導師に宗務内局、宗務所長、遺族ら約190人が参列。栗原正震伝道局長が追悼文を読み上げ、読経の中、遺族らが香を手向けた。
ご宝前に142師一人ひとりの命日、俗名、法号が読み上げられると、参列者は深く頭を垂れ手を合わせていた。
続いて朗峰会館で斎の席が設けられ、栗原局長が「各先師におかれましては、お題目総弘通運動の推進及び寺門興隆、宗門発展、お題目の広宣流布のために絶大のご功績をいただきました。次なる宗門活動『立正安国・お題目結縁運動』に対して、ご先師のご意志を引き継ぎ、努力精進いたす所存でございます」と先師の増円妙道を祈念、静岡県東漸寺住職の小西亮衛師が遺族代表として挨拶し締めくくった。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07