日蓮宗新聞

2004年8月20日号

第50回日蓮宗保育研修山口大会

「みほとけの心を伝えよう~金子みすゞの世界を通して~」をテーマに第50回日蓮宗保育研修山口大会(主催・日蓮宗保育連盟=冨田義董理事長)が7月24日・25日、「若き童謡詩人の巨星」と称されながら26歳の若さで世を去った金子みすゞの生誕地、山口県長門市内で行われ、同連盟に加盟する保育園・幼稚園の園長・保母・教諭ら約二百五十人が参加した。児童文学者・矢崎節夫氏の講演、みすゞの暮らした仙崎見学を通して、参加者はみすゞの詩に貫かれた優しいまなざしに感銘を受けながら、保育の現場に生かそうと研修を深めた。
日蓮宗保育連盟は今年50周年。若者による凄惨な事件や幼児虐待が相次ぐ末法の現代、豊かな情操教育が見直される中で、誰もが「みほとけの子」として生命の尊厳を説く仏教保育の果たす役割は大きい。

はじめに下関市ひまわり保育園の保育士五人が、中央に掲げられたご本尊に献灯・献香・献花を行い、岩間湛正宗務総長が「法華経の教え、日蓮聖人の教えに従って仏子を育てる皆さんのお仕事は誠に崇高です。ご苦労も多いと思いますが、今後も充分に使命を果たしてください」と参加者を激励。その後、永年勤続者表彰が行われた。

二つで一つ
研修では、昨年みすゞ記念館の初代管長に就任した矢崎氏が講演。詩「朝やけ小やけだ大漁だ 大ばいわしの大漁だ はまは祭りのようだけど 海のなかでは何万の いわしのとむらいするだろう(『大漁』)」を紹介し、「浜にたくさんの魚があがった喜びと、海の中で多くの仲間を亡くした悲しみが同時にあったように、この世の中はすべて二つで一つ。昼と夜、光と影、目に見えないものと見えるもの、生きることと死ぬこと。現代は、見えるものに片寄った視点で生活している。みすゞさんに出会って、二つの存在を受け入れることで真理が見えてくることを気づかされた」と語った。

あなたと私
さらにみすゞさんは、命なきものにまっすぐに命を見つめ、「鰯と私」「あなたと私」のように、常に人間・自分が中心ではなく、相手を主体としたまなざしを持っていた。私たちは、子供がいなければ親にはなれない。園児がいなければ先生は成り立たない。「子と親」「園児と私」。誰一人として一人で生きていくことは不可能で、相手を思いやること、自分のまなざしを下げることで初めて相手のことを理解できると語った。
次に『こだまでせふか』を読み上げ、「ヤッホー」と言えば「ヤッホー」とかえってくる“こだま”は、相手を丸ごと受け入れることを表している。昔私たちの周りにいた大人は、子供が痛いと言えば「痛いね、痛いね」と受け入れたた後で「泣くのをがまんしようね」と言い聞かせていた。こだましてくれる人がいる限り、その人の心の中の寂しさや悲しさが一杯に詰まることはない。「憂いている側に人が立つと書く“優”とは、こだますること」と語った。

みんなの“倖せ”
 『私と小鳥と鈴と』の最後に登場する「みんなちがって、みんないい」は、丸ごと認めて傷つけないこと。「みすゞさんは決して人を否定しない。21世紀の幸せはイのついた“倖せ”。お友達が幸せだから私も幸せ。私が幸せだからお友達も幸せ。自分だけの幸せはありえない。仏教と同じ“あなたと私”のしあわせです」と結んだ。
続いて、山口県で活動する音楽家ちひろが「金子みすゞを唄う」と題して、詩に自ら曲をつけた唄を披露。透明な詩と澄んだ歌声の見事なコラボレーションが広がった。
25日は、早朝六時半に集合し全員で朝勤をした後、山口県青海島で安正保育園を運営する川久保昌耕師(妙法寺住職)が基調講演。日本一高齢化・過疎化・少子化の進んでいる状況を説明し、「環境に恵まれた宝の島で、法華経・お題目の縁を結ぶ使命を心に自分の幼稚園は絶対に続けます」と語った。お寺の裏山に誰もが気軽に立ち寄れる公園を作る予定だという。

仙先見学
続いて参加者は、バスで仙崎に移動。墓所のある遍照寺や、みすゞが暮らした金子文英堂跡に立つ金子みすゞ記念館などが並ぶみすず通りを歩きながら、みすゞの感じた波の音、潮の香り、風のそよぎを肌で感じた。
研修終了後、研修生を代表して高橋直子さん(宮城県はなぶさ幼稚園)が「今大会で学んだ“あなたと私”“園児と私”の心を大切に保育の道に励みます」と謝辞を述べ、2日間の研修を終了した。

illust-hitokuchi

2004年8月10日号

清澄で初の檀信徒研修道場

日蓮宗や教区の檀信徒研修道場修了者に参加資格がある平成16年度第1回中央檀信徒研修道場(主催・日蓮宗宗務院)が7月7日から9日まで、千葉県天津小湊町の清澄寺研修会館で開かれた。清澄での開催が初の試みとなった今回は全国13管区から19人(うち女性9人)が参加し、最高年齢は岡山県の大森道子さん(81)だった。
主任講師は植田観樹師(大阪府真如寺住職)、講師は中村潤一師(福岡県真浄寺住職)、書記は植坂泰雄師、上田晃義師、梅沢仁孝師が務めた。

