日蓮宗新聞

2004年7月1日号

現代人の心掴む唱題行脚

唱題行脚は、絶大な効果として日蓮宗の存在を広く世間に知らしめることができる。規則正しい行列、調子をあわせたうちわ太鼓の響き、繰り返し高らかに唱えられるお題目。集団で何かをする機会が少ない日常に突如として現れる行列は、修行の一環としてだけではなく、“撃鼓宣令 四方求法”、見知らぬ通行人にも導きを与えることとなる。

「第42回全国日蓮宗青年層秋田結集~伝える 未来への道そして和~」が6月10日に開催され、僧侶約220人が出席。秋田での開催は初めてで、今年のメインイベントとなる唱題行脚が町の注目を集めた。
結集に先立ち行われた代表者会議・総会では、新執行部(委員長=三浦海慧北海道小樽市妙光寺住職)の紹介にあわせ、従来の活動を継続しつつ、時代に即した新たな活動を進めていく決意が表明された。故人を偲びながら命の大切さを再認識してもらうために作成した「満中陰49日日めくり」やCD、教本の販売を継続し、加えて岩間湛正宗務総長が施政方針として挙げた“青年僧の資質の向上”を重く受けとめ、修養道場等で子どもの教化に力を入れるためにも、青年僧のための“行学道場”を立ち上げる意向が伝えられた。
三浦新委員長は所信表明で、「僧侶としての自覚を持ち、若々しく活力的にお題目を唱え、法華経のみ教えを明確に示すことが私たちの使命。切磋琢磨し、宗門発展のエネルギーになるよう、邁進していきましょう」と呼びかけた。
結集に際し、開会式では金光浄秋田県宗務所長が「命に関わる問題が仏門にあずかる者として急務とされている。個々の知恵と信用を持って、地域に根ざした活動をして下さい」と激励した。
また来年度の結集地は北海道札幌市であることが報告された。
「大勢の僧侶に驚き」

 一行は午後3時半、白い手甲に脚絆という行脚スタイルに“日蓮宗”と書かれたハチマキを締め、ホテルを出発。藤浩一前委員長と三浦新委員長を先頭に二列に並び、約1時間にわたり唱題行脚を繰り広げた。
買い物途中に足を止めた若い女性は、「すごい。若いお坊さんがこんなにいるのは初めて見た。こうして見ると、若い人も捨てたもんじゃないと思いますね」と驚きの表情。
若さあふれる僧侶の列は、素通りする同世代の若者の心にもインパクトを与える。人数も多ければ多いほど、唱題の声を遠くまで届けることができ、大勢の目につく。人間関係の希薄さが危ぶまれる中、その地をしっかりと踏みしめ、大規模に行われる日蓮宗の唱題行脚には、現代人の心を掴む勢いが感じられる。

illust-hitokuchi

平成16年度佛教文学会大会

仏教的文学、芸能、一般文学、芸能の中に現れた仏教の研究を目的としている佛教文学会(代表委員・大取一馬龍谷大学教授)が6月5、6日、東京品川区の立正大学(高村弘毅学長)を会場に平成16年度佛教文学会大会を行った。
佛教文学会は関西に本部、関東に支部を置く伝統ある学会で、加盟する個人・団体は約700。各支部で年3回の例会と年1回の合同例会、大会を行い、若い研究者の育成に力を入れている。
仏教文学は日本の文学と仏教だけでなく、インドや中国という地理的にも、中世や近世といった時代的にも範囲が広く学際的な分野といえる。仏教、文学それぞれの専門の人々が手を携えて成立する学問である。

石橋湛山記念講堂で営まれた大会は、はじめに大取代表委員が挨拶。続いて高村学長が「私は水文学を研究していますが、文学は学問という意味であらゆるものと共通しています。皆さんの研究成果が広く発揮される大会でありますように」と挨拶した。
引き続き公開講演へ移り、大阪府立大学名誉教授の三輪正胤氏が「呼子鳥の行方―近世後期高野山一学侶の窓から―」と題して講演。長年和歌の研究を行う三輪氏は、和歌や文学の中に見られる「呼子鳥」とい一羽の鳥を追い続け、歌学伝授における三鳥三木の秘密であることを挙げ、その諸相には真言密教と関わりがあるとした。
続いて立正大学名誉教授の今成元昭氏が「教団における偽書の生成と展開―日蓮の場合―」と題した講演を行った。今成氏は自身の研究課題である日蓮聖人の摂受折伏観にそって話を進め、聴講者である他宗や一般の人々にご遺文の一節を取り上げながら、多くの難に遭われた日蓮聖人が「願わくば、自分にあらゆる迫害を加えた国主たちに、まず初めに法を説き導いて法華経に帰依させよう」と思われた慈悲の深さ、偉大さを説いた。
翌日は研究発表会が行われ、発表後の質疑応答では、若手研究者に対し、多方面的な見方や方向性を示すなど温かいアドバイスが送られていた。
今回は立正大学を会場に、小山一成立正大学文学部教授を中心に仏教学部、文学部、身延山大学の教授陣が委員として運営に参加、学生等もスタッフとして大会を支えた。

illust-hitokuchi

酒井日慈貫首が大僧正に

東京・池上本門寺の酒井日慈貫首に大僧正が叙され、6月14日、東京・池上の日蓮宗宗務院で大僧正叙任式が行われた。岩間湛正宗務総長を導師に、内局役員はじめ褒賞審議会の冨山慈峰師、石井隆康東京南部宗務所長らが参列した。
日蓮宗では准講師から大僧正まで十二級の僧階(僧侶の階位)が定められており、各階位によって着用する衣なども違う。「大僧正」は日蓮宗最高位の僧階で、現在は酒井貫首を含めた四人のみ(平成16年7月1日現在。宗務総長室情報課調べ)。
叙任式では、岩間総長から酒井貫首に辞令が手渡され、岩間総長が、布教研修所の所長や僧風林の林長として法器養成の育英に対する酒井貫首の功績を称え「ご法体をご自愛頂き、後輩のご指導にご尽力ください」と挨拶した。
酒井貫首は「本日、只今、大僧正位を授与されました。これは、大本山池上本門寺の第82世を継承する者に対して授与されたものであることを能く心得、有難く拝受いたします。有難うございました」と語った。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07