日蓮宗新聞

2003年9月20日号

大本山 中山法華経寺で晋山式

千葉県市川市の大本山中山法華経寺で9月9日、第145世新井日湛貫首の法灯継承式が営まれ、岩間湛正宗務総長、身延山久遠寺藤井日光法主猊下名代の井上瑞雄総務、各本山の貫首、新井貫首が住職を務めた東京・国土安穏寺の檀信徒ら僧侶檀信徒約2千人が参列。堂内に入りきれない僧侶檀信徒は外から法要を見守った。
法要に先立ち、JR下総中山駅から晋山行列が行われ、駅前のロータリーは人で埋めつくされた。行列は門前・商店街を抜け法華経寺を目指し、商店街の人々も笛や太鼓の音に誘われて沿道に出、行列の総勢は1000人にのぼった。
仁王門をくぐった先では、可愛らしい園児たちが新井貫首をお出迎え。園児たちは行列が近づくにつれ身を乗り出し、新井貫首の到着を待った。園児の1人が新井貫首に花束を手渡し、園児たちが拍手を送くると、新井貫首は「みんな仲良くしようね」と笑顔で声をかけた。
午後2時、楽僧が越天楽を奏でる中、式衆、新井貫首らが昇堂。新井貫首を導師に晋山奉告大法要が営まれた。式中、霊宝相承が行われ、法華経寺の渡辺貞観執事長から新井貫首に霊宝目録などが手渡された。

読経の後、新井貫首が奉告文を読み上げ「責務の重さを痛感すると共に、先師の偉業功勲を体して、さらに当山の美観復興を進める決意を新たにした」ことを述べた。続いて村山智城師(神奈川県圓徳寺住職)を修法導師に修法が営まれた。
その後、岩間総長が「法華経寺を宗祖初転法輪の霊場にふさわしい、五十展転随喜の道場に隆盛させることを願います」と挨拶。池上本門寺の酒井日慈貫首、市川市の千葉光行市長が新井貫首に激励の言葉を贈った。
続いて新井貫首が挨拶に立ち、「山門の前のお題目塔を参詣に来る人々に印象づけるため、お題目に金箔を施したこと、そして、このお題目の光明が全国に広まっていくと確信している」と述べた。最後に渡辺執事長が謝辞を行い、終了となった。

illust-hitokuchi

2003年9月10日号

マレーシアへ初の常駐開教師

日蓮宗はマレーシアへの初の開教師派遣を行うことを決定し、8月5日、小幡妙照師(愛知県岡崎市長徳寺修徒)に、岩間湛正宗務総長から辞令が交付された。
小幡師は平成14年2月に開教師に採用され、英国ロンドン新地開教(タラビーニ勝亮主任)で4ヵ月の研修を受けた。今年7月にはマレーシアに4日間滞在し、ペナン日蓮宗仏教会で巡回布教を行っている。
平成14年2月に誕生したペナン日蓮宗仏教会では現在、華僑を中心に200人程の信徒が日蓮宗の信仰を続けている。
これまでは伝道部国際課から2ヵ月に1度、巡回布教師が派遣されていたが、布教師の常駐を望む声が多く、今回の小幡師の派遣となった。
辞令を受けた小幡師は「まずは、現地の風土に慣れて状況をよく見ていくことから始めたい。中国語会話も課題の一つ」と語り、翌日の飛行機でペナン島へ向かった。
マレーシアはイスラム教徒が多いことで知られるが、信仰は自由で、華僑のほとんどが仏教徒といわれる。特にペナン島は人口62万人の内、6割以上が華僑。ペナン日蓮宗仏教会の信徒達は、華僑の住む東南アジア諸国に独自のネットワークを持ち、信仰上の連絡も頻繁に行っており、同教会は東南アジア開教の拠点として期待されている。

illust-hitokuchi

村雲瑞龍寺貫首に鷲津啓静師

滋賀県近江八幡市の村雲瑞龍寺の貫首に鷲津啓静師(大阪府枚方市最妙寺院首)が就任、8月5日、東京大田区池上の宗務院で岩間湛正宗務総長から辞令が手渡された。
鷲津新貫首は「由緒ある門跡として、多くの方に訪れてもらえるよう、まずは雰囲気づくりから始めたい。宗門の発展と伝統の護持に尽くします」と抱負を語った。
瑞龍寺は文禄5年(1596)、豊臣秀次の母瑞龍院日秀尼が高野山で自刃したわが子の菩提を弔うために建立した、日蓮宗唯一の門跡寺院。建立当初、時の後陽成天皇より京都村雲の地を賜ったため、村雲御所と呼ばれる。後継者は皇族・五摂家からでて、代々尼宮が住持する習わしであった。明治維新後も、由緒寺院として尼僧が住持する伝統は続き、昭和30年代に現在地へ移転している。
鷲津啓静師 大正6年生まれ。大阪市立塩原女学校卒業。昭和36年から平成6年まで最妙寺(平成2年に大阪市から枚方市へ移転)の住職を務めた。

illust-hitokuchi

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07