初日は午後一時半から開講式、仏前作法、法華経講義、御遺文講義と続き、夜には清澄寺の岡崎日泰別当導師のもと唱題行が行われた。
二日目は朝三時半に起床。薄暗い中唱題しながら旭が森へ向かい、ご来光を拝した後、摩尼殿、祖師堂、研修会館で朝勤。朝食後は法華経講義を受け、諸堂を参拝した。
午後からは書写行、中村講師による講義。続いて読誦行に移り、自らが書写したものをご宝前に供えて、大きな声で一心にお経を捧げた。
その後の法座では、各々が信仰を始めたきっかけについて話した。大半は両親や身近な人の死に接し、信仰を意識するようになったという。それまでは日蓮宗の檀家に生まれたが、意識することが少なかったとの声も多くあった。また「和讃などをきっかけにお寺に通い始め、日蓮宗のお経に触れた。宗派の違う夫は自分がお寺に行くことを嫌がったが、毎日朝参りに行く私の姿を見て、だんだん認めてくれるようになった」「お寺の行事に参加するうちに、お題目の有難さや功徳を感じるようになった」との意見も出された。
植田主任は「お題目の消化の仕方や染込み方、育て方も一人ひとりのご縁によって違います。日蓮聖人の信仰の始まりの地・清澄で研修している皆さんも自分の信仰を再確認してスタートを切って欲しい」、中村講師は「人の死に接し信仰を始めた人もいるようですが、我々は最後に必ず死を迎えます。その死に向かってお題目と共にどう生きていくかが皆さんの信仰につながるので、頑張って行きましょう」と、さらなる信心を誓った。
最終日は曇り空の中、旭が森へ。一同、ご来光は無理かと思ったその時、雲の隙間から赤い太陽が。参加者は2日連続のご来光に感動した。続いて各堂で朝勤。祖師堂では岡崎別当が「朝日を拝むことができたのは精進のおかげ、日蓮聖人がお題目を唱えた清澄山での研修を通し、この社会に清らかな花を咲かせる力になって下さい。お題目を唱えさらなる精進を」と法話を行った。
その後、植田・中村両講師の講義を受け、3日間の研修を振り返った。
閉講式では西尾貫之執事長が「皆さんはこの地で心ゆくまでお題目を唱え、研修されました。お寺に帰ったら、皆さんがリーダーとなり、一生懸命引っ張って行って下さい」と挨拶。最後に研修生を代表して福本和郎さんが「聖人の立教開宗の地で異体同心の心を感じることができました。これからの信行に生かします」と謝辞を述べた。終始、厳しさの中にも和やかなムードで進められた研修は“身延でまた会いましょう”を合い言葉に解散となった。
今回の研修は初めて清澄で開催した。「清澄で行うと聞いてぜひ来たい」と参加した人や研修後、「日蓮聖人がお題目を弘める決心をした地で学ぶことができたのは最高」と新たな試みに賛同する人がほとんど。また各講師ともに講義の中に笑いをまじえ、難しいだけの内容ではなかったことが「次回はいつ開催するのか」「勉強もしたけれど楽しくて仕方なかった」と参加者の心を掴んだ。

illust-hitokuchi

身延山南米別院恵明寺 創立50周年の記念法要

日蓮宗南米開教50年・身延山南米別院恵明寺創立50周年の記念法要が6月13日、ブラジル・サンパウロ市の身延山南米別院恵明寺で盛大に営まれ、250人の現地信者が参列した。

法要は岩間湛正宗務総長名代として五十嵐顕城北米開教区長(南米開教区長代行)を導師に、恵明寺の石本妙豊開教師、南米新開教地(成就山法華経寺)担当の田村昌洋開教師を副導師に営まれ、サンパウロ仏教連合会の各宗派僧侶も参列。
式中、外護丹誠の信徒に対し、石本妙豊開教師から感謝状と記念品が贈られ、永年の努力精進を讃えた。
恵明寺は、南米開教の使命を帯びて昭和29年にブラジルに渡った故石本恵明上人により建立され、その遺志を受け継いだ石本恵公元開教区長と恵明寺現主任の石本妙豊開教師が、困難な布教活動を支えてきた。

また、前日の6月12日には、同じくサンパウロ市に近年設立された南米新開教地(成就山法華経寺・田村昌洋担当)の法人格取得奉告式が、岩間宗務総長名代の五十嵐北米開教区長を導師に営まれ、約50人が参列した。田村開教師と若い世代の多い信徒たちは、今後の布教の進展に決意を新たにしていた。
現在、日蓮宗南米開教区は、この二拠点を中核として人口1700万人の大都市サンパウロで一天四海皆帰妙法の祖願達成に向けた布教活動を展開している。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07