日蓮宗新聞

2005年11月1日号

池上本門寺 お逮夜に35万人

日蓮聖人ご入滅の地・東京大田区の大本山池上本門寺(酒井日慈貫首)で10月12日、日蓮聖人の遺徳を偲ぶお会式が営まれ、約35万人が訪れた。
池上の街には全国から集まった92の講中、総勢3000人がドンツクドンツクと賑やかなお囃子響かせ、勇壮な纏振りを披露した。その有志を見ようと沿道には多く人々がつめかけ、人々は歓声を上げ、拍手を送った。中には、お囃子のリズムに合わせ手を叩く人、講中から太鼓をかりて打ち鳴らす人の姿も見られた。
熱気に包まれたお逮夜法要の翌朝、お会式当日の13日午前8時からは「臨滅度時」法要が大堂で営まれ、全国各地から約500人が参列した。
導師の酒井貫首が、「臨滅度時之鐘」(弘安5年作成)を厳かに打ち鳴らす中=写真、参列者は深く深く頭を垂れ、祖師への思慕の念を強くしていた。法要の後には祖廟に参拝、酒井貫首、出仕僧侶60人を筆頭に檀信徒も後に続きしめやかに法要は締め括られた。
なお多くの宝物を格護している霊宝殿では、日蓮聖人ご真筆の、大曼荼羅ご本尊(弘安4年2月2日)、法華三部経肝心要文・本理大綱集・兄弟抄・妙法尼御前御返事をはじめ、宗祖涅槃図などゆかりの37点が奉安され、2日間でのべ400人が訪れた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07