日蓮宗新聞

2005年6月10日号

日蓮宗全国檀信徒協議会総会を開く

東京大田区池上の宗務院で5月24日、平成17年度第52回日蓮宗全国檀信徒協議会(江守幹男会長)総会が開催され62管区63人の代表が参加した。宗門運動「立正安国・お題目結縁運動」が提示された今、檀信徒がどのように参画・協力していくがが話し合われた。
はじめに日蓮宗総務局長の中條令紹師導師のもと法味を言上。中條局長は「僧侶と檀信徒は車の両輪です。時にはアクセルとなり、時にはブレー

キとなってお互い協力しあいましょう」と挨拶。続いて江守会長が「“立正安国・お題目結縁”の新たな宗門運動に対し、檀信徒あげて協力し、また次世代へ日蓮宗を伝えていくためにも一寺院一信徒青年会の結成を」と呼びかけた。
総会は江守会長を議長に進められ、はじめに田端義宏伝道部長が挨拶。田端部長は伝道部の所管説明をするとともに「僧侶による布教も大切だが、檀信徒による未信徒教化も必要です。ともに布教活動を行っていきましょう」と檀信協へ期待を寄せた。議事では①平成16年度事業及び会務報告②平成16年度会計・監査報告③役員改選④平成17年度事業計画案⑤平成17年度予算案について話し合われた。
はじめに田本憲吾副会長が①について、昨年度教区檀信徒協議会を開催した山静・北陸・近畿の三教区に対して助成を行ったことを報告。また檀信協発行の『檀信徒のこころえ』は4万冊以上を頒布していると話した。②の会計監査の承認後、③役員改選で各教区から常任委員を選出。常任委員会において高村彦邦氏(愛知名古屋)が常任委員長に、三田村久弥氏(岩手)と殿元正平氏(大阪和泉)が会計にそれぞれ互選され就任し、総会において、会長に江守氏(福井北部)、副会長に田本氏(北海道東部)、斎藤文夫氏(神奈川一部)、監事に吉田卓治氏(埼玉)、古川秀次氏(佐賀)が選出された。
続いて高村委員長が平成17年度の事業報告案を発表。⑤では三田村氏が予算案を報告し、「教区檀信徒協議会開催助成金の予算をとっているが、昨年度の開催は3教区。今年こそ11教区すべてに助成できるよう、開催に向けて頑張って欲しい」と話した。
その後の質疑応答で、昨年度教区檀信徒協議会を行った教区の内容を説明。田端部長は「総会の報告をするのではなく、宗門運動の準備期間である今、皆さんが教区長、所長と協力し、各教区での運動展開の仕方、檀信徒の進む道を考えて欲しい」と述べた。また7月2日に宗務院で開催される全国檀信徒青年会管区代表者会議について、江守会長が「若い人たちが魅力ある活動をしていくためにも各管区の檀信協会長が声をかけることが大切」と会議への参加を呼びかけ、若い世代へ信仰を継承するために檀信協が努めていくべきとした。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